株式会社シー・アイ・シー(CIC)とは?

信用情報機関について

 全国銀行協会           全国信用情報センター

 株式会社シー・アイ・シー(CIC)      株式会社シーシービー(CCB)

 JIC日本情報センター           テラネット

 日本クレジットカード協会             全国信販協会

株式会社CICとは、クレジット会社各社が共同出資して設立した信用情報機関です。

信用情報機関というのは、簡単に言うと、クレジットカードやローンというように、金融機関や消費者金融などから、広い意味において、お金を借りようとする際に、その方に適正な返済能力があるかどうか、情報開示を行うことを目的としています。

お金を貸し出しても、その方に適正な返済能力がなければ、貸し倒れることになり、お金を貸した側、借りた側、また、その方々を取り巻く周りの方にとっても悪い影響が生じます。

つまり、社会的に見て、ロスが大きくなってしまいますので、こういったことを未然に防ぐことは公益に資するということにもなります。このような観点で設立されたものが信用情報機関で、株式会社という形態ではありますが、一方で公共的な意味合いも兼ねた機関であると言えそうです。

信用情報機関の株式会社CICには、個人のお金に関する貸し借りの状況や申込みの情報などがデータという形で載っています。
いつ、どこの金融機関から金利何%でいくらを借り、その返済がきちんと行われているのか、滞っているのかなどをデータを取得することにより、逐一読み取ることができます。

このデータを読み取ることにより、金融機関やカード会社などは、これから、この方にお金を貸出し、あるいは、クレジットカードを発券しても良いかどうかの判断を行うことになります。
貸し倒れのリスクが大きいと判断した場合などには、新たな貸出しを拒否したりということが起こりうるわけです。

これらのデータは、私たち一般人であっても閲覧したり、郵送で取り寄せたりすることができます。
一番簡単な方法としては、インターネットを通じて、パソコンやスマホを利用して閲覧するという方法があります。
情報の提供料は、CICの場合は消費税込みで1,000円となっていますので、試しに自分自身のデータを取り寄せて見てみるのも良いでしょう。

なお、金融機関やカード会社は、その都度、利用料を支払うというのではなく、一定の登録料を払って、いつでも閲覧できるようにしているようです。

クレジットカードの申し込みをして、いつも審査に落ちてしまうというような人が時々います。
この場合、信用情報に記録されているデータの水準が一定の水準に達していないということが大きいようです。
こういった経験をされている方は、一度、ご自身の信用情報をCICから取り寄せてみて、チェックしてみることをお勧めします。
CICに登録されているデータは、お金に関するご自身のいわば通信簿のようなものだと考えておけば良いでしょう。

どこが悪く、どこを改善すれば、新たな貸し借りができるかなど、参考になる要素を少なからずあるだろうと思われますので、参考になさって下さい。

信用情報機関である株式会社CICに登録されているデータは、私たちが考えているより、とても詳細な内容で、こんなことまで載っているのかと驚かれることもあるかもしれません。

ここで一例を挙げて考えてみましょう。
最近の携帯電話(スマホ)は、非常に高機能ですが、その分、購入代金も非常に高価です。5万円から6万円する携帯も珍しくありませんので、分割で購入し、毎月の携帯電話の利用料と一緒に、分割払いでこれを支払っているという人も少なくないでしょう。

ある月、携帯電話の利用料の支払いをうっかり忘れていたとします。
この場合、携帯の分割払いの料金にも延滞が生じたことになります。この時、この延滞の履歴というのは、CICが持つ信用情報にきちんと載ることになり、一定期間消えることはありません。

これが数か月続いたり、あるいは、隔月でこういうことが発生したりしたとします。この場合にも、当然、その履歴は信用情報に正確に反映されることになります。

たかが携帯電話の料金と侮ることなかれです。
こういったデータの蓄積は、個人のお金に関する通信簿を著しく毀損する結果となるわけです。

これまでクレジットカードの支払いの延滞もないのに、新しいクレジットカードの審査に落ちてばっかりでおかしいなという人がおられましたら、こういった事情があることもありますので、気を付けるようにしましょう。また、こういった事実を再発見するためにも、ご自身の信用情報をチェックするという方法は有益だろうと思われます。

最初にも少し触れましたが、信用情報機関である株式会社CICは、公益性も兼ねた機関です。
その根本の存在目的は、社会のお金の流れをスムーズにするという点にあります。必要以上のお金を借りて、社会的に落伍してしまったり、金融機関などが貸したお金を返してもらえないといようなことは、大きな社会的損失となるわけです。

こういったバックボーンを理解した上で、自分自身の信用情報というものを大切にしていくという視点はとても大切なことと言えます。
今後も、明るく、そして楽しい人生を歩まれるために、お金と上手に付き合っていくようにして下さい。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)はこちら


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 土日祝日も!どうしても今すぐ借りたい!
  詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする