借入の利用限度額を増額する際にオススメの方法とは

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

消費者金融や銀行が提供しているカードローンの申し込みをする際に利用限度額の希望額を申告することになりますが、状況によっては利用限度額が希望額に満たないというケースも多いです。

そのような場合には、別の貸金業者で借入をするということを検討するなどの別の手段を考えなければいけないということになりますが、時間的猶予があるのならば、利用限度額を希望額にまで増額することも可能です。

こちらでは、借入をする際の利用限度額を増額する際にオススメな方法について紹介していきます。

貸金業者が利用者に増額を促す仕組みを知る

借入の利用限度額を増額する方法を知るためには、始めに貸金業者が利用者の利用限度額を増額する仕組みについて知らなければいけません。

一般的には、貸金業者にとって利用者が優良な顧客だと判断された場合に利用限度額の増額を提示されるという仕組みになっていますが、ここで重要なのは「優良な顧客」だと判断するポイントとなります。

貸金業者にとっての優良な顧客というのは、「お金をキチンと返してくれる人」となっていて、返済能力が高い人もこれに含まれます。

つまり、貸金業者というのは利用者の返済能力を測ることによって利用限度額の上限を設定しているということに繋がります。

それでは、返済能力というものがどのようにして測られているのかということについて紹介していきますが、これは申し込み時に記入した内容でほとんどが判断されるということになります。

借り入れをする際には貸金業者に申し込みをすることになりますが、どの貸金業者を利用する場合でも申込書類に記入する内容についてはそれほど大きな違いはありません。

これは、消費者金融や銀行、信販会社が提供している個人向けのローン商品が対象となっていますが、企業を対象にするビジネスローンや不動産などの担保や保証人が求められるようなタイプのローン商品の場合は少し異なりますので注意してください。

そして申込書類に記入する内容についてですが、一般的には年収の金額や勤続年数、会社の規模や会社での肩書きなどの会社に関する内容と、自宅や家族構成などの自分に関する内容の2つから構成されていることが挙げられます。

これらを1つ1つ紹介していくと膨大な量になってしまうので割愛しますが、簡単に言えば「社会的にステータスが高いとされる状態」になると返済能力が高いと判断されることになります。

例えば、持ち家と賃貸を比較すると、持ち家のほうが万が一の場合に売却することが出来る資産ということになるために、賃貸に比べると社会的なステータスが高くなります

同じように、独身と既婚者を比較すると独身の方が自由に使える現金が多くなるために有利になるように見えるかもしれませんが、既婚者の場合は2人で働くという選択肢も増えるために既婚者のほうが安定しているという判断をされます。

このように、申し込み時に記入する内容の1つ1つが返済能力を測るための要素となっていますので、社会的なステータスを高めることで利用限度額を増額してもらう可能性がアップします。

ステータスのアップは、どのようにすれば良いのか?

上記で紹介したように、借入の利用限度額を増額するためには、社会的ステータスを向上するという方法しかありません

そして社会的ステータスというのは、申し込み時に記入した内容に連動しているということが挙げられますが、年収や結婚の有無、そして勤務先や職場での肩書きなどを急にアップさせるというのは難しくなっていますので、一朝一夕で出来ることではありません。

そのため、短期間で利用限度額の増額をすることは出来ないとされています。

これらの項目の中でも短期間でアップすることが出来る項目というのは、恐らく「年収」のカテゴリーになると思われます。

現在の年収が600万円の人が650万円になるのは難しいかもしれません。

しかし、年収が200万円の人が250万円にするというようなことは比較的容易となっていて、ちょっとした副業をすれば達成することが出来ます。

年収を50万円アップさせるということは月に4万円程度の副収入を得れば達成することが可能です。

これは、時給が1,000円のアルバイトを1日3時間、週に3日間行うことによって、おおよそ月の労働日数は13日間となるために、1ヶ月の収入が39,000円ほどアップすることになります。

本業に差し支えない程度ならば公務員以外は副業をする権利が基本的に認められています。

そのため、社会的ステータスをアップさせたいという場合には、年収をアップさせるというのが手っ取り早いということを知っておいてください。

借入を増額するのにオススメな方法

借入の利用限度額を増額する際には、貸金業者から増額を提示されるか、利用者から貸金業者に対して利用限度額の増額を申告するかのどちらかとなります。

貸金業者から提示される分に関しては何の問題ありませんが、利用者から申告する場合にはある程度の状況を整えてから申告するのがオススメです。

例えば、3ヶ月~6ヶ月ほどの期間、キチンと返済を続けていて1日の遅滞も発生していない状態にするとか、給料日前に少しだけ借りて、給料日には完済するということを繰り返すことです。

このような利用をしていると、貸金業者からすると「借りた金額を計画的に返済してくれる」というように判断されることになりますので、申し込み時に記入した内容とは別のところで返済能力があるということを証明することが出来ます。

貸金業者からすると、申し込み時に記入する内容というのは、貸し付けをするまでのステータスの情報となりますので、これをアップさせることは上記でも紹介した通り非常に難しいです。

しかし、貸し付けをした後に判断される返済能力については、利用者の行動でアップさせることが出来ますので、短期間で借入を増額したい場合には、この方法がオススメとなっています。

貸金業者から設定される利用限度額の上限というのは、利用者の返済能力によって変動する仕組みになっています。

もちろん、利用限度額に関しては上限も定められていて、どれほどの返済能力があっても、設定されている以上は増額することが出来ないというケースもあります

しかし、基本的に初めて貸金業者を利用する際に設定される利用限度額については上限ギリギリまでに設定されるということはありませんので、安心してください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

利用限度額の増額を希望していても、貸金業者から増額を提示されるまでは何も行動することが出来ないと思っている人が多いですが、実際には自分の行動だけで利用限度額を増額することは可能です。

冒頭でも紹介したように短期間で増額の申告をするということは難しくなっていますが、3ヶ月~6ヶ月ぐらいの時間があれば増額の申告をすることは簡単になっています。

ただし、利用限度額の増額を申告した場合に承認されるのは貸金業者にとってメリットのある利用者だと判断された場合に限られていますので、返済を遅滞したり約定返済額以下の返済しかしなかったりすると返済能力が低いと判断されることになります。

そのため、利用限度額の増額を希望している場合には、貸金業者にとってメリットのある利用者だと判断されることがポイントです。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする