北門信用金庫「ほくもん教育ローン」申込、金利、利用条件の説明

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

北門信用金庫「ほくもん教育ローン」お申し込み詳細

■ 証書貸付タイプの教育ローン
■ 貸付金利は安心の年2.855%
■ 最大1,000万円まで借り入れが可能

北門信用金庫が提供している「ほくもん教育ローン」は、最大1,000万円まで借り入れをすることが可能な教育ローンとなっています。

中学生以上の子弟のいる方が利用することの出来るローン商品となっていますが、高校への入学以降に発生する費用に対して利用することが可能なローン商品なので、その点に関しては注意しなければいけません。

また、利用期間に関しても十分にゆとりが取られていて、最大で16年間の借り入れが可能です。

ただし、借入期間が長期に渡った場合は、支払う利息も多額になりますので、十分に考えてから利用するようにして下さい。

返済シュミレーション あり
お試し審査 なし
知名度 ★★★★★
パート・アルバイト 可能
即日融資 最短1週間~2週間で融資が実行される
土日祝日の融資 可能

【北門信用金庫 ほくもん教育ローン 詳細データ】

融資限度額 1~1,000万円
お利息 2.855%(実質年率)
返済方式 毎月元利均等返済方式、または毎月元金均等返済方式
返済方法 口座振替返済
申し込み資格
  • 対象となる学校に在学中もしくは入学予定の子弟がいる親権者の方
  • 申し込み時の年齢が満20歳以上の方
  • 安定して継続した収入がある方
  • 年金受給の方
  • 一般社団法人しんきん保証基金の保証を受けることが出来る方
  • 当金庫の営業区域内に居住または勤務先がある方
担保・保証人 原則として不要
遅延利率 不明
入会金・年会費 なし
必要書類 不明

「ほくもん教育ローン」の特徴について

北門信用金庫が提供している「ほくもん教育ローン」は、一般的な金融機関が提供している教育ローンと同じような感覚で利用することが出来るローン商品となっています。

注意点としては、他の金融機関が提供している教育ローンと比較すると、利用することが出来るケースというのが限定されていて、返済方法についても少し異なっていますので、その点に関しては注意しなければいけません。

こちらでは、北門信用金庫が提供している「ほくもん教育ローン」の特徴について詳しく紹介していきます。

まずは資金使途についてですが、「ほくもん教育ローン」は教育ローンの一種となっていますので、当然のことながら教育に関わる費用のために利用することの出来るローン商品となっています。

しかし、どのような教育のために利用することが出来るのかという部分が、その金融機関が提供している教育ローンを分けるポイントとなっていますので、その点について深く理解して下さい。

北門信用金庫の「ほくもん教育ローン」の場合は、下記の6点の教育機関に在学または入学する際に発生する費用のために利用することが出来ます。

  • 高等学校
  • 短期大学
  • 大学
  • 大学院
  • 専修学校
  • 予備校

これらの教育機関を利用する場合に発生する費用のために利用することが出来るということになりますので、小学校や中学校、または語学留学などの費用に利用することは出来ないということです。

そのため、北門信用金庫の「ほくもん教育ローン」では、一般的な金融機関が提供している教育ローンよりも、育成会や育友会などが提供している有利子の奨学金に近いようなタイプだということになります。

ただし、私学や公立というような制限がありませんので、該当する教育機関を利用する場合には借り入れをすることが出来るローン商品だということを知っておいて下さい。

北門信用金庫の「ほくもん教育ローン」で、もう1つ用意されている資金使途についてですが、こちらは既に教育ローンを利用している方を対象にしています。

北門信用金庫を含む他の金融機関や信販会社から借り入れをした教育ローンの借り換え資金として利用することが出来ますが、上記で紹介したような有利子の奨学金を提供しているのは財団法人のケースが多いです。

そのため、奨学金の場合には適用することが出来ませんが、近年では多くの金融機関や信販会社が教育ローンを提供していて、その貸付金利というのは会社がローンプランによって大きく異なります。

そのため、少しでも貸付金利の低い教育ローンを利用したほうが、利用者のメリットが大きいということになりますので、その場合は利用を検討してみて下さい。

ただし、一般的に教育ローンというのは証書貸付タイプとなっていることが多く、証書貸付タイプの場合は繰り上げ返済を利用する場合に手数料が発生してしまうケースが多いです。

そのため、借り換えのために北門信用金庫の「ほくもん教育ローン」を利用する場合は、手数料としての出費のことも十分に考えてから利用をするようにして下さい。

「ほくもん教育ローン」を利用する際の、借り入れ方法や返済方法について

こちらでは、北門信用金庫が提供している「ほくもん教育ローン」を利用する際の、借り入れ方法や返済方法について詳しく紹介していきます。

北門信用金庫の「ほくもん教育ローン」は、証書貸付タイプのローン商品となっていますので、借り入れの手続きについては申し込みから利用開始に至るまでの手続きの中に含まれています。

まずは借り入れ方法の詳細についてですが、「ほくもん教育ローン」を利用する際の借り入れ方法は、契約を締結した際に申し込み者が指定する金融機関の口座に送金されることによって借り入れが完了する仕組みです。

そのため、消費者金融が提供しているカードローンのように、ローンカードを使って金融機関のATMから借り入れをするというような手続きが必要ありませんので、誰でも簡単に借り入れをすることが出来ます。

教育ローンという性質上、今すぐに現金が必要だという方も少ないために、それほど気にする必要もありませんが、「ほくもん教育ローン」で借り入れをする際にも1点だけ注意しなければならないポイントがあります。

それは、送金されてからリアルタイムで現金を手にすることは難しいということです。

一般的に、銀行を始めとする金融機関に送金された情報というのはリアルタイムに反映されることがありません。

ネットバンクなどの場合はリアルタイムに反映されるケースも多いですが、それ以外の場合は入金された情報が反映されるまでに数時間~1営業日ほどの時間が掛かってしまうということになりますので、その辺りのタイムラグについても考えてから申し込みをするようにして下さい。

次に返済方法についてですが、北門信用金庫の「ほくもん教育ローン」では、証書貸付タイプのローン商品となっていますので、ATMからローンカードを使って返済をするという仕組みがありません

全ての返済手続きが、返済用の普通預金口座からの自動引き落としによって実行されることになります。

そして、「ほくもん教育ローン」を利用する際に実行される返済方法としては、毎月元利均等返済もしくは毎月元金均等返済となっているために、明確な返済金額を紹介することが出来ません。

また、一般的に教育ローンを利用する場合は、在学期間中の返済が利息のみというような形式になっているケースが多いですが、「ほくもん教育ローン」の場合は、在学期間中の場合でも元金の返済が求められることになりますので、その点に関しても注意が必要です。

返済方法の中で利用者に知っていてもらいたいポイントとしては、ボーナス併用返済を利用することが出来るということです。

ボーナス併用返済というのは、年に2回という制限の中で、定められた金額以上の返済をすることが出来るという返済方法です。

ボーナス併用返済を利用することによって、早期に完済することが出来るために、支払う利息の総額を減少することが出来るというメリットがあります。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする