バランスよく借り入れをするためには、どうすれば良いのか?

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

カードローンやフリーローンを利用する際には、計画的に利用しようという宣伝を見かける機会は非常に多いですが、どのようにすれば計画的にバランスよく借入をすることが出来るのかということについては紹介されていません。

そこでこちらでは、バランスよく借り入れをするためにはどうすれば良いのかということについて詳しく紹介していきます。

最近では銀行に預けている現金を引き出す際にも手数料が掛かるケースも多くなっているために、利息を支払っても消費者金融や銀行のカードローンを使ったほうがオトクになるというようなケースも増えてきました。

しかし、計画的にローンを利用しないと大きなマイナスを被ってしまう可能性もありますので、その点については注意しなければいけません。

借り入れをする前に返済計画を立てる

バランスよく借り入れをするために必要なのは返済計画をしっかりと立てるということになりますが、その中でも重要なのは借り入れをする前に返済計画を立てるということです。

貸金業者から借入をしなくてはならない状況になると目の前の現金のことだけに執着してしまって、借りた後の返済に関しては疎かになってしまうケースが非常に多いです。

しかし、借り入れをする前からキチンと返済することを考えられる人の場合はバランスよく借入をすることが出来るようになります。

返済計画というのは、収入と返済のバランスを計算するのが基本となっています。

例えば、月に手取りで20万円の収入がある人が30万円の借り入れをしたとします。

そして月々の生活費に雑費も含めて15万円が必要だとすれば、月々に返済することが出来る金額は5万円だということです。

月に5万円の返済をすることが出来るということは、利息も含めて7ヶ月で完済することが出来るということになりますが、完済するまでは計画通りに生活をするという堅い意思が必要となります。

人間というのは少しでも甘える環境があると甘えてしまう人が非常に多くなっていますので、「余った現金で遊ぶ」ということよりも「先に完済する」というような心構えが必要です。

そうすることによって、キチンとした返済計画を立てることが出来るようになりますので、まずは自分の収入と支出のバランスについて知ることが大切です。

ちなみに、月の収入と支出のバランスを考えた場合に返済資金を捻出することが出来ないとなった場合は、生活の見直しやアルバイトなどの副業を増やすといった行動が必要となりますので、その点については注意するようにしてください。

収入と返済の他に、少しの貯金をする

バランスの良い返済計画というのは、収入と支出のバランスから月々の返済金額を決めるだけではなく、少しの貯金をすることによって万が一のトラブルにも備えることが出来るようになります。

一般的にキチンと返済を続けている人の場合は、貸金業者が設定した利用限度額が減少するということもありませんので、いざとなったら新たに借り入れをすれば良いと考えている人が多いかもしれません。

しかし、そうするとそれほど緊急事態ではないのに借り入れをするというクセを身に付けてしまう可能性も高くなりますので、今回の借り入れを完済した後のことも考えると、限界まで返済をするのではなく、少しずつでも貯金をしたほうが良いということになります。

上記の例を出してみると、月々の返済金額が5万円のところを4万円にして、月に1万円は万が一の場合の貯蓄にすることによって、トラブルが起こっても対応することが出来ます。

確かに1万円分の返済をしないことによって返済期間が7ヶ月から8ヶ月~9ヶ月に延びてしまうことになり、利息が多く発生することになりますが、完済後の生活を考えると少しの貯金があることによって助かるシーンというのは必ずあります

貸金業者から借り入れをすることに対して、強い忌避感を持っている人が多くなっていますが、これは日本人の文化の中で「お金を借りる」という行為を悪いことだと捉える人が多いことが挙げられます。

そのため、出来る限り貸金業者を利用したくないという人の場合はキチンとした返済計画を立てて、バランスの良い生活を続けるのが大切です。

少しでも余裕があれば積極的に繰り上げ返済をする

バランスの良い借り入れをするコツについては、少しでも金銭的な余裕があれば積極的に繰り上げ返済をするということです。

クレジットカードのリボ払いなどの場合は繰り上げ返済をすることが出来ない借り入れとなっていますが、一般的なカードローンを利用している場合だと必ず繰り上げ返済をすることが可能になっています。

貸金業者によっては、任意返済という形式になっていることもあり、繰り上げ返済をするかどうかということについては利用者に一任されているケースが多いです。

この繰り上げ返済についてですが、少額の繰り上げ返済をしても効果が低いと思っている人が多いかもしれませんが、繰り上げ返済をするということは貸金業者に「返済する意思を見せる」という行為にも繋がります

そうすると、信用できる人というように認識されることになりますので、利用限度額が増額されるというようなメリットもあります。

また、実質的な問題としては年利18.0%で借り入れをしていると1ヶ月あたりに発生する利息は借り入れた金額の約1.5%となります。

10万円の借り入れだと月に1,500円の利息が発生するということです。

そこで1万円の繰り上げ返済をすると月間150円の利息が浮くという計算になりますので、たかが150円だと思っていても年間だと1,800円となります。

このように、積み重なると大きな数字になるのが利息のマジックとなっていますので、少しずつでも繰り上げ返済をすることによって返済する金額の総額が減少するということにも繋がります。

カードローンを利用している場合は貸金業者の提携ATMから繰り上げ返済をすることが出来るようになっているケースが多いですが、ローンプランによっては提携ATMから返済をする際にATM利用手数料が発生することもあります。

そのため、繰り上げ返済を利用する場合には出来る限り手数料が発生しない方法で返済をするというのも一つのポイントとなっています。

繰り上げ返済で減少する利息と同じように、ATM利用手数料も1回あたりの金額は少なくなっていますが積み重なることによって大きな費用となってしまいますので、その点については注意しなければいけません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

バランスの良い借り入れをするというのは思っている以上に難しいものです。

冷静な状態だと簡単に判断することが出来るようなことでも借り入れをしなければならないような状況になると判断することが出来ないというケースも多いです。

そのため、多重債務などを負わないために大切なのは冷静な判断をして収入と支出のバランスについて考えるということと、返済のバランスを整えるということが大切です。

生活が破綻するような借り入れは現状を凌ぐことが出来ても近い将来に破綻するようになるケースが多いので、破綻しないためには生活を変えるという努力をすることも重要です。

最近では副業を認める企業が増えてきたということもあり、残業代の未払いなどについては簡単に裁判を起こすことが出来るような仕組みも整いつつあります。

このようにバランスの良い借り入れをするためには現在の状況を変えることが近道となっていますので、まずは色々と行動を起こしてみてください。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする