“キャッシング”に関する≪Wikipedia≫―用語&解説一覧

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

『キャッシング・サービスを始めるにあたって、分からないこと、知らない単語が多く、せっかく「利用しよう」と思っていても、出鼻をくじかれる結果に終わる方も少なくありません。

そこで『キャッシング・サービス』を初めて利用する方の視点に立ち、ウィキペディアを通じて、これから始めるための“最低限の知識と心構え”をまとめてみました。

――キャッシングを利用する方は、まず一読を推奨します。

≪キャッシング・分かり辛いこと解説一覧≫

キャッシングを取り扱う企業・機関について

“キャッシング・サービス”を取り扱う企業・機関は種類別に3種(消費者金融/銀行/信販会社)にカテゴライズされます。

「お金を借りられれば、それで良い」
――そう考えているキャッシング初心者・未経験者の方にとっては、現金を貸してくれさえすれば相手は神様だろうが、悪魔だろうが関係ないと考えていることでしょう。

しかし、“キャッシング・サービス(お金の貸付)”は、あくまで人と人との契約から成り立つ『取引き』であって、「貸してくれる人」をしっかりと選択しないことは借入人(借りる側)の失敗に繋がります。

よく用いられる過去の例で言えば、企業・機関には上記の3種以外にもうひとつ「闇金」という法外な機関が存在し、そこでは横暴な金銭の契約が幾度もあって、多くの人々が骨の髄までしゃぶり取られました。

「選択できる」のだから選択をする――それをしないことは“選択の放棄”であって、借入人は“損害”をこうむることになります。

さて、ここでいう借入人の“損害”とは?

選択しないことによる借入人の“損害”とは何かと言えば、それは主に『借入による利息』『目的達成への時間』

自分の目的に合わせて“貸付の企業・機関”を選択することで、何の選択もせずランダムに借りる企業・機関を選ぶことによる損害を防ぎ、自分に利益をもたらします。

それぞれの企業・機関の簡単な概要をまとめましたので、下記を参考に、借りる企業・機関を選択するようにしましょう。

[消費者金融(サラリーマン金融・サラ金)]

      ・審査が通りやすく借りやすい

      ・審査が速いので簡単に借り入れできる

      ・返済/借入方法の多様さが魅力

      ・年収の3分の1が借入限度

「明日にでもお金が必要」というような方に推奨されます。
利息に関しても、“利息制限法”という法律の範囲ですので、そこまで高くありません。

[銀行]

      ・審査が厳しい

      ・審査に少々時間が掛かる

      ・金利が低い

      ・借入限度の幅が広く、多くのお金を借り入れできる

特に急を要しないのであれば、借りるにあたって“金利は低い”方が良いに決まっています。
安く借りられるうえに借入限度も広い、それに「審査が厳しい」と言っても“模範的な市民”であれば、まったく問題ありません。
時間的余裕と常識/信頼を得ている人には、無論もっとも推奨されるキャッシングです。

[信販会社]

      ・審査が通りやすく速い

      ・審査の手続きが簡単

      ・クレジットカード持ちの方は簡単申し込みが可能

      ・借入限度額の幅が狭い

現代では、ほとんどの方が何かしらのクレジットカードを所有しているのではないでしょうか。
その“クレジットカード”に備えられている「キャッシング・システム」の貸付企業を指す場合、総じて『信販会社』と呼称します。
“クレジットカード”のサービスの一環で利用できる点で、審査が簡単かつ速い。
多額を借入するわけではないけれど、ほんの少し借りたい、というような方にベストなキャッシングです。

返済方法

キャッシングの“返済方法”はさまざまありましたけれど、昨今にいたっては約9割以上の企業・機関が『スライド式リボルビング方式』を採用しています。

しかし、“スライド式リボルビング方式”といっても、その方法はさらに多岐。

チェックすべきポイントを抑えておきましょう。

【ポイント①】「定額方式」か「定率方式」かをチェック!!

[定額方式]

借入残高に応じた返済“定額”を割り出し決定する方式。

(借入残高によって決まる)借入返済金+利息=返済額

ようするに、借入残高をもとに返済完了年数を割り出し、返済完了年数まで定額を支払い続ける方式です。

分かりやすく言えば、10万円を10年で返済し終わるとすると、『毎年1万円ずつ』返して行くことが決定するということ。

[定率方式]

借入残高に応じた返済“定率”を割り出し決定する方式。

借入残高×(借入残高によって決まる)定率+利息=返済額

こちらは、借入残高と定率の具合いによって、初めは大きく返済し、あとから返済額が減って行くという方式です。

分かりやすく言えば、10万円を10年で返済し終わるとすると、『初年は2万円でも返済完了の年には5千円の返済額』で済むということ。

【ポイント②】「元利方式」か「元金方式」かをチェック!!

[元利方式]

『借入金返済額』“利息を含ませて”支払い額を決定する方式。

支払い額-利息=借入金返済額

借入金に対する返済額に利息が含まれているため、月々の支払い額の変動が少ない代わりに、返済に充てられる金額が低くなるため、『返済が長引く』傾向があります。

[元金方式]

『借入金返済額』“利息を後足し”して支払額を決定する方式。

借入金返済額+利息=支払い額

借入金に対する返済額に利息を足す形式にて、月々の支払い額を決定するため、返済に充てられる金額が一定を保ちやすいですけれど、『当初の返済額が多くなる』傾向があります。

上記にて解説した企業・機関および返済方法を参考にして、ぜひ借入を始める際には役立ててみてください。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする