北門信用金庫「ほくもん農業経営ローン」申込、金利、年1回返済OK

北門信用金庫「ほくもん農業経営ローン」お申し込み詳細

■ 農業を経営するために利用できるローンプラン
■ 最大500万円まで借り入れができる
■ 農業経営に合わせて年1回の返済にすることも可能

北門信用金庫が提供している「ほくもん農業経営ローン」というのは、ビジネスローンの一種となっていますが、利用することが出来るのは1年以上の営業年数のある農業を営んでいる方のみとなっています。

そのため、限定的なビジネスローンというように言い換えることも可能ですが、ビジネスローンとしては利用限度額が低く、貸付金利も低くなっていますので、一般的なビジネスローンを利用するよりも少額の利用の場合はメリットが大きいということに繋がります。

農業経営という性質から、返済のタイミングを年1回ということにすることも可能なので、農業を経営している方の中で、事業性資金のためにローンを利用したいという方は利用することを検討しても良いかもしれません。

返済シュミレーション あり
お試し審査 なし
知名度 ★★★★★
パート・アルバイト 可能
即日融資 最短1週間~2週間で融資が実行される
土日祝日の融資 可能

【北門信用金庫 ほくもん農業経営ローン 詳細データ】

融資限度額 500万円以内
お利息 北門長期プライムレート+1.5%以上(固定金利)
返済方式 元金毎月返済方式、または年1回返済(利息は毎月払い)
返済方法 口座振替返済
申し込み資格
  • 当金庫の営業区域内に居住または勤務先がある方
  • 1年以上の農業実績がある個人または法人
担保・保証人
  • 個人の方は配偶者または後継者
  • 法人の方は代表者(共同代表の場合は全員)
遅延利率 不明
入会金・年会費 なし
必要書類
  • 確定申告書または、直近2期分の決算書

「ほくもん農業経営ローン」の特徴について

北門信用金庫が提供している「ほくもん農業経営ローン」というのは、商品名にもあるように農業を経営している人だけが利用することの出来るローン商品となっています。

そのため、ビジネスローンの一種というようになっていますが、一般的に提供されているビジネスローンよりも貸付金利が低くなっているために、利用しやすいというのが特徴的です。

こちらでは、北門信用金庫の「ほくもん農業経営ローン」の特徴について詳しく紹介していきます。

まずは、「ほくもん農業経営ローン」を利用する際に設定されている資金使途についてですが、上記でも紹介したように「ほくもん農業経営ローン」はビジネスローンの一種となっていますので、事業の運転資金や設備資金のみに利用することが出来ます

そのため、生活費や交際費などに利用することが出来ませんので、このような資金使途を希望している場合は、一般的な消費者金融が提供しているカードローンや銀行が提供しているフリーローンのようなローン商品を利用するようにして下さい。

北門信用金庫は北海道に設置されている信用金庫となっていて、北海道というのは農業が盛んな地域でもあります。

広大な土地を活用した農業というのは多くの方が営んでいる事業となっているために、北門信用金庫が提供している「ほくもん農業経営ローン」の利用者も多いということになりますが、一般的なビジネスローンと比較すると、利用限度額が最大でも500万円までとなっているために、その点に注意して利用しなければいけません。

次に貸付金利に関してですが、北門信用金庫の「ほくもん農業経営ローン」で設定されている貸付金利というのは、「北門長期プライムレート+1.5%以上」となっているために、利用する直前まで明確な貸付金利については不明ということになります。

しかし、長期プライムレートが採用されているということは一般的な住宅ローンと変わらないような金利で利用することが出来るために、ビジネスローンのように年率10%前後の貸付金利になってしまう心配は無いということです。

そのため、一般的に提供されているビジネスローンよりも遥かに低い金利で利用することが出来るために、利用者のメリットが大きいということにも繋がります。

「ほくもん農業経営ローン」では、利用する際に担保を提供する必要はありませんが、個人の場合でも法人の場合でも保証人を登録しなければいけませんので、その点に関しては注意しなければいけません。

保証人を用意できない場合は利用することが出来ませんが、全くの他人を保証人に立てることは不可能になっていて、個人の場合は配偶者か自分の後継者、法人の場合は代表者が保証人となることで保証人の条件を満たすことが出来ます

そして、申し込みをする際に用意しなければならない書類として確定申告書もしくは直近2期分の決算書が必要となっています。

北門信用金庫の「ほくもん農業経営ローン」では、利用条件の中に1年以上の営業年数があることが挙げられていますので、1年分の書類が求められるというように勘違いしてしまう人も多いですが、1年分の場合は確定申告書の提出が必須となっていて、それ以外の場合は決算書の提出でも可能だということになります。

そのため、どのような書類を提出すれば良いのか分からないという場合は、北門信用金庫の窓口で相談をするようにして下さい。

「ほくもん農業経営ローン」を利用する際の借り入れ方法や返済方法について

こちらでは、北門信用金庫の「ほくもん農業経営ローン」を利用する際の、借り入れ方法や返済方法について詳しく紹介していきます。

まずは借り入れ方法について紹介していきますが、「ほくもん農業経営ローン」は証書貸付タイプのローン商品となっているために、借り入れの手続きというのは利用するための手続きの中に含まれていることが特徴的です。

その借り入れ方法というのは、申し込みから利用開始に至るまでの手続きの中で契約を締結するという手続きがありますが、この契約の締結時に申し込み者の指定した金融機関の口座に送金されることによって借り入れの手続きが完了するということです。

そのため、一般的な消費者金融や銀行が提供しているカードローンのように利用を開始してから何度も借り入れの手続きをするという必要がないということを知っておいて下さい。

「ほくもん農業経営ローン」では、初回の借り入れ以外は返済のみの利用をするということになり、2回目の借り入れをするためには1回目の借り入れ金額を完済してから利用するということになりますので、借り入れの手続きについては、それほど気にする必要もありません。

次に返済方法についてですが、「ほくもん農業経営ローン」を利用した際の基本的な返済方法というのは利用者の指定した金融機関の口座から自動引き落としによって返済されることになります。

返済方式元金毎月返済と年1回返済の2つから選択することが出来ます。

これは、農業という性質から収入を得ることが出来るタイミングというのが一定の時期に集中しているために、毎月の返済となると厳しくなってしまうための措置だと思われます。

どちらのタイプを選んだ場合でも、毎月の利息に関しては返済しなければならないということになりますので、その点に関しては注意して下さい。

また、ビジネスローンという性質から一般的な個人向けのローン商品のようにボーナス併用返済がありません

また、カードローンのように随時返済を利用するということも出来ませんので、これらのことも注意しながら返済計画を立てて、キチンと返済をするようにして下さい。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする