≪キャッシング≫と≪カードローン≫の違い―比較解説!!

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

――お金(現金)を借りたい。

そう思い立って、いざ“借り入れ”を利用し始めようとしたとき、おそらくまず目につくのが≪キャッシング≫≪カードローン≫という単語だと思います。

≪キャッシング≫については“キャッシングカード”という単語から連想される通り、『お金(現金)を借入できるシステム』と理解できる方が多いですけれども……、

≪カードローン≫

については「?」と思う方が意外にも多い。

そのうえ≪カードローン≫は、やはり“ローン”と付くから「住宅ローン」「自動車ローン」などと同様、高額な商品を購入の際に役立てる『債権・借り入れるシステム』と誤解する方も少なくありません。

しかしながら、実のところ≪カードローン≫≪キャッシング≫と同じく、『お金(現金)を借入できるシステム』です。

――では、どこがどう違うのか?

名称がまったく違うのに“概要がまったく同じ”なんて、そんなややこしいことがあるわけありませんよね。

もしも、概要がまったく同じであったなら≪キャッシング≫か、もしくは≪カードローン≫のどちらかの名称ですでに統一されているはず。

――“違い”が気になる……。

そんなわけで此度は、≪キャッシング≫≪カードローン≫の違いについて、それぞれの情報をもとに徹底的に比較解説します。

キャッシング・カードローン違いについて

※ 下記のキャッシング・カードローンの概要は、あくまでサンプルです。

キャッシング(サンプル社)概要

    • 融資可能額:500万円まで

    • 返済方式:残高スライド元利定額返済方式

    • 金利:18.0%/年率

    • 金利適用方式:単一金利

    • 遅延利率:20.0%/年率

    • 使途:自由

    • 担保・保証人:不要

    • 返済期間:最長6年9ヵ月

    • 返済回数:1~80回

    • 提出書類:本人確認書類・収入証明書

カードローン(サンプル社)概要

    • 融資可能額:300万円まで

    • 返済方式:元利定額返済方式

    • 金利:18.0%/年率

    • 金利適用方式:単一金利

    • 遅延利率:20.0%/年率

    • 使途:自由

    • 担保・保証人:不要

    • 返済期間:最長10年

    • 返済回数:1~120回

    • 提出書類:本人確認書類・収入証明書

――“違い”は、お分かりでしょうか?

    • ≪キャッシング≫

    • 融資可能額:500万円まで

    • 返済方式:残高スライド元利定額返済方式

    • 返済期間:最長6年9ヵ月

    • 返済回数:1~80回

    • ≪カードローン≫

    • 融資可能額:300万円まで

    • 返済方式:元利定額返済方式

    • 返済期間:最長10年

    • 返済回数:1~120回

≪キャッシング≫≪カードローン≫とでは、上記4点に“差異”があります。

まず『融資可能額』について……

「カードローンの方が、融資可能額が高い設定じゃないの?」
――そう疑問を抱かれた方が多数いらっしゃることでしょう。

確かに、従来までの≪キャッシング≫≪カードローン≫であったなら、≪キャッシング≫“小口融資”、それに対して≪カードローン≫“大口融資”というような認識が一般的でした。

しかしながら昨今では、≪キャッシング≫の方が『融資可能額』が比較的に高く設定されています。

その理由のひとつが、賃金業法の“総量規制(当人の年収の3分の1以上は借入できない仕組み)”が設けられたこと。

年収300万の人であれば、消費者金融にて借りられる『借入可能額』≪キャッシング≫であれ≪カードローン≫であれ“最高100万円まで”。

簡単に言えば消費者金融側が≪キャッシング≫でも≪カードローン≫でも、“総量規制”がある限りほとんど変わりないため、どちらにしろ『融資可能額』をそれほど気にしなくなったということです。

そして、もうひとつ理由がありますが、それに関しては下記の≪まとめ≫にて解説します。

次に『返済方式』について……

「残高スライド元利定額返済方式」「元利定額返済方式」の違いは、おおまかに言えば今後の“返済計算の仕方”です。

残高スライド元利定額返済方式というのは、現在の借入総額と照らして“毎月定められた額”を決定し支払う方式。

元利定額返済方式というのは、“定められた一定の額”を支払い続ける方式。

何やらややこしくなってしまいましたが、ようするに以上ふたつの≪違い≫は、“スライドするか否か”

そうは言っても、あくまで元となる原型は「元利定額返済方式」であり、「元利定額返済方式」にて『定額』と解釈されているのは“残高に対する一定の額”を示していて、「元利定額返済方式」であっても残高が減って行けば自然と“支払い返済額”も変動します。

そして「残高スライド元利定額返済方式」になると、「元利定額返済方式」“残高に対する一定の額”の区分けがより大雑把になり、ざっくりしているためスライド式というような具合い。

(どちらも長期支払い目的の返済方式ですが)どちらかと言えば「元利定額返済方式」の方がより長期間に渡って支払うことに適した方式です。

『返済期間/回数』について……

見ての通り、どちらかと言えば≪カードローン≫の方が“長期の支払い”を目的としたシステムであることが分かります。

まとめ

≪キャッシング≫≪カードローン≫――従来はそれぞれのシステムに大きな差異があり、“目的と形式”によって名称を変えていましたけれども……

現在に至っては、どちらもほとんど≪変わりありません≫

人や会社によって、言い方を変えているだけで“中身は同じ”です。

日本語では「金」、アメリカでは「MONEY」というような、ただの“言葉の違い”ですので、ご安心ください。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする