≪個人信用情報≫キャッシング/銀行からの信用度を上げる方法

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

「自分自身の社会的な信用度って、どうやって決まっているの?」

キャッシングやカードローン、住宅・マイカーローンなど、“お金を借りるサービス”を利用するときは、おおまかに――

・職業
・年収
・個人信用情報

――上記の情報をもとに、是非の判断が行われます。

職業

職業については、まず「定職に就いている」か、「アルバイト/派遣社員」か、「無職」かの3つの段階で評価されます。

定職に就いている場合においても、主に『勤続年数/役職/就職先』によって、“融資できる金額”が変化しますから、油断してはいけません。

また、同じくアルバイト/派遣社員の場合でも、『勤続年数』により、“融資金額”が変化します。

そして、無職の場合においては、仮に「過去数十年にわたる勤続年数」を備えていたり、「就職の意思」があったりしても、あらたに融資されることはありませんので気を付けてください。
(※ 一部の融資企業を除く)

【評価】

信用度が高い

有名企業の社会人/公務員

社会人1年目

派遣社員

アルバイト

自営業

無職

信用度が低い

年収

大変俗っぽいですけれど正直な話、“お金を貸し出すサービス”の関係者の方は、人を『年収』で判断します。

『年収が高い人間』は信用度が高く、『年収が低い人間』は信用度が低いです。

たとえば、中小企業のプログラマーで、ほとんど休みなしで作業に徹しているAさんと、中小企業のセールスマンで、日々定時に帰宅するBさんがいたとします。

Aさん プログラマー 560万/年収
Bさん セールスマン 500万/年収

以上の場合、一般的な視点で見れば、会社にブラックっぽさがあるAさんよりも、会社にホライトっぽさがあるBさんの方が安定しているように見えます。

しかし、“お金を貸し出すサービス”の関係者の方は、その個人の背景などより、数万円でも『年収』が高い人のほうを信用するのが常。

あくまで、同じ中小企業の方を比較した場合であり、もしもBさんが大手企業に就職している場合は、信用評価が逆転し、『年収』が少なくともBさんの信用度がAさんの信用度を上回ります。

個人信用情報

社会的な視点から人の行為・行動の「信用度」を判断する場合――

すべて『金』で決定されます。

たとえばですが、Aさんという方が親友Bさんの恋人であるCさんを強引に奪い取り、駆け落ちしました。

そのとき、Aさんを取り巻く環境にある人々はおおかた「Aさんは酷い奴だ、信用できない!」と憤るはず。

Aさんの信用は地に堕ちたようなモノですが、社会的な視点からは、Aさんの信用度にはささいな変化もありません。

そしてまた、強奪・恐喝・殺人・暴行など、犯罪の限りを尽くしたDさんという方がいたとして、一般的視点から見れば「Dさんは危険な人」と思うのが普通。

しかしながら、社会的な視点から見たとき、犯罪をしていない一般人とDさんの信用評価にはほとんど変わりありません。

あまつさえ、犯罪をしたことのない無職と犯罪歴のある人間とで比較したとき、社会的な信用度は、犯罪歴のある人間の方が高くなります。

――ではいったい、どこでそんな『社会的な信用度』が決定されているのか。

それぞれ各個人の「信用」については、『信用情報機関』〔個人信用情報〕として記録されています。

【個人信用情報ってナニ!?】

個人信用情報というのは、その当人の『契約情報/借入・返済状況/金融事故情報/融資履歴など』、主に“お金に関係する情報”がまとめて記録されています。

借入・返済情報に関しては、利用してから5年間

自己破産などの情報に関しては、最大10年間まで記録。

また、金融事故(延滞など)の情報は、61日以上が記録されるようになっているため、61日未満の場合は記録されないシステムです。

日本に存在する正規のキャッシング・ローン会社または信販会社、銀行などはすべて『個人信用情報機関』に加盟することが義務であり、それぞれの〔個人信用情報〕を共有しています。

そのため、一度でも『金融事故』を起こせば、瞬く間に、当人の社会的な信用度が下降しますので注意しておきましょう。

信用度を上げるには?

質問:社会的な『信用度』を上げるには、どうしたらいいの?

このような質問を受けることが多々あります。

まず、上記でも説明した通り『信用度(信用の絶対値)』は、おおかた〔職業/年収/個人信用〕情報により決定されていて、この3つのうち、どれかひとつでも欠落していたら、その当人における『信用』はほとんどありません。

そうして、(信用の絶対値)を向上させるには――

・大手企業に転職
・昇格して役職を持つ
・勤続年数を増やす

――以上のいずれかの方法のみ。

しかしながら、そもそも(信用の絶対値)はほとんど不変のものですので、それほど気にする必要はありません。

注意すべきは『いかに信用度を低下させないかということ。

信用度を低下させないために必要なことは――

・仕事を辞めない
・金融事故を起こさない

一度、失った『信用度』はなかなか元に戻らないですから、借り入れすることよりも、返済することを念頭に置くよう気を付けましょう。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする