返済方法は?利用したいキャッシング会社を比較してみた。

キャッシング初めての方トップ

 借金について           消費者金融って怖くない?

 申し込み時に必要なもの      審査について

 返済方法は?           返済日に間に合わない!?

 利息は高い?           ネットで申し込むって大丈夫?

返済方法は?

借りたはいいけど、どうやって返済するのか?

最近は消費者金融会社テレビなどでも、頻繁に登場するようになってますので、わざわざここで取り上げなくても、みなさん十分お分かりだと思います。

返済方法としては、、、

カードでATMから返済
銀行から振込み
店に直接持参

などですが、実際は大手の場合は、ほとんどの方がATMから、返済するようです。

銀行だと振込み手数料がかかるうえ、夜間や土日は受付できないですから。

管理人の私もATMから返済してみました。

ただし、中小の消費者金融会社は銀行振込みになります。

もちろん、中小のところでもカードを発行しているところは結構ありますが、大手のように日本全国にあるわけではないので、結局銀行からの振込みと言う形になります。

銀行振込も件数が増えてきたりすると、振込み手数料だけでもバカになりません。

例えば現金で他行に振り込む場合は、400円くらいかかります。

これが3件あると、約1,200円です。1年間で考えれば12,000円になります。

こういうところから、きっちりと節約していかないと借金なんて減りません。

日ごろからしっかりと節約するようにしましょう。

【どのようなキャッシング会社がベストなのか?キャッシング会社の比較について】

キャッシング会社を比較するというのは非常に難しく、比較をする対象というのはキャッシング会社ではなく、申し込みをしようと考えている自分の状況によって利用するキャッシング会社を選択するのが一般的です。

こちらでは、自分の置かれている状況によって、どのようなキャッシング会社を選択することがベストなのかということについて詳しく紹介していきます。

キャッシング会社に対して怖いイメージを持っている人が多く、日本では借金をすることに対して悪いという印象を抱いている人が非常に多いですが、キャッシングというのは、上手く活用することによって日常生活を豊かに、そして安全にすることが出来るということを知っておいて下さい。

【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】低金利、たくさん借りたい方に!利息は払いたくない!30日間無利息!土日祝日も!どうしても今すぐ借りたい!

  詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら

【どのような状況でキャッシング会社を利用しなければならないことになったのか?】

キャッシング会社を利用しなければならない状況というのは、人によって大きく異なることになります。

基本的には、急に現金が必要になったけど、貯蓄がないもしくは銀行の窓口が閉まっている時間帯で貯金を引き出すことが出来ないという状況が挙げられますが、この場合は「すぐに現金が必要」ということになるために、利用するキャッシング会社の選択肢は、それほど多くありません。

このような場合にオススメなのは、消費者金融系のカードローン(プロミスアコムレイクなど)となっていて、消費者金融系のカードローンは、原則として即日の利用が可能になっていて、朝の8時~9時ぐらいから夜の8時~9時ぐらいまで受付をしてもらえて、1時間程度で利用を開始することが出来るために、急いでいる場合にはオススメのキャッシング会社です。

次によくある状況としては、「もしもの時のためにカードローンを契約しておく」というものになっていますが、こちらに関しては現状で切羽詰まっている状態ではありませんので、時間的な猶予があるということになります。

この場合には、貸付金利が低くなっている銀行系のカードローン(三菱東京UFJ銀行みずほ銀行など)やクレジットカードにキャッシング枠が付与されるタイプの信販系カードローンを利用することで、もしもの時に対処することが出来るためにオススメです。

このように、キャッシング会社を利用する際には、現在の自分の状況を冷静に判断して、状況に合ったキャッシング会社を選ぶということが重要になっています。

そのため、自分の状況に合っていないキャッシング会社を選択することによって、自分の状況を悪化させてしまうということに繋がってしまう恐れもあるために、キャッシング会社を比較するのではなく、現在の自分の状況を冷静に比較して、その状況に即したキャッシング会社を選ぶことが大切です。

【キャッシング会社を比較するポイントについて】

こちらでは、キャッシング会社を比較するポイントについて紹介していきますが、キャッシング会社を比較するポイントというのは、それほど多いことはありません。

そのため、自分の状況に合ったベストなキャッシング会社を探し出すというのは、それほど難しいことではありませんので安心して下さい。

キャッシング会社を比較するポイントについては、下記の項目が挙げられます。

  • 審査の難易度
  • 利用限度額の金額
  • 貸付金利の利率
  • 借り入れ方法および返済方法の充実度

これら4つのポイントに分けられているのが特徴的です。

これらのポイントについて、1つ1つを細かく比較していきますが、まずは審査の難易度では、下記のように比較することが出来ます。

キャッシング会社の分類 審査の難易度
消費者金融系
銀行系
信販系

このようになっていて、審査の難易度に関しては、消費者金融系のキャッシングが最も低くなっていて、銀行系のキャッシングが最も高くなっています。

これは、銀行系の審査が難しくなっていることが挙げられますが、消費者金融系だからといって誰でも簡単に審査に通過することが出来るということではなく、消費者金融系では審査の基準値が低いために、あくまでも大まかに分けたキャッシング会社の分類では、このような結果になるということが挙げられます。

そのため、銀行系のキャッシング会社の中でも審査の難易度が低くなっていることもありますし、申し込み者の行動次第では審査の難易度を下げることも可能です。

キャッシング会社を比較するということは、それぞれのキャッシング会社を個別に比較するというのではなく、現在の自分の状況を鑑みた上でベストなキャッシング会社を選ぶことが重要です。

審査の難易度について、もう少し詳しく紹介していくと、審査で評価されるポイントというのは、下記のような項目が挙げられます。

  • 年収の金額
  • 働いている職場の規模や本人の肩書き
  • 結婚や子どもの有無
  • 居住形態
  • 固定電話の有無
  • 他社借入件数

このようになっていて、原則として重要とされているのは、年収の金額となっていますが、これは消費者金融系のキャッシングや信販系のキャッシングを利用する場合は、年収の3分の1を超えてキャッシング会社が貸付をすることが出来ないというものです。

銀行系のキャッシングは基本的に審査が厳しくなっているために、年収以外の項目でも大きく評価されることになります。

そして、職場や肩書きの項目についてですが、キャッシング会社が行う審査では「安定して継続した収入を得ることが出来る」ということを重要視しているために、高収入者でも安定していないような職業に就いている人の評価というのは下がる傾向にあります。

例えば、高収入だけど安定していない職業の代表格に風俗業が挙げられます。

月に何百万円という稼ぎを得る人も多いですが、そのような場合でもキャッシング会社の審査では低評価となってしまいます。

その他にも、個人で稼いでいる個人事業主の方についても利用することが難しい傾向がありますので、年収が高額でも必ずしもキャッシング会社を利用することが出来るということではありませんので注意して下さい。

職場や肩書きの点から高評価となるのは、大企業に勤めている役員とか公務員となっていて、このような肩書きを持っている人の場合は、突然会社が倒産するというリスクも低く、肩書きを持っているためにクビになったりリストラされたりするリスクも低いためにキャッシング会社が優遇するポイントとなっています。

次に、結婚や子どもの有無や居住形態というのは、独身よりも既婚者のほうが仕事を辞めるリスクが低く、子どもが居るのなら仕事に務めるという判断がされるために貸し倒れのリスクも低くなるために評価が高いということです。

実際の結婚生活としては、既婚者に比べると独身の方が自分の自由に使えるお金が多いために返済しやすいという判断をしてしまいがちですが、キャッシング会社が知りたいのは申し込み者の社会的なステータスとなっているために、独身者よりも既婚者、既婚者よりも子どもが居るということの方が評価も高くなっています。

その他の審査項目についても、申し込み者の社会的なステータスを測るための目安となっていますが、1点だけ注意しなければならないのが他社借入件数の項目です。

他社借入件数というのは、キャッシング会社を比較する際の項目として用いられるケースが多くなっていますが、簡単に言えば申し込みをしようと考えているキャッシング会社以外の会社からどれくらいの借り入れをしているのかという項目になっています。

一般的に、他社借入件数というのは多ければ多いほど審査の難易度が跳ね上がるという仕組みになっていて、3~4件ぐらいならキャッシング会社を比較することによって借りられる業者を見つけることが出来ますが、5件も6件もあるという状態だと社会的な信用がない人というように判断されてしまうために、新規の借り入れが難しくなります。

キャッシング会社を比較するというのは、非常に難しいことかもしれませんが、現在の自分の状況に照らし合わせてキャッシング会社を選択し、その中から比較するということなら簡単に比較することが出来ます。

【大手から中小のキャッシング会社の中で何を比較して、何を基準に選べば良いのか】

こちらで何度も紹介しているように、キャッシング会社を比較するポイントについては、いくつか存在していますが、それらの内容を総合的に比較するのは非常に難しく、利用者の状況によっては、どのように比較すれば良いのか分からないという方も多いと思われます。

そこでこちらでは、既にキャッシング会社を利用したことがあるという人に向けて、今後はどのようなキャッシング会社を利用すれば良いのかということについて紹介していきます。

既にキャッシング会社を利用したことがあるという人の場合は、現在も借り入れをしている最中なのか、完済して契約を切ってしまった状態なのかという二択になっていますが、現在も借り入れをしている最中で、利用限度額が無くなってしまったから次のキャッシング会社を利用したいという場合には、下記の事柄に気をつけると良いでしょう。

  • 既に利用している借り入れの総額が年収の3分の1を超えていないか
  • 利用しているキャッシング会社のローンの返済で延滞をしていないか
  • 新しくキャッシング会社を利用した場合に完済するだけの計画があるか

この3点に気を付けてキャッシング会社を比較することが大切です。

これらの項目の全てに関して気を付けなければいけませんが、特に年収に関しては3分の1を超えている借り入れをしている場合は、消費者金融系と信販系のカードローンは原則として利用することが出来ないために、それでも利用する場合は銀行系のローンに限られます。

もしくは、上記でも紹介したように、該当のローンを利用するということになりますので、新規で消費者金融のカードローンを利用するというような選択肢は省くことが出来ます。

そして、ローンの返済が滞ってしまったという経験がある人の場合は、信用情報機関に返済を遅滞したという記録が残せている可能性もありますので、その場合は新規の借り入れをすることが難しくなる恐れもあります。

そのため、新規の借り入れを考えている場合は、正しく利用するということが重要なのですが、キチンと利用することが出来ない人が非常に多いために、自分の現状を追い込んでしまうという人が多くなっています。

そして、既に契約を切ってしまった人が新規に借り入れをしたいという場合には、以前に借り入れをしていたキャッシング会社に対して、キチンと利用していた場合は、そのキャッシング会社に申し込みをすることで審査の難易度を引き下げることが出来ます。

キャッシング会社からすると、キチンと利用してくれる人というのは大切な顧客ということになるために、一度契約が完了している状態でも、実績があるということに繋がるために、利用限度額についても初めから高額に設定されることが多いです。

このように、キャッシング会社を比較するポイントというのは、自分の状況に置き換えることによって、自然と選択肢の幅が狭まることになりますので、日本に数あるキャッシング会社を全て比較しなければならないのではなく、現在の自分の状況に合ったキャッシング会社を選択することが自分にとってのベストな判断ということになります。

もしも、今までキャッシング会社を利用したことがない状態で、今後のためにカードローンの契約をしておくだけということでも、基本的には問題はないと思われます。

信販系のステータスが高いとされているローン以外なら原則として年会費や入会費などが発生するようなケースもありませんので、財布に1枚だけ忍ばせておくというのも万が一のケースを考えると安全策の一つだということになります。

【カードローンの返済方法は原則として3つしか無い】

日本には様々なキャッシング会社がカードローン商品を提供していますが、カードローンを利用している場合に返済する方法というのは、原則として3つしかありません。

それは、下記の3つとなっています。

  • 提携ATMからローンカードを使用して返済をする
  • 指定した金融機関の口座から返済日に自動引き落としされる
  • キャッシング会社の指定する金融機関の口座に送金をする

これらの返済方法があり、利用するカードローンによって用意されている返済方法が異なるということになります。

どの方法で返済をしても返済額については変わりないということになりますが、返済に至るまでの手間と返済をする際に発生する手数料が異なるということになります。

また、キャッシング会社によってはカードローンを提供していても、ローンカードを使用することが出来るのは借り入れ時のみとなっていて、返済時には金融機関を通しての返済のみとなっているようなケースもありますので、利用するカードローンを決める時には、申し込みや審査の手順だけではなく、どのように借り入れをして、返済の際にはどうすれば良いのかということもキチンと理解する必要があります。

【返済方法を間違えると出費が大きくなる】

カードローンを利用する場合には、必ず返済をしなければならないということになりますが、この際に利用する返済方法を間違えてしまうと、貸付金利以上の出費が多くなってしまう危険性もあります。

例えば、カードローンの返済方法の1つにキャッシング会社が指定する金融機関の口座に毎月の返済日に送金をすることで返済とするというような返済方法がありますが、こちらの場合には送金の際に発生した振込手数料については利用者の負担となるために、完全に無駄な出費ということになります。

完済するまでに20回の返済が必要だった場合に、1回あたり300円の振込手数料だった場合は、完済までに6,000円も無駄な出費をしているということです。

その他にも、大手のキャッシング会社を利用していても、手数料無料の提携ATMと手数料が発生する提携ATMがあるケースもあります。

その場合には、手数料分が徐々に積み重なるということになるために、返済が長期になればなるほど余計な出費が増えてしまうということに繋がります。

このような元金の返済と利息以外に発生してしまう費用というのはカードローンを利用する上で、極力排除するのが賢い利用方法となっています。

そのため、返済方法に利用者の指定する金融機関から自動引き落としによって返済をするという方法がある場合は、そちらを選択したほうが良いということになります。

注意点としては、自動引き落としによって返済をする場合は、毎月一定の金額が引き落とされるということになるために、少しでも利息を少なくして早く完済したいという場合に繰り上げ返済をすることが出来るのかということを調べておかないといけません。

ビジネスローンや、住宅ローンなどの高額な貸し付けをセールスポイントにしているローン商品の場合は、繰り上げ返済をする際に別途の手数料が発生してしまうケースもありますので、その場合には余計な費用を支払わなければならないということです。

これらの余計な出費を減らすことによって、早く完済することが可能で、家計が苦しくなるのを防ぐことも出来ますので、カードローンを利用する場合には、どのような返済方法が用意されていて、1回返済をする際にどれくらいの費用が発生するのかということをキチンと調べるようにして下さい。

【中小よりも大手のカードローンの方が返済方法も充実している】

日本には様々なキャッシング会社がありますが、大手と呼ばれている消費者金融の数は、わずか5社程度だとされています。

そのため、大半の消費者金融は中小ということになりますが、大手と中小を比較した際に注意しなければならないポイントとしては、返済方法の充実度となっています。

返済方法が充実していると、返済の際に発生する手数料や費用が最小限で済むために、余計な費用が発生するポイントがありません。

そのため、総合的に支払われる金額が少なくて済むということに繋がるために、安心して利用することが出来るということに繋がります。

中小のキャッシング会社が悪いということではありませんが、カードローンに関しては大手のキャッシング会社を利用するほうが、メリットが多くなっているということになりますので、どちらかを選ぶことが出来る状況なら迷わずに大手のキャッシング会社を利用したほうが良いということです。

注意点としては、大手のキャッシング会社を利用することによって充実している返済方法を利用することが出来るということになりますが、間違った返済方法を選択してしまうことによって余計な費用が発生してしまうというケースもありますので、その点に関しては注意しなければいけません。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする