借入時の多重債務とは?金利を下げて逃れる方法について

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

借り入れやキャッシングをする際に、計画的に利用することが出来る場合は問題がありませんが、計画的に利用することが出来なかった場合は多重債務者になってしまう危険性があります。

多重債務者というのは、借入件数や借入金額が多くなってしまった状態の人のことを指していますが、基本的には債務超過になってしまっていることが挙げられます。

まさに雪だるま式に借金が増えていくというような状況になっていて、この状態になってしまうと生活を立て直す前に破綻してしまう可能性が非常に高いために、かなり危険な状況ということになります。

こちらでは多重債務に陥りやすい人の特徴や、多重債務から逃れる方法などについて詳しく紹介していきます。

借入時の多重債務というのは、どのような状況なのか?

多重債務という状況を簡単に説明すると、「債務が多い=借入件数や金額が多い」というような状況となります。

よくあるケースとしては、複数のキャッシング会社からカードローンやフリーローンを利用しているという状況になっていて、1社あたりの借り入れている金額が少なくても複数のキャッシング会社を利用していることによって借入金額の合計が多くなってしまっている状況のことを指します。

このような状況になってしまうと、1ヶ月の間に何回も返済日が訪れるようになってしまいますので、まさに自転車操業というような言葉の通りになってしまうということが挙げられます。

また、1ヶ月間で何回も返済日があるということは、その度に手数料を支払っているということになりますので、元金や利息の返済とは無関係の手数料が積み重なることによって余計な費用を支払っているということになります。

手数料に関しては1回あたりの出費が少なくなっているために気にしないという人も多いかもしれませんが、1回108円の手数料でも10回で1,080円、100回だと10,800円ということになります。

消費者金融のカードローンを利用している際のATMからの返済手数料の場合は324円に設定されているケースも多いので、長期間の返済を続けている人の場合は年間の手数料が5万円を超えるというようなケースもあります。

このような状況になると、生活を立て直すのも難しくなってしまいますので、基本としては多重債務に陥らないようにすることが大切ですが、多重債務者になってしまった場合は十分な対策を練らなければならないということを忘れないでください。

多重債務に陥りやすい人の特徴とは

こちらでは多重債務に陥りやすい人の特徴について詳しく紹介していきます。

多重債務に陥りやすい人というのは、単刀直入に言えば自己管理をすることが出来ない人ということになります。

身も蓋もない言い方ですが、自己管理が出来る人の場合は、初回の借り入れをした時点で返済計画をキチンと立てているケースが非常に多いために、完済するのが難しい状況になるというケースがほとんどありません。

また、もう1つの特徴として自分のお金と借りているお金の区別をつけることが出来ないというケースも多くなっていて、このタイプの場合はクレジットカードや利用限度額が余っているローンカードを持っていると、自分のお金じゃないのにドンドン使ってしまうという特徴があります。

そうなると、結果的に借金が膨らむということになってしまいますので、お金を借りることに抵抗がないという人の場合は多重債務に陥ってしまいやすいということが挙げられます。

逆に、多重債務になりにくい人の特徴に関して紹介すると、なりやすい人の逆パターンとなってしまうのですが、主な特徴としては「お金を借りない人」や「毎月少しずつでも貯金をしている人」となります。

しかも、毎月の使わなかった現金を貯金するというタイプではなく、毎月定額の貯金をするというようなタイプの場合は多重債務になりにくいタイプとなっています。

このようなタイプの場合は多重債務という話の前にカードローンやキャッシングなどを利用するケースも少なくなっていますので、その点についても知っておいてください。

多重債務から逃れる方法について

1度多重債務の状態になってしまうと、そこから逃れるというのは、とても難しくなっています。

その理由としては、多重債務の状態というのは常に返済日のことばかりを気にしていて、他のことを考える余裕がないという状態になってしまうケースが多いためです。

多重債務に陥ってしまっている状態でも冷静になることが出来れば現状を改善することが出来るケースも多いのですが、多重債務の状態になると現状を少しでも楽にしようとして、収入から返済をするのではなく、さらに借り入れをして返済をするという自転車操業になってしまう人が多いです。

基本的に、新たに借り入れをしてもその分の利息が発生することになるために生活が改善するということは無いのですが、現状を冷静に分析することが出来ないと、今の状況を少しでも良くしようとして結果的に悪化させてしまうということがよくあります。

そのため、多重債務になってしまった状態で、現状を改善したいのなら冷静になるということを心掛けてください。

そして、まずは現状の借金を全てリスト化することが大切です。

そうすることによって、何をどれくらい借り入れしているのかということがハッキリと分かるようになり、返済日や貸付金利なども把握することが出来ますので、そこから改善することが出来るようになります。

一般的には、複数のキャッシング会社から借り入れをしている場合には、おまとめローンや借り換えローンなどを利用して一箇所にまとめるということが重要です。

借り入れ先を1箇所にまとめることによって、毎月の返済日を1回にすることが出来て、さらに貸付金利が下がることになります。

そのため、返済の度に発生していた手数料も軽減されることになって、毎月の返済額の合計が減少することに繋がりますので、毎月の生活の中にも少しのゆとりが生まれることになります。

ゆとりが重なれば毎月の返済額を少しでも多くすることが出来るようになりますので、このような小さな積み重ねを続けることによって多重債務の状況を改善することが出来るようになります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

多重債務に陥ってしまうと、自己破産や任意整理をするしかないと思っている人は非常に多いですが、債務整理をするにはまだまだ早いです。

現状の生活の見直しや、借り入れ先などを変えることによって、現在の状況を改善することは十分に可能なので、多重債務に陥ってしまって、にっちもさっちもいかないという状況になった時こそ、冷静に状況を分析するようにしてください。

人間というのは追い詰められていると冷静な判断をすることが出来なくなってしまう生き物です。

そして、冷静に判断をすることが出来ないとミスをしてしまって、現在の状況よりも悪化させてしまうというケースが非常に多くなっていますので、現状を悪化させないためにも自分の状況をキチンと把握することが大切です。

ちなみに、債務整理に関しても段階がありますので、少しでも元の状態に戻りやすいように手続きをすることが重要です。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする