借り入れできない場合の、対処方法について

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

最近ではカードローンやフリーローンの申し込みをする人も正しい知識を身に付けているために、借入が出来なかった場合でも慌てること無く対処をすることが出来る人も増えてきました。

しかし、現金が必要で借入の申し込みをしたのにも関わらず借入をすることが出来ないと、その状況に焦ってしまって正しい判断をすることが出来なくなってしまう人も多いです。

特に多重債務などで苦しんでいる人の場合は、借入をすることが出来ないと返済を遅滞してしまうためにブラックリストとして記録されるので冷静な対処をすることが出来なくなってしまいます。

このような場合には、どうすれば良いのかということについて詳しく紹介していきます。

借り入れが出来ない場合は、落ち着いて自分のステータスを見直す

借入の審査を通過することが出来なかった場合には、まずは落ち着くことが大切です。

この状態で焦ってしまって、次々に貸金業者に申し込みをしても申し込みブラックリストとして記録されてしまう可能性が高くなりますので、残っていた借り入れをすることが出来る可能性も摘んでしまうことになります。

そのため、まずは冷静に落ち着いて、自分の状況を確認することから始めてください。

貸金業者のローンに申し込みをしても審査に落ちてしまったという場合は、必ず理由があります。

その理由については非公開となっているために自分では判断することが出来ないですが、貸金業者の審査というのは一定の基準が設けられていますので、その基準をクリアすることが出来なかったということだけは理解することが出来ます。

問題となるのは、その基準がどのようなステータスを表しているのかということになっていて、極端な話をすれば申し込みをしたローン商品に相応しくないと判断されることによって審査に落とされるということもあります。

よくあるケースとしては、持っているだけでステータスとなるようなクレジットカードの申し込みをしてしまったというようなケースになっていて、クレジットカードの審査では年収や勤続年数などだけではなく、どのような職業に就いているのかというようなことまで深くチェックします

次に、一般的に利用者の数が多いとされている大手の消費者金融が提供しているようなカードローンの場合は、他社借入件数や既に借り入れをしている金額などが引っ掛かっているケースが多くなっています。

その他にも返済を遅滞した履歴があるというようなケースでは、貸金業者から見ても信用することが出来ない人というような烙印が押されることになりますので、その時点で新規に借り入れをするのは難しいということに繋がります。

このように、まずは自分がなぜ審査に落ちてしまったのかということを冷静に分析することによって、正しい対策を取ることが出来るようになります。

借り入れが出来る貸金業者を探す

借り入れをすることが出来なかった人というのは、何らかの理由で現金が必要になったというケースが多いです。

何の理由もなく借入の申し込みをするという人がいないように、何らかの理由があるということになりますが、重要なのは借入をして現金を手に入れることとなっています。

そして、現在の状況を冷静に分析することが出来たのなら、そのステータスで借り入れをすることが出来る貸金業者を探します。

例えば、大手の消費者金融の審査に落ちてしまったというような場合には地方にある中小の消費者金融の申し込みをするというのも一つの手段です。

その他にも多重債務で返済が苦しいというような場合には、複数の借入先を1社にまとめる借り換えローンやおまとめローンを利用するというような方法もあります。

テレビのCMや雑誌の広告などを見ていると、大手の銀行や消費者金融のローンが宣伝されているケースが多くなっていますが、貸金業者というのは銀行を除いても日本全国に100社以上があります。

2010年に貸金業法が改正されてから、地方の貸金業者の多くが倒産するというような状況になっていますが、それでも100社以上の貸金業者が存在しているということです。

もちろん、地方にある中小の貸金業者の場合は利用に制限が設けられていることも多く、地元の人しか利用することが出来ないとか、返済方法が口座振替しか利用できないというケースも多いです。

これは、大手の消費者金融や銀行が提供しているカードローンと比較しても利便性については低くなっていると言わざるを得ないということになります。

しかし、このような貸金業者というのは大手の貸金業者に融資を断られた人を対象に貸し付けをしている業者となりますので、大手の消費者金融を利用することが出来なかった人も利用することが出来るケースがあります。

また、カードローンやフリーローンのように無担保タイプのローン商品ではなく、保証人や担保が必要なタイプのローン商品なら利用することが出来るというケースもありますので、借入をすることが可能な貸金業者というのは多くの種類があるということを知っておいてください。

借り入れ以外の方法での解決を探す

上記の2つでは、自分の状況を見つめ直すということと、借り入れることが出来る業者を探すということについて紹介しましたが、こちらでは借入以外の方法で問題を解決することについて紹介します。

貸金業者から借り入れをするという状況は、現金が必要だからという方が多いと思われますが、肝心なのは現金が必要な理由となります。

これが、旅行やレジャーのために現金が必要だという場合は、旅行やレジャーなどを取り止めにするというような手段しかありませんが、旅行やレジャーというのは遊びのためのお金となっていますので、多重債務に陥っている人が選択するようなことではないと思われます。

最近では少なくなっていますが、2010年に貸金業法が改正されてから原則として本人に安定して継続した収入がないとローンを利用することが出来なくなりました

2018年4月現在だと銀行が提供しているカードローンなどを利用する場合は配偶者が条件を満たしている場合は配偶者が専業主婦(主夫)の場合でも利用することが出来るというケースもありますが、金額は低くなっています。

多重債務に陥っていて、新規に借入をすることが出来ないために返済をすることが出来ないという状況になってしまった場合は債務整理をすることをオススメします。

債務整理というと悪いイメージを持っている人が多いかもしれませんが、債務整理にも様々な種類があって、債務を帳消しにする自己破産以外にも様々な方法があります。

その中でもオススメなのは任意整理となっていて、これは現在利用している貸金業者と交渉をして利息の支払いをゼロもしくは減少してもらうようにするというものです。

貸金業者から見ても、元金の回収が出来るというメリットがありますので、上手く交渉すれば成立する可能性が高いです。

ただし、任意整理をした貸金業者については、今後の利用をすることが出来なくなる可能性が高いということは知っておいてください。

このように、返済をすることが出来ない場合は、出来ないということを伝えることによって状況を好転することも可能となっていますので、返済をすることが出来ないからと言って嘆く必要はありません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

借入の申込をして利用することが出来ないというのは悲壮感が漂う状況となりますが、そこから冷静になることが出来れば、まだまだ出来ることは残されています。

大切なのは審査に落ちてしまった場合に悲観的になるのではなく、次に何をすれば良いのかということを冷静に分析することとなっていますので、諦めずに対処するようにしてください


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする