“キャッシング利用”を隠し通す―『親バレ』防止法!

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

“安定した収入”さえあれば、昨今、学生でも≪キャッシング≫の利用が可能となっています。

大学生や専門学生のあいだ――友人との付き合いやイベントなどへの参加も増えるため、“思わぬ出費”がかさむことも多々あるでしょう。

なかでも、地元を離れ“一人暮らし”で生計を立てている学生は、生活費と交遊費とを混合しやすく、知らぬ間に生活に必要な金銭を費やしてしまって『金欠状態』に陥る方も少なくありません。

自宅からの“仕送り”やアルバイトの“給与”を待つより前に、一足先に『お金を捻出したい!』そんなとき、便利なのが≪学生キャッシング≫です。

≪キャッシング・サービス≫を利用して「5万円」借り入れしたとしても、次の仕送りやアルバイト代で返済すれば良いのですから、そこまで利息が増えることはありません。

食費を極限まで節制した無理のある生活するよりも、“数百円程度の利息”を支払って、将来得るお金を『前借り』した方がいくぶん利口でしょう。

しかし問題もひとつ――その“キャッシング”の利用が両親にバレてしまわないよういかに上手く隠し通せるかということです。

≪キャッシング利用≫は隠すこと!?

「“キャッシング”を利用していることくらい親に言ってもかまわないだろう」

――まさに、その通りです。

大学生や専門学生というのは、勉強とともに“社会生活”を認識する場でもあり、そのなかにはもちろん『金銭管理』ということも含まれています。

身体は成熟した大人だけれども、精神の方はまだまだ子供――いわば“モラトリアム期間であって、その期間にどれだけ社会を学べるかが肝要ですから、≪キャッシングの利用≫は社会体験のひとつとしても重要となり得るでしょう。

ただしかし、それはあくまで客観的な見地からの意見であり、子供を勉強させるために学校へ通わせている“親の立場”からしたら、子供が交遊費に必要以上の金銭を費やしているなど『言語道断』

その親心を悟っている子供だからこそ――

「両親を心配させたくない」
「両親との関係に亀裂をいれたくない」
「両親の信頼を裏切りたくない」

――そんな想いから金欠状態を両親に打ち明けたり、“仕送りの過剰要求”をしたりもできず、最終的には≪キャッシングの利用≫をするしかないのです。

そのような経緯で利用し始めた≪キャッシング≫を両親に言えるわけがありません。

≪キャッシング利用≫『親バレ』だけは何としてでも避けなければならない

そこで此度は、そんな悩む学生たちに最適――≪キャッシング利用≫『親バレ』を防ぐ便利な方法をご紹介・ご解説します。

『親バレ』防止法

① 『貸付会社』に正直に伝える

「借り入れの件、『両親にバレたくない』ので、どうかご配慮していただけると助かります」

“貸付会社”に直接『親バレ』を避けるように懇願するという方法です。

もし、そんなことを頼んだら「面倒だ」「信用できない」と言われて、借り入れを断られてしまうんじゃないか……そう心配して『親バレ』を防ぐための協力をあおげない学生は少なくありません。

大学生・専門学生というのは、これから就職して働くうえに、両親の支えがしっかりある立場なため、“貸付会社”側からしたら、借り入れする当人たちが思っている以上に「優良顧客」として扱われます。

さらにまた、“貸付会社”側でも「学生が≪キャッシング利用≫『親バレ』を恐れていることを充分に理解している」ので、できることであれば協力を惜しまないというスタッフがほとんど。

そもそも“貸付会社”が確認したいことは「顧客の両親がキャッシング利用を認識・許諾しているか」ではなく、『顧客情報の正確性』についてのみです。

郵送や電話に関しても『顧客の情報が正しいか』を確認するための方策であって、決して当人を困らせようなどという、いやらしい魂胆はありません。

「借りてもらいたい」ために、貸付会社のスタッフは対応できる限りの範囲で“学生のキャッシング”をサポートしてくれます。

② 『郵便局留め』でこっそり利用

“電話”の応答に関しては、携帯電話などでどうにか個人的に対応できますけれど、問題なのは『郵送物』

有名な“貸付会社”などから『郵便物』が届けば、即座に『親バレ』という事態もあり得ます。

しかし、だからと言って、貸付会社のスタッフの方に『郵便物』に社名を記載しないでくれ」などと頼んでみたところで、さすがにそんな無茶な要望には対応しかねるでしょう。

そこで役立つのが『郵便局留め』で送ってもらうことです。

『郵便局留め』で書類を送ってもらえれば、当人が郵便局に足を運んで、直接手渡しで『郵便物』を受け取れるため、『親バレ』の可能性を極力避けることができます。

けれども、すべての

“貸付会社”

『郵便局留め』にサポートしているわけではありませんから、あらかじめ電話やメールでスタッフに確認しておきましょう。

※ 学生の≪キャッシング利用≫は、あくまで“必要最小限の利用”にしておきましょう。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする