掲示板に投稿している業者から借入をする際には注意が必要

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

一般的にローンの借入をする際に利用するのは、大手の消費者金融や銀行が提供しているローンを利用するという人が多いと思われます。

利便性を優先する場合は、申し込みをした当日に借り入れをすることが出来るケースが多くなっている消費者金融のカードローンを利用するということが多く、貸付金利が少しでも低いほうが良いという方の場合は、銀行が提供しているカードローンを利用することになります。

そして、カードローンだけではなく、ショッピング用にクレジットカードを持っていたいという場合には、信販会社が提供しているクレジットカードのショッピング枠が付いているプランを利用するケースが多くなっています。

しかし、複数のローンを利用していると、新規のローンを利用するということが難しくなってしまいますので、これらの方法とは異なった方法で借り入れをするケースが多いです。

こちらでは、掲示板を利用して借り入れをすることがどれほど危険なのかということについて詳しく紹介していきます。

掲示板に投稿している貸金業者は個人経営が多い

最近では、インターネットの掲示板を利用している人の年齢層も高くなりすぎている傾向にあるために少なくなっていますが、今でも掲示板に投稿している貸金業者の数は非常に多いです。

面白いことに、一昔前だと見かけることがなかった状況ですが、最近ではヤミ金業者に代表される悪徳貸金業者も公式サイトを開設していて貸し付けをしているというケースを見かけることは多くなっていることが特徴的です。

ほんの数年前までなら、ヤミ金業者や悪徳貸金業者はインターネットの掲示板を利用するということが基本だったのですが、近年では闇金であるということを公開して貸し付けをしているケースが多いです。

しかし、インターネットの掲示板から借り入れをするというのは、ヤミ金業者に繋がる行為でもありますので、基本的には利用しないほうが良いということが挙げられます。

そして、掲示板に投稿しているような貸金業者の多くは、個人経営の貸金業者が非常に多くなっています。

貸金業を営むために必要なものに関しては、登録料と届出を提出するというだけになっていますので、キチンとした手続きをすることによって、誰にでも開業することが出来ます。

しかし、大手の消費者金融や銀行のようにテレビのコマーシャルや雑誌の広告に掲載するだけの宣伝費用がないために、掲示板を利用するというケースが非常に多いために、個人経営の場合は掲示板やWEBサイトなどで宣伝をするケースが多くなっていることが特徴的です。

ここで注意してもらいたいのが、個人間で現金の貸し借りをする場合に設けられている法律上での利息の上限となります。

消費者金融の広告などで大々的に宣伝されている貸付金利では、年率18となっているケースが多く、これは貸付金額が10万円~100万円の場合に利息制限法で定めている貸付金利の上限となっています。

しかし個人間で契約をした場合は、この上限が異なっていて年率109.5までが上限となっています。

比較してみると分かりやすいですが、消費者金融が提供しているローンを利用する場合に比べると、約6倍もの貸付金利に差があるということになりますので、消費者金融を利用したケースと比較すると6倍の利息を支払わなければならないということになります。

例えば、利息だけで毎月5,000円の返済をしているという方の場合は、毎月の利息が3万円になるということになりますので、個人の貸金業者を利用しなければならないほどに追い込まれている人の場合は、すぐに破産してしまう数字となっています。

このように、利息だけを見ても一般の消費者金融を利用するよりも個人を利用した場合のマイナスが多いということが挙げられますので、掲示板を利用して借り入れをするというのは破滅への一歩を進んでいるということになるために、十分に注意しなければならないということになります。

また、個人で貸金業を営んでいる人の場合は、貸金業法で定められている禁止事項をキチンと理解していないことも多いです。

そのため、無茶な取り立てをするというようなケースも多くなっていますので、基本的には個人間の借り入れに関しては利用しないほうが良いでしょう。

掲示板を利用するよりも、正規の貸金業者を利用した方が良い

掲示板を利用してでも借り入れをしたいという人の場合は、正規の貸金業者を利用することが出来なくなってしまったという人が非常に多くなっています。

しかし、自分で勝手に利用することが出来なくなったと判断してしまっている人が非常に多くなっていて、テレビや雑誌などで宣伝しているローンを利用することができなかっただけで、全てのローンを利用することが出来ないというように勘違いしている人が多いのが特徴的です。

他社借入件数が複数あっても融資可能!返済能力があれば大丈夫!
他社借入利用中でもまずはお試し診断!⇒おすすめランキング一覧はコチラ! 他社借入件数が2、3件?まだまだ大丈夫!アコムならあなたの強い味方...

そのため、本当に自分は正規の貸金業者から借り入れをすることが出来なくなってしまったのかということをキチンと理解していることが最も重要となっています。

まずは大手の貸金業者から借り入れをすることが出来なくなってしまった状態で、新規に借り入れをしなければならない状況になってしまった場合は、大手ではなく中小の貸金業者を利用するという方法もあります

大手の消費者金融というのは、テレビや雑誌で大々的に宣伝していることが挙げられますが、日本には地方の消費者金融というものも多くなっていて、各地域に最低でも1社以上の貸金業者がありますので、その貸金業者を利用するというものです。

基本的に中小の消費者金融というのは大手に比べると宣伝力が弱いために、利用しようとする人の多くは、既に大手の消費者金融で断られてしまった人となっています。

そのため、希望額を借りることは難しいかもしれませんが、どうしても借り入れをしなければならないということになっている場合は、地方の消費者金融を頼るというのも一つの選択肢となっています。

そして、複数のローンを利用していることによって返済が困窮しているという場合には、新規に少額のローンを利用しても返済をすることが難しいという状況になってしまうために、この場合では借り換えローンやおまとめローンのような複数のローンを一本化することが出来るローン商品がオススメです。

おまとめローンや借り換えローンの場合は、利用する際の前提として複数のローンを利用しているということが挙げられますので、大手の消費者金融を利用することが出来なくなってしまった場合でも、利用することが出来る可能性が高いです。

他社借入件数が4件以上と多い方も融資可能!
他社借入複数あってもまずは数分でできるお試し審査!⇒おすすめ一覧はコチラ 他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアコム! ⇒...

このように、消費者金融を利用することが出来なくなってしまったために、掲示板で宣伝をしているような個人の貸金業者を頼る前に、出来ることというのは沢山あります。

掲示板で宣伝しているような貸金業者を利用してもマイナスになることが非常に多いので、まずは正規の貸金業者から借り入れをするということを考えたほうが良いでしょう。

まとめ:

いかがだったでしょうか?

掲示板で宣伝しているような貸金業者を利用した場合は、借り入れをすることが出来る可能性は高いですが、その分だけリスクが高くなるということは理解してもらえたと思います。

このように、取る必要がないリスクを取るのなら、自己破産や任意整理などの債務整理をしたほうが今後の人生設計に影響が少なくなるということが挙げられますので、まずは自分にできることをキチンと確認することが重要です。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする