『キャッシング』における疑問―大手と中小企業・地方銀行の違い

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

疑問:≪キャッシング≫と言えばいくつかの有名な某消費者金融会社や大手銀行が思いつくけれど、中小企業や地域密着型の小規模な地方銀行で扱われている“キャッシング”サービスとは『どのような違い』があるのでしょうか。

――≪キャッシング≫を利用したいと考えている方が、誰しも一度は直面する『疑問』のひとつです。

しかしながら、大抵はこの『大手企業と中小企業との違い』をそのまま調べずにスルーしてしまいがち。

そうと言うのも、ほとんどの方はそれを“調べる必要性”を感じず――

「まぁ、大手の企業が安泰だろう」
「やっぱり、有名なところが無難だよなぁ」

――と、何となく“有名”ということで信じ、いくつかの『大手企業』の審査を受けて通ってしまうからです。

『疑問』をそのままうやむやにしてしまって、ただ純粋に「知名度」のみを頼りに“キャッシング・企業”を選択するというのは、決して間違いではありませんけれども、逆にまた決して正解でもありません。

それはもちろん、“某有名金融企業”などで≪キャッシング≫を利用すると――

<損をする>

――ということではありませんのでご安心ください。

本稿にて『疑問の解説』で述べる内容は、あくまで“大手金融企業”“中小金融企業”との「審査の違い」に重点を置いてご説明します。

大手金融と中小企業・地方銀行の違い

【審査】について

≪審査の通りやすさ≫

“某有名金融企業”“中小金融企業”において、もっとも顕著に現れる違い――『審査の通過基準』について。

……と、そのまえにまず、より“比較の違い”を分かりやすくするために『覚えておくべきこと』があります。

それは“審査情報の分類”について――

<借り入れ者ならびに当人の周囲の基本情報>

      ・仕事(勤務先や雇用形態など)

      ・年収

      ・年齢

      ・住居(所有情報など)

      ・財産(車や土地情報など)

      ・家族(簡単な収入や貯蓄情報など)

       ……etc.

<借り入れ者の金融情報>

      ・他社からの借り入れ状況

      ・過去の借り入れ情報

      ……etc.

<借入者の信用情報>

      ・これまでの“金融事故”の情報

      ・信用情報機関における当人の情報

      ・審査内容の正確性(虚言を吐いてないかなど)

       ……etc.

――『情報の属性』をキチンと把握できるよう大まかな3分類です。

しっかりと事細かに覚えておく必要性はなく、審査は『基本/金融/信用』の情報にて判断されているのだと記憶していれば問題ありません。

さてでは、次に『審査の通過基準』について解説します。

A社……大手金融企業
B社……大手金融企業
C社……中小金融企業
D社……中小金融企業

――4社の大手/中小金融企業を例に挙げて、比較解説をしてみましょう。

※ 下記の数字は“審査の重要度”を示しています

[A社]の通過基準

①<借り入れ者ならびに当人の周囲の基本情報>

②<借入者の信用情報>

③<借り入れ者の金融情報>

[B社]の通過基準

①<借り入れ者ならびに当人の周囲の基本情報>
①<借入者の信用情報>

②<借り入れ者の金融情報>

ご覧のとおり、大手金融企業では、借り入れ者個人の『基本・信用情報』を主に“重要視”する傾向があります。

現在では“総量規制(年収の3分の1以上は借り入れできない)”などの賃金業法がしっかりしているので、仮に他社から「借り入れ」をしていたとしても、それが“総量規制”内であれば『問題ない』と解釈・判断ためです。

しかし一方、中小金融企業では――

[C社]の通過基準

①<借り入れ者の金融情報>

②<借入者の信用情報>

③<借り入れ者ならびに当人の周囲の基本情報>

[D社]の通過基準

①<借り入れ者の金融情報>

②<借り入れ者ならびに当人の周囲の基本情報>
②<借入者の信用情報>

――と、大手金融企業とはまったく真逆の“通過基準”を設けています。

何故、このような形態をとっているか、と言えば、それは他の金融企業と併用して借り入れされている方が“金融事故”などを起こした場合、そのシワ寄せが中小金融企業に押し寄せてくる可能性が極めて高いからです。

上記にて述べたように“お客側から次々に申し込みをしてくる”大手金融企業と違って、中小金融企業は『利益』をどう増やすかよりも『損害』“いかに抑えるか”に重点を置いているため、このような“審査・通貨基準”をとらざるを得ないのでしょう。

さらにハッキリ言ってしまえば、そもそも中小金融企業に借り入れを申請する方の多くは、“大手金融企業の審査に落ちてしまった人”であって、「(金融事故を起こす可能性のもっとも低い)最優良顧客」のほとんどは大手にとられてしまっていることも原因のひとつ。

――しかしながら、だからと言って『中小金融企業』『大手金融企業』において完全に劣っているということはなく、“金利など”は対して大手も中小もほとんど変わりがありませんので、好みの方を選択すると良いでしょう。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする