借入返済を滞納すると起こる3つの怖いこと

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

カードローンやフリーローンを利用する際には、返済を滞納しないということが大原則となっていますが、状況によっては返済が遅れてしまうということはよくあることです。

返済を遅滞することによって様々なデメリットが発生することになるのですが、返済を遅滞してしまったことによってキチンと返済をすることが億劫になってしまうという人も多くなっています。

借入をしている状態で滞納をしたまま放置をすると、最悪の場合は裁判を起こされて起訴されるということになりますが、このようにならないためにもキチンと返済をしなければいけません。

こちらでは、借入をしている際に返済を滞納してしまうことによってどのようなデメリットが発生するのかということと、返済を遅滞した場合の手続きなどについて詳しく紹介していきます。

借入を滞納した場合の手続きとは

キャッシングをしている状態で滞納してしまうと、遅延損害金が発生することになります。

遅延損害金というのは、利息のようなものになっていて、借りている元金に利率を掛けた金額を支払わなければならないということです。

利息と合わせて請求されることになりますが、日割りでの計算となっていますので、滞納している日数が短ければ、それほど大きな支払いとなることはありません

一般的な貸金業者を利用している場合に、返済を滞納してしまうと基本的には返済日の翌日に連絡が来ることになります。

この連絡というのは、返済を忘れていることを通達するだけの連絡となっていますので、何の問題も無いということが特徴的です。

ただし、この連絡に出なかった場合は、自宅に連絡されることになり、さらに電話に出なかった場合は勤務先に連絡されることになります。

借入時の在籍確認では貸金業者の名前を伏せて、個人名で確認をすることになっていますが、返済を遅滞した場合の連絡では初めから貸金業者の名前を出して問い合わせが行われます。

返済を遅滞しただけの場合は、特別な手続きなどは必要なく、上記でも紹介したように遅延損害金が発生するだけとなっていますので、毎月の返済をするように貸金業者の提携ATMや窓口などで利息も含めた金額を返済するだけとなっています。

注意しなければならないポイントとしては、元金と利息そして遅延損害金の3つを合わせた金額の返済が求められることになりますので、毎月の返済金額よりも高くなっているということが挙げられます。

そのため、いつもと同じ金額の返済をしても返済をしたという扱いにならないケースもありますので、その点に関しては注意しなければいけません。

滞納することによって発生するデメリットについて

こちらではキャッシングやカードローンなどの返済を滞納することによって発生するデメリットについて詳しく紹介していきます。

借入をしている際に返済を滞納することによって発生するデメリットというのは主に下記の2点が挙げられます。

  • 遅延損害金の発生によって返済金額がアップする
  • 返済を遅滞したことによって個人信用情報機関に記録が残る

これらのデメリットが考えられますが、一般的に重要視されるのは個人信用情報機関への登録となっています。

遅延損害金が発生するというのも財布にとってはダメージとなりますが、個人信用情報機関への記録に関しては長い期間、記録が残されることになりますので、その間は新規にローンの契約をする際にマイナスを負うということになります。

また、ローンだけではなく、賃貸や携帯電話の契約などに関しても審査に通過することが出来なくなってしまう可能性が高まりますので、返済金額が増加するよりも個人信用情報機関に記録が残されてしまうことのダメージが大きいということです。

そして、キャッシングを利用している人の多くは会社の同僚に知られたくないと思っている人が多いです。

返済を滞納してしまうと上記でも紹介したように担当者が貸金業者の名前を出して勤務先に問い合わせをすることになりますので、同僚に対してキャッシングをしているということが知られてしまうということになります。

このように返済を遅滞してしまうことによるデメリットというのは想像しているよりも大きなものになっていますので、基本的には返済を遅滞しないようにしたほうが良いでしょう

滞納したまま放置した場合の流れとは

キャッシングをしている状態で返済を遅滞した場合の状況というのは、上記でも紹介したように遅延損害金が発生するということと、個人信用情報機関に記録が残されてしまうということの2点です。

しかし、返済を滞納したまま放置するとどのようなことになるのかということが分からない人も多いと思われますので、こちらでは返済を滞納したまま放置した場合の流れについて少しだけ紹介していきます。

まずは返済を遅滞した場合の状況についてですが、こちらは上記でも紹介したように利用者の携帯電話や自宅に電話が掛かってくることになり、それでも連絡がつかないと勤務先に連絡されることになります。

この時点で遅滞していた返済を完了すると、今まで通りに利用することが出来るようになるのですが、この状態でも滞納したまま放置しておくと最終的にはキャッシング会社から起訴されます。

そうすると、裁判所から連絡が来て、裁判が行われることになります。

民事裁判となっていますので、有罪になることによって刑務所に入らなければならないというようなことはありませんが、有罪になってしまうと財産の差し押さえなどが行われることになります。

この際に、キチンとした仕事に就いていると給料が差し押さえられることもありますので、その点に関しては注意しなければいけません。

返済を遅滞したまま起訴されると、裁判所から支払い命令が出されることになります。

そのまま放置すると、利息や遅延損害金とは別の利息が発生することになりますので放っておくと雪だるま式に借金が増え続けるということになるので注意してください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

借入れをしている状態で、返済日に返済をすることが出来ずに1日や2日の遅れが出てしまうというのはよくある話ですが、返済をしないでそのまま放置しているという人は稀となっています。

放置することによって得られるメリットよりもデメリットのほうが圧倒的に大きくなっていますので、返済を滞納したまま放置するよりも債務整理をしてやり直したほうがメリットも大きくなっていますのでオススメです。

債務整理をすることによって、今後の人生に大きなマイナスを抱え込んでしまうというように考えている人も多いですが、債務整理をしなければならない状況ならば、そのまま放置しておいても良いことは一つもありませんので、早く債務整理をしたほうが良いということになります。

債務整理に関しても、自己破産だけではなく任意整理や自己再生という手段も用意されています。興味のある方はこちらの記事もお読みください。

キャッシングで債務整理? 増えた借金も帳消しにできる!?
・住居購入 ・車購入 ・学費 ・冠婚葬祭       など “大きな出費”があるとき、ローンを利用する方は少なくありま...
【キャッシングの注意点】債務整理中でも借り入れする方法
質問:現在『任意整理』の申請中だけど、お金を借り入れしたいんですが借りてもいいのでしょうか? ※【任意整理とは?】※ ……...
【キャッシング問題】借金地獄から抜け出す重複・過剰借金/解決策!
「毎月の返済額が収入を越えて返済できない!」 ――昨今、“借金のケース・パターン”が多様化したため、複数の借金が当人の(※ 総量規制によ...
【キャッシングの成功例】お金を借りて『得する人』と『損する人』
現在、日本の全人口のうち、借金をしている人の数は約3,700万人……そのうち、毎年約10万人程度の人が“債務整理”を行っているという統計...

【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする