みずほ銀行「教育ローン」は優秀な学生ローン!繰り上げ返済方法解説

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

みずほ銀行「教育ローン」お申し込み詳細

 詳細はこちらから

■ 来店不要で利用できる教育ローン
■ 最大300万円までの借り入れが可能
■ 既に自己資金で支払い済みでも1ヶ月以内なら申し込みが可能

みずほ銀行が提供している「教育ローン」というのは、一般的に利用されている教育ローンと同じように利用することが出来るローン商品となっています。

証書貸付タイプのローン商品となっているために、借り入れをする機会というのは1回のみとなっていることが特徴的です。

みずほ銀行の「教育ローン」では、学校に納入する学費以外の費用に関しても、教育関連資金なら何でも利用することが可能になっています。

そのため、塾の費用や予備校の費用、留学に掛かる費用など様々なことに利用することが可能になっていて、学校に通うために一人暮らしをするというような場合には、下宿費用や生活費もその範囲内に含まれることが挙げられます。

みずほ銀行の「教育ローン」では、卒業後でも1年間は元金の返済を据え置くことが出来ますので安心して利用することが出来ます。

みずほ銀行のカードローンは最大800万円でWEB申し込みならスピード借入ができるカードローンもおすすめです。

みずほ銀行カードローン申し込み詳細、審査、返済方法、増額もこちらから
■みずほ銀行カードローンのお申し込み詳細    詳細はこちらから ■ 「WEB完結申し込み」が可能! ■ 最短即日利用可能! ■...
返済シミュレーション あり
お試し審査 なし
知名度 ★★★★★
パート・アルバイト 不可
即日融資 最短1週間~2週間で融資が実行される
土日祝日の融資 可能

【みずほ銀行 教育ローン 詳細データ】

融資限度額 10~300万円
お利息 2.875% 〜 3.475%(実質年率)
入会金・年会費 なし
返済方式 毎月元利均等返済方式
返済方法 口座振替返済
申し込み資格
  • 申し込み時の年齢が満20歳~満66歳未満の方
  • 完済時の年齢が、満71歳未満の方
  • 勤続年数もしくは営業年数が2年以上の方
  • 安定して継続した収入がある方
  • 前年度の税込年収もしくは申告所得が200万円以上の方
  • 株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けることが出来る方
担保・保証人 原則として不要
遅延利率 19.9%(実質年率)
必要書類
  •  本人確認書類(以下の(1)~(8)のいずれか1点)
    (1) 運転免許証
    (2) 運転経歴証明書
    (3) パスポート
    (4) 各種健康保険証
    (5) 印鑑証明書
    (6) 住民票
    (7) 在留カード
    (8) 特別永住者証明書
  • 普通預金口座の届出印
  • 利用限度額の希望額が50万円を超える場合は、所得証明書類(以下の(1)~(3)のいずれか1点)
    (1) 源泉徴収票
    (2) 住民税決定通知書または課税証明書
    (3) 納税証明書(その1、その2)
  • 資金使途確認書類(入学金、学費納付書など)

みずほ銀行の「教育ローン」を利用する際の手続きについて

みずほ銀行が提供している「教育ローン」というのは、都市銀行が提供しているということもあり、利便性が高いことでも知られていますが、内容的には一般的に利用されている教育ローンと変わらないということを知っておいて下さい。

こちらでは、みずほ銀行の「教育ローン」を利用する際に発生する手続きの流れについて詳しく紹介していきます。

まずは申し込みから利用開始に至るまでの全体の流れについて紹介していきますが、みずほ銀行の「教育ローン」では、下記の5つのステップによって構成されていることが挙げられます。

  1. 申し込みをする
  2. 審査が開始されて、結果が通知される
  3. 契約を締結する
  4. 契約に基づいた金額が、申し込み者の指定する金融機関の口座に振り込まれる
  5. 利用を開始する

このような流れになっていて、これだけを見ると非常にシンプルな手続きとなっていることが挙げられますが、実際には状況に応じて手続きを変えることが出来る仕組みになっていますので、それぞれの手続きについてもう少しだけ紹介します。

まずは申し込み方法についてですが、みずほ銀行の「教育ローン」を利用する際には、パソコンからの申し込みと、窓口からの申し込みの2つが用意されています。

どちらを選択しても、その後の手続きが変わるという心配はありませんが、みずほ銀行が提供している「教育ローン」の仕組みをキチンと理解してから申し込みをしたいという方の場合は店舗窓口で申し込みをしたほうが良いとされています。

その理由としては、担当者にローンのことを聞きながら手続きをすることが出来るために安心して利用することが出来るということです。

既にローンの仕組みについて理解している方の場合は、パソコンから申し込みをした方が手続きをスムーズにすることが出来るために、そちらのほうがオススメとなっています。

申し込みが完了すると、審査が開始されることになり審査の結果が通知されます。

審査に通過することが出来ていると契約締結の手続きをすることになりますが、みずほ銀行の「教育ローン」では、審査に通過した際に契約締結をする際の手続きの方法を選択することが出来るようになっています。

スピードを重視する方の場合は、みずほ銀行の窓口に来店して、その場で契約締結の手続きをする方法をオススメしますが、来店する時間を取ることが出来ないという方の場合は、契約に必要な書類を自宅に郵送してもらって、必要事項を記入して提出が求められる必要書類と共に返送することによって契約締結の手続きを完了することが出来ます。

契約締結の手続きが完了すると、契約に基づいた金額が申し込み者の指定する金融機関の口座に振り込まれることによって、みずほ銀行の「教育ローン」の利用を開始することが出来ます。

みずほ銀行の「教育ローン」の借り入れ方法や返済方法について

こちらでは、みずほ銀行の「教育ローン」を利用することが出来るようになった後の、借り入れ方法や返済方法について詳しく紹介していきます。

まずは借り入れ方法から紹介していきますが、みずほ銀行の「教育ローン」を利用することが出来た後の借り入れ方法というものはありません。

正確には、利用を開始した時点で借り入れの手続きについては完了しているということになりますので、利用を開始してから借り入れの手続きをする必要がないということです。

具体的な借り入れ方法については、上記でも紹介したように、契約を締結した際に申し込み者の指定する金融機関の口座に振り込まれることによって借り入れの手続きが完了する仕組みになっていますので、現金が必要な場合は振り込まれた口座から現金を引き出して使用するようにして下さい。

次に返済方法について紹介していきますが、みずほ銀行の「教育ローン」を利用する際に用意されている返済方法というのは、原則として返済用の普通預金口座から自動引き落としによって毎月の返済が行われる仕組みになっています。

そして、繰り上げ返済として6ヶ月毎に利用することが出来るボーナス併用返済という返済方法も用意されていますが、ボーナス併用返済を利用する場合は、最大でも元金の50%までしか返済をすることが出来ないということが挙げられますので、利用する際には十分に注意しなければいけません。

そして、こちらが肝心なことになっていますが、みずほ銀行の「教育ローン」では在学期間中の返済に関しては利息のみの返済が可能となっていて、一般的に提供されている教育ローンの場合は卒業と同時に元金を合わせた返済をすることになっていますが、みずほ銀行の「教育ローン」では、卒業後も1年間は元金の返済を据え置くことが可能です。

そのため、新生活で金銭的なゆとりが無い状態で返済を迫られるということがありませんので、余裕を持って返済をすることが出来るということになります。

当然のことながら在学期間中の場合でも元金の返済をすることが可能なので、その場合はみずほ銀行の窓口に相談をするようにして下さい。

用途が決まっているキャッシングなら多目的ローンもおすすめ!

みずほ銀行「多目的ローン」金利、必要書類、返済方法詳細
みずほ銀行「多目的ローン」お申し込み詳細  詳細はこちらから ■ 様々な用途で利用できる目的ローン ■ 利用限度額の上限は30...

【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする