キャッシング・カードにおける『やってはいけないこと』一覧

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

“キャッシング・カード”の審査から利用において、通常では絶対に『やってはいけないこと』がいくつかあります。

「意図せずに気付いたら“やってしまって”いた……」
“やってはいけないこと”とあらかじめ分かっていたらやらなかったのに……」

――というような方も多いでしょう。

一覧表のように『やってはいけないこと』がまとめて記述されていたら、ひと目で確認できますから、『やってはいけないこと』をしてしまう方が減るかもしれない。

そこで、此度はキャッシング・サービス全般における『やってはいけないこと』をそれぞれ理由も添えて記述してまとめてみます。

これから利用しようとしている方、現在キャッシングを利用中の方は、ぜひ注意の参考に!!

キャッシング全般『やってはいけないこと』一覧

ウソ

現在の借入金について……。
借入金の使い道について……。
キャッシングの利用の有無について……など。

キャッシングを含め“借入サービス”を利用する方のなかには、さまざまな場面にて『ウソ』を併用してしまう方が多少います。

“借入サービス”の審査の折りに、現在他社から借入をしているにもかかわらず、『審査が通りやすくなるかも』という期待から「これまでに借入サービスを利用したことは一度もない」と述べる方も少なくありません。

「審査を通りやすくする」という自分の得と、「お金がかえって来ないのではないか、その心配・不安を会社側に与えない」という相手の得のため、真面目な方ほど、おもわず『ウソ』を利用するしてしまうのでしょう。

しかしながら、この『ウソ』という行為を、“借入サービス”と併用して頻繁に行うことは、非常に危険!!

その理由は――

そもそも、『ウソ』を利用したところで、その当人が得られる利益など、わずかな“自己・安心”程度しかありません。

“借入サービス”の審査の過程にて確認される「他社からの借入状況」というのは、あくまで形式上の確認であって、言ってしまえば『審査対象者がウソを吐くかどうか』調べる項目でもあります。

本来「他社からの借入状況」については、金融会社側が信用情報機関を通じて、該当者の『信用度』

をチェックする段取りになっているので、そのまま審査対象者の述べた事柄が鵜呑みにされることは決してあり得ません。

そのため、「他社からの借入状況」について『ウソ』を述べることは相手の信用度を下げるのみならず、信用情報機関に“新たな情報”として個人信用における『ウソ』の件が伝わってしまう可能性さえあります。

また借り

“キャッシング・サービス”は、一度契約さえ結んでしまえば、一定額までATMから自由に借り入れすることができます。

ATMで簡単に「借り入れ/返済ができる」という利点ですけれど、この便利な機能が悪い方向へ働くことも多々あるみたい。

その最たる実例が――
A社のカードに溜まってしまっている“借入金”をB社のカードから引き出した“借入金”で返済するという『また借り』です。

『また借り』をすれば、確かに返済期日に遅れてしまうこともなく、余裕をもって返済することが可能ですけれども、それはただの“埋め合わせ”に過ぎません。

同じことを繰り返していれば、無意味に利息を増やすばかりでなく、いずれとんでもない借金が溜まってしまった折りに、『また借り』では対処できなくなってしまうことでしょう。

ギャンブルへの投資

“キャッシング・サービス”の利点のひとつ――現金を借りることができるため『金銭利用の使い道』が明確にならない点があります。

借りたお金を有効的に利用せずとも、誰も咎める者はいません。

そのため、競馬やパチンコなどの不確実性の“ギャンブル”に用いたりなど、できるわけですが、この行為も非常に危ういです。

“借入サービス”は、あくまで自分の利益に代わる場合に、最後の手段として利用されることが本来の利用方法です。

しかし、ギャンブルというのは、不確実なうえ、綿のようにどこまでもどこまでも吸い上げますので、気付いたら手元にはただ多額の借金が詰まった“キャッシング・カード”が残るということがあり得ます。

実際に、“キャッシング”をギャンブルへ投資し、破産寸前まで自分で自分の首をしめる方も少なくないと言われているほどですから、絶対にギャンブルへの投資は避けましょう。

虚栄(ウソの見栄)

見栄の強い人に限って、家族や友人など、周囲の人々に対して「借入金なんてするわけないッ!」と、『借入サービス』の利用を隠すばかりか、かえって批判的な態度を示す傾向があります。

ウソと似ていますが、虚栄行為はすべてが“自分の得”のため。

家族や友人に対しての『見栄』――「借金をするなんて……」という虚栄的な発言は、多くの場合、周囲に対して嫌悪感を抱かせるだけです。

その理由は自慢と同様、自分はしないという心理から、意図せずに「お前のような奴はするかもしれないが」というような非難として相手は受け取ってしまうから。

周囲に嫌悪感をまき散らしていた、その本人が借金していたと周囲にバレてしまったとき、周囲からの信頼度が激減することはまず間違いありません。

そのうえ、周囲は反感を抱く傾向があるため、助けの手を差し伸べてくれるわけがないことは明らか。

実際的に、キャッシングの返済が困難と嘆く方のうち、意外にも『虚栄』による原因が多いのも事実です。

過度な借入により返済困難に陥らないためにも、ぜひ参考にしてみてください。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする