借入可能額の計算方法は?借入可能額UP方法、重要項目を解説

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

テレビのコマーシャルや雑誌の広告などを見ていて、消費者金融や銀行が提供しているカードローンやフリーローンの宣伝を確認してみると、最大300万円まで貸し付けが可能という話を耳にするケースが多いと思われます。

しかし、実際に金融機関が提供しているカードローンやフリーローンを利用しても、希望額に満たない金額しか借り入れをすることが出来ないという話を耳にすることは非常に多いです。

一般的にカードローンやフリーローンといった無担保ローンを利用する際には、審査によって利用限度額や借り入れ可能額というものが定められることになっていて、定められた範囲内で借り入れをすることが出来るということになります。

そのため、審査に通過していても希望額に満たないというケースは非常に多くなっていますが、上手く活用していくことによって、借り入れ可能額が希望額に達するということはよくある話です。

こちらでは、借り入れ可能額をアップするために必要なことについて詳しく紹介していきます。

初回の借り入れで可能額が満たない場合は、社会的信用が足りない

消費者金融が提供しているカードローンや、銀行が提供している無担保ローンを利用する際には、申し込みをして審査を経てから借り入れをするということになっています。

この流れに関しては、どのローン商品を利用していても同じになっていますが、基本的に初回の借り入れに関しては申し込み者の限界ギリギリまで借り入れをすることが出来るということはありません

例えば、審査の結果100万円までの借り入れが可能だったという場合には、50万円ぐらいの借り入れ可能額を設定することによって、申し込み者の動向を探るという傾向が強くなっています。

これは利用者への貸し付けを制限する総量規制の問題にも関わってくるということが挙げられますが、総量規制というのは基本的に利用者の年収の3分の1までしか貸し付けをしてはいけないという法律になっています。

そのため、年収が300万円の人は100万円までの借り入れということになり、年収が600万円の人は200万円までしか借り入れ可能額が設定されないということです。

言い換えると、年収が300万円の人の場合は100万円までの借り入れが可能だということになりますが、上記でも紹介したように、限界ギリギリまで借り入れ可能額が設定されるということはありませんので、初回の借り入れに関しては30万円もしくは50万円に設定されるというケースが多くなっています

この場合に、借り入れ希望額が10万円~20万円というのなら問題ありませんが、50万円の借り入れを希望している場合に30万円の借り入れ可能額が設定されてしまった場合は20万円足りないということになりますので、新たに金策をしなければならないということに繋がります。

基本的にカードローンやフリーローンを利用する人の多くは、今すぐ現金が必要だというケースが多くなっていますが、もしも現金が必要になるまでに一定の期間があるという場合なら、初めて借り入れをしたローン商品の借り入れ可能額をアップさせるということも可能になっています。

その方法については下記にて紹介しますが、一定の時間が掛かるというものになっていますので、その点に関しては注意するようにして下さい。

上手く活用すれば、借り入れ可能額は3ヶ月~6ヶ月でアップする

上記で少しだけ紹介した借り入れ可能額をアップさせる方法について詳しく紹介していきます。

一般的に貸金業者が定めている借り入れ可能額というのは、社会的なステータスによって判断されているということを知っておいて下さい。

ここで言うところの社会的ステータスというのは、年収や職業、会社での肩書きや結婚や子どもの有無、住居の環境などが挙げられますので、一朝一夕にはアップさせることが出来ないものが多いです。

しかし、1つだけ借り入れをしてからでないとアップさせることが出来ないステータスもあります。それは返済実績となっていて、キチンと返済をすることが出来るのかという内容になっています。

借りたものを返すというのは当たり前のことになっているのですが、カードローンやフリーローンを利用しなければならない人の多くは、生活に困窮しているというケースが非常に多くなっていて、キチンと返済するということが出来ないという人も多いです。

そのため、貸金業者としてはキチンと返済をすることが出来るというのは優良な顧客ということになるために、返済ができる人には多くの貸し付けをしたいということになりますので、借り入れ可能額がアップするということに繋がります。

注意してもらいたいのが、返済実績というのは1ヶ月や2ヶ月で出来るというものではなく、最短でも3ヶ月程度の時間が必要となっていて、一般的には6ヶ月ぐらいの時間が掛かります。

ほとんどのローン商品では1ヶ月に1回の返済がありますので、およそ6回の返済をキチンとしていれば、貸金業者から借り入れ可能額をアップするというような連絡が来ることになります。

そうすると、初回の利用に関しては借り入れ可能額が30万円だったものが50万円にアップしたり、50万円から100万円にアップしたりということになりますので、初回の借り入れの時点で借り入れ可能額が希望額に満たなかったという場合でも、時間を掛けることで借り入れ可能額がアップします。

注意しなければならないポイントとしては、上記でも紹介した総量規制が挙げられます。

既に総量規制の上限に達している場合は借り入れ可能額をアップするということが出来ませんので、その場合は総量規制の対象外となっているローン商品を利用するということをオススメします。

社会的ステータスがアップする情報は細かく申告する

借り入れ可能額を決定する際に重要な項目となっている社会的ステータスによるポイントについてですが、こちらは上記でも紹介したように一朝一夕でアップさせるということは難しくなっています。

そのため、普段は気にしないという方が非常に多くなっていますが、借り入れ可能額をアップしたいという場合には、少しでも社会的ステータスがアップするような情報については細かく申告することが重要です。

転職や引っ越しなどをした場合には、その情報を申告することが義務付けられていますが、結婚や住居の購入、自宅に固定の電話回線を契約したというような場合には申告しないという人が非常に多いです。

これらの項目というのは、借り入れ可能額をアップするための項目に繋がる要素となっていますので、出来る限り申告したほうが借り入れ可能額をアップしやすくなるということを知っておいて下さい。

と言っても、上記で紹介したように、これらの要素というのは簡単に出来るというものでもありませんので、一般的には考えなくても良いのかもしれません。

まとめ:

いかがだったでしょうか?

せっかくローンの審査に通過しても、借り入れ可能額が希望額に満たなかったという人は非常に多くなっていますが、原因と対策をキッチリと理解しておけば、それほど焦る心配がありません。

カードローンやフリーローンを利用しようと考えている人の多くは、今すぐに必要な現金のことばかりを考えてしまうために視野狭窄に陥っている人が多いですが、キチンと考えることによって様々な対策を取ることが出来ますので、まずは冷静に考えるようにして下さい。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする