意外と多い出産費用!そんな時にベティー出産ローン!申し込み詳細

ベティーローンの出産ローンお申し込み詳細(消費者金融会社)

   ※終了しました ■ 受付は女性スタッフオンリー
■ 仮審査結果をその場で返答!
■ 出産予定日6ヶ月以内の方や配偶者の方へ!

オリエント信販のレディースキャッシング、ベティーローンの出産ローンはご出産予定日6ヶ月以内の方や配偶者の方に特にオススメ。

《関連商品》
ベティーローン
ベティーローンのフリーローン
ベティーローンの旅行ローン
ベティーローンの結婚ローン
ベティーローンの教育ローン

他社利用 可能
返済シュミレーション あり
お試し審査 なし
知名度 ★★★★☆
パート・アルバイト 可能
即日融資 可能
土日祝日の融資 —–

【ベティーローンの出産ローン詳細データ】

融資限度額 1~100万円
お利息 25.55%~29.20%
審査・融資時間 仮審査結果はお申込後、すぐに回答。その後本審査通過後、ご指定口座にお振込みしてくれます。
入会金・年会費 なし
返済方式 元利金等返済
返済方法 銀行振込みなど
申し込み資格 出産予定日6ヶ月以内の方、またはその配偶者の方
担保・保証人 原則として不要
遅延利率 29.20%(実質年率)
必要書類 母子手帳(産前、産後6ヶ月以内の物)

出産ローンとはどのようなローンか?

出産ローンとは、金融機関をはじめとして病院や医療機関などで行うこともあるローンです。
出産費用が足りない時に、銀行や消費者金融で出産費用に限る、といったように使途を限定して借りることができます。

出産時には、出産でかかる費用を最大42万円まで国が支払っている出産育児一時金という制度があります。
医療機関に直接補助金を払い込んでくれる場合は、42万円までは支払わなくて良いです。
ですが、出産にかかる費用は医療機関によって違います。
個室などを利用することによって個室料金がかかることもありますし、祝祭日や夜間に出産した場合は、追加料金がかかるということもあります。
それに加え、出産時の入院が長くなってしまう場合もあります。

たとえば、切迫早産などで入院して安静にしていたりすると、42万円をはるかに超える費用が必要になる場合もあります。
このようなときには、出産時にお金を借りることができる出産ローンが便利です。

出産にかかる費用は、入院時だけではありません。

出産前の定期健診についても、地方により補助金が交付されることもありますが、自費で捻出しないといけない場合もあります。
それに、育児用品の購入費用も掛かります。
おむつやミルク、ベビーベッド、マタニティーグッズなど、購入する用品の合計は、50万円以上を超えるという試算もあります。
チャイルドシートやベビーカーなどといった高額なものもあります。
里帰り出産をするのであればその費用も掛かりますし、家族が旦那さんと別々に暮らすことで二重生活によって余分に費用がかかることもあります。

妊娠中には安静にしなければならないという医師の診断などで、家事や仕事ができないということで出費がかかる場合もあります。
それに加えて、妊娠した女性の多くは、仕事を休止したり辞めたりしないといけない状況にあるといわれています。
ですので、仕事はなくて所得は少ないですが出費はかさむということになります。
そのようなときには、出産ローンは便利です。

最近では、使途を限定しないキャッシングローンもありますが、一方でローンのバリエーションも豊富になってきています。
そのなかで、出産ローンは、出産にかかるお金をまとまって借りておき、数年にわたって少しずつ返済していくというものです。

なかには、出産育児一時金が入金されるための一時しのぎとしてお金を借りる人もいます。
その場合は、利率が低く済みます。

出産ローンは、出産に際してかかるお金ということで、女性が借りる場合が多く、担当者も女性にするなどという配慮をしている会社もあります。
ですので、どのような会社のローンを選ぶのかということも重要です。
どの会社の出産ローンを選ぶのか、出産ローンにするのかキャッシングをするのかといったことも考えないといけません。

出産ローンの特徴

女性に対してキャッシングを行うため、仕事をしている女性はもちろんのこと、無職でも旦那さんが定職についていたら借りることができます。
使途が出産に限定されますので、安心して借りることができます。

使途を限定しないキャッシングやカードローンですと借りすぎたり、ダラダラと借りてしまったりすることが考えられます。
しかしながら、出産ローンですとそのような心配もなく月々しっかりとした利率で返すことができますので、出産費用が足りない方は、検討してみる余地があります。

思いがけなく妊娠してしまった場合や、費用のかかる産婦人科で出産した場合、お金が足りなくなることも考えられます。
ですが、一生に数回しかない出産だからこそ後悔しないよう希望の産婦人科で生むことも、快適なマタニティライフを行う上では重要です。

そのため、出産ローンは出産にかかるお金をキャッシングできますので、便利です。
会社によっては、初めての借り入れの場合に限られますが無利息機関を設けているローン会社もあります。
お祝い金などですぐに返すことができるあてのある人にとっては出産ローンを利用することで経済的な不安が少なくて済みます。

数々のローンがあるなかで出産ローンは最近になって発売されている商品が多く、まだまだ世の中の人の認知度は高くはありません。
ですので、出産ローンの利率や借り入れられる金額、返済方法や審査の状況は各会社によって違いがあります。
ですので、どの会社にするのかについてはじっくりと比較検討をしたうえで資料請求をしてからキャッシングをすることが必要になります。

スムーズに借り入れるためには、クレジットカードの滞納などを含めて金融事故がないことや、ほかに借り入れがないことなどが必要になります。
ですので、普段からキャッシングについては計画的に行うことが必要です。

出産ローンの需要は今後、より増えていくと考えられます。
無痛分娩の普及やベビー用品の多様化などで出産にかかる費用は高額化しつつあることが現状であるからです。
そしてさまざまな商品が出現すると思われます。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする