プロミスで借入の流れシュミレーションしてみた!他社借入あるけどね、、

「やっぱり君たちはプロミスだ!」と谷原章介さんが決めポーズで叫ぶCMでおなじみのプロミスでお借入シュミレーションしました!

そんなプロミスはこのような特徴があります

  • 担保も保証人も不要で借入OK!のフリーキャシング
  • その場で審査、借入可能最短即日スピードキャッシング
  • はじめて利用する人は30日間の無利息サービス
  • 自営者もOKな自営者カードローン
  • 女性向けのレディースキャッシング
  • 銀行・コンビニで借入、返済OK!
  • 専用スマホ用ソフト「スマホATM」でスマホだけで借入、返済可能

ざっと特徴を書きましたが、すごいですね。

すべて利用者の為を思って作られたサービスや機能と考えるとプロミスはすごいなぁと思います。

特に女性向けのレディースキャッシングは電話相手も女性となっており、徹底しています。お金を借りるとき、男性と話すのがは気が引ける女性の方にはピッタリではないでしょうか。

他社借入がある状態でプロミスの借入シュミレーションに挑戦!

現在私は他の消費者金融から借入をしていて、残り73万円と少しあります。

この状態で借入可能かチェックしてみたいと思います。

生年月日 昭和56年5月1日
年収 250万円
他社借入残高 73万円

今の借入金額をすべて返済してから新しく借り入れたいのですが、そうもいかないときもあり、、そのような状況になりそうなので、予め借入可能かチェックしていきたいと思います。

チェック自体は操作も、手順も簡単ですが、試したいと思った方がわかりやすいように順を追って説明したいと思います。

STEP1 プロミスの公式サイトにアクセス

⇒ プロミスの公式サイトはこちら

アクセスすると、こちらのような画面が表示されます。

中央に大きく青いボタンで「お借入シュミレーション3項目の入力で簡単3秒診断!とあるので、クリックします。

STEP2 お借入シュミレーションの3項目を埋める

クリックすると、

  • 生年月日
  • 年収
  • 現在の他社お借入金額

の3項目があるので、正直に入力します。

ここで嘘をついて借入シュミレーションが通ったとしても、本番の審査で落ちたらしょんぼりですもんね。。

年収の欄は税込みとなっているので、手取りの年収とは違います。何がちがうかというと、税込み年収所得税や社会保険料が引かれる前の総支給額のことです。

あれですね、給料明細をみたとき「お!今月給料多いなぁ!」と思ったら、「うわ!私の税金多すぎ、、こんなに引かれてるじゃん!!!」ってなる前の金額が総支給額になります。

これらを入力して最後に「シュミレーション実行」をクリックします。

STEP3 借入OK? 借入NG? 結果発表!

STEP2の「シュミレーション実行」を押すとあっという間に結果がでます。

私の結果は「ご融資可能と思われます。」と表示されました!

私の状況でもプロミスで借入ができる可能性があることがわかりました!

ここまで、実は2回のクリックと、生年月日、年収、他社借入金額の3項目しか入力してないんですよね。。とっても簡単便利です。

この診断結果がでた状態で、スムーズに申し込みができるようになっています。申し込み方法は2種類用意されており

  • カンタン入力
  • フル入力

です。

簡単入力はその名前の通り、少ない項目を入力するだけでOKです。ただ、残りの項目については後から電話がかかってくるので、それに答える形で申し込みができます。これは、入力が面倒という方にはピッタリです。

フル入力については、自分で項目を全部入力する必要がありますが、全項目入力して申し込むとすべての手続きが完了します。もちろんこちらの方がスピーディーなため、急いでいる方はこちらを利用するをおすすめします。

まとめ

お借入シュミレーションはとても簡単でした!2クリック、3項目で本当にすぐに結果がわかります。

ちょっと金銭的に困ったな、、でも知り合いにお金を借りるのも気が引ける、、という人はこっそりプロミスから借入するのがいいかもしれません。30日間は無利息なのでその間に返せば利息もかかりませんね!

迷ったらとりあえずチェック!です!

⇒  三井住友グループ「プロミスのお借入れシュミレーション」はこここから!


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする