借金できる?外国人が借入申込に必要なもの、審査される信頼度を解説

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

日本にある消費者金融や銀行が提供しているローン商品を利用する人の多くは日本人だと思われますが、日本の消費者金融や銀行のローン商品というのは日本人だけではなく、外国人や外国籍を持っている日本人の方でも利用することが出来るケースが多いです。

日本人が利用するケースと比較すると、提出しなければならない書類が多くなっているケースが多いですが、利用することが出来ないということはありません。

注意するポイントとしては、日本人と比較すると在留期間などによって信用度が低くなってしまうことが考えられますので、同じステータスの日本人よりも審査が厳しくなってしまう可能性が高いということに関しては知っておいてください。

こちらでは、外国人が消費者金融や銀行でキャッシングを利用する際の手続きの流れなどについて詳しく紹介していきます。

外国人が借り入れをする際に必要なものとは

こちらでは外国人が消費者金融や銀行でカードローンやフリーローンを利用して借り入れをする際に必要なものについて紹介していきます。

外国人だからといって利用方法などが異なるということはありませんが、申し込みをする際に提出が求められる書類については日本人のケースとは異なりますので、その点に関しては注意しなければいけません。

それでは、肝心の外国人だと追加で提出が求められる必要書類についてですが、基本的には下記の5点が挙げられます。

  • 身分証明書
  • パスポート
  • 外国人登録証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

これらの書類の中から指定されているものを提出するというのが、基本的な流れとなっています。

指定される書類については、利用する消費者金融や銀行または、利用するローンプランなどによっても異なりますので、その点については注意してください。

全ての書類の提出が求められるということではありませんので、どの書類が必要なのか分からないという場合には、利用する消費者金融や銀行の公式サイトもしくは、利用するローンプランの公式ページなどを確認すれば商品概要説明書などに記載されています。

借り入れをする際の手続きの流れについて

こちらでは外国人がキャッシングをする際の手続きの流れについて詳しく紹介していきます。

と言っても、日本人が消費者金融や銀行のカードローンもしくはフリーローンを利用する際の手続きの流れと何かが異なるのかというと、それほど大きな違いはありませんので、手続きの違いについては気にする必要がないとも言えます。

まずはキャッシングを利用する際の手続きの一般的な流れについて紹介していきますが、申し込みから利用開始に至るまでの手続きの流れについては下記の通りになります。

  1. 申し込みをする
  2. 審査が開始される
  3. 必要書類を提出する
  4. 契約を締結する
  5. 利用を開始する

このような流れになっていて、日本人のケースと外国人のケースで手続きが異なるのは、3番の必要書類を提出するという手続きのみとなっていますので、それ以外の部分に関しては日本人も外国人も同じ手続きが行われることになっています。

注意するポイントとしては、手続きの際には書類の記入や口頭での審査などが行われることになりますが、その際の言語というのは全て日本語での対応になります。

そのため、日本語を満足に使えない人の場合はローン審査に通過することが出来ない可能性がありますので、その点に関しては注意しなければいけません。

外国人がキャッシングの手続きをする際に注意してもらいたいのが、日本人とは違って来日して日本に在住してからどれくらいの期間が経過しているのかということによって信用度が異なるということです。

基本的に日本での在留期間が長ければ長いほど信用度が高くなり、在留カードよりも特別永住者証明書を提出することが出来るほうが、信用度が高くなる仕組みです。

審査の基本としては、返済能力が高ければ審査に通過することが出来るようになります。

そして、返済能力というのは収入だけではなく、その人の肩書きや生活なども加味して考えられていますので、その点を考慮して申し込みをするようにすれば問題ないでしょう。

外国人だからといって審査にハンデがあるということは無い

上記でも紹介したように、外国人だからといってキャッシングの審査にハンデがあるというようなことはありません。

しかし、審査の手続きが日本語で行われるということや、来日してからの期間などによって審査に優劣が付けられることをハンデだと捉える方に関しては、ハンデがあるとも言えます。

海外旅行や一時的な留学および就労などの状態でカードローンやフリーローンを使うというケースは稀だと思われます。

このような場合には自国でも発行することが可能なクレジットカードなどのキャッシング枠を使うのが適切でしょう。

これは日本人でも同じことが言えますが、カードローンやフリーローンを利用することが出来るのは、安定した収入があって、必要書類を準備することが出来る人となっています。

さらに、収入に見合った返済能力を有しているのかどうかという部分も重要になっていますので、他社から既に借り入れをしているというような場合には審査に通過することが出来ないケースもあります。

他社借入件数が複数あっても融資可能!返済能力があれば大丈夫!
他社借入利用中でもまずはお試し診断!⇒おすすめランキング一覧はコチラ! 他社借入件数が2、3件?まだまだ大丈夫!アコムならあなたの強い味方...

また外国人がカードローンやフリーローンを利用したいと考えている場合は、外国人専門のローンプランに申し込みをするようにしたほうが良いでしょう。

消費者金融や銀行が提供しているローンプランというのは多岐に渡ります。

そのため、一般的には銀行よりも消費者金融の提供しているローンプランのほうが審査に通過しやすいと言われていますが、外国人がローンプランに申し込みをするという場合には、外国人しか利用することの出来ないローンプランに申し込みをするというのも一つの手段となっています。

日本人と外国人を審査基準から判断すると、どちらも同じ基準が設けられているということになりますが、外国人がキャッシングプランを利用する場合には、自分のステータスや状況などを冷静に分析してから申し込みをするようにしたほうが良いかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

外国人が外国籍を持っている状態で日本の金融機関からローンを利用するというのは少し難しいかもしれませんが、手続きをすることは可能になっています。

来日してからの日数が浅いとか、安定した収入を得ることが出来る職業に就いていないという場合には審査に通過することが出来ない可能性が高いですが、外国籍を持っている状態でも日本人と変わらないような生活をしている人も多いです。

そのような場合には、キチンとした手続きをすることによってキャッシングを利用することが出来る可能性が高いので、まずは自分の状況を分析してから申し込みをするようにしてください。

審査に通過することが出来なくても、ドンドン申し込みをすれば良いのではないかと思っている人も多いかもしれませんが、短期間で複数の金融機関にキャッシングの申し込みをしてしまうと、申し込みブラックと呼ばれる状態になってしまいます。

申し込みブラックになると、半年間ほどはローンの申し込みをしても審査に通過することが出来なくなってしまうので、短期間に申し込みをする数に関しては多くても3社ぐらいまでにしたほうが良いでしょう。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする