【電子明細サービス】『キャッシングの利用』が家族にバレない方法

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

1

嫁「これなに? これって有名なキャッシング会社からの手紙にはなんだけど」

もしも、仕事から帰宅して開口一番、隠れて使っていた『キャッシングの利用』について問われたら……。

仕事の疲れと日々不服を感じているお小遣いの少なさがあいまって、ついつい——

「俺が働いて返すんだから、お前には関係ないだろ!」

——なんて、怒鳴ってしまうかもしれませんよね。

たった一言、怒鳴ってしまっただけ……しかし、その一瞬の過ちから、〔離婚〕してしまう夫婦も少なくありません。

それにまた、逆のケースで——

旦那「使ったおボエのないキャッシング会社から手紙来てるけど……」

——旦那さんにこっそり隠れて利用していた『キャッシングの利用』が、ある日、唐突もなく旦那さんにバレてしまって、あわや大惨事。

最近では、(職業に就いていない)主婦でも利用できるキャッシングが増えているためか、前者よりも後者の〔お嫁さんが勝手にキャッシングで散財してしまう〕ケースが各家庭で頻発していて、問題視さえされています。

上記ふたつの例においても“共通する点”があり、それは——

嫁または旦那に[キャッシングの利用がバレなければ丸く収まった]ということ。

借金だって、それほど溜め込まない限り、いつかは消滅します。

バレなければ誰も傷つかず、すべてが丸く収まったはずなのに、それが一通の『明細書』で露見してしまうなんて……なるべくなら、そんな悲劇は避けたいところ。

そこで、『キャッシングの明細書』を隠蔽(隠すこと)する方法と、家族バレによる惨事を防ぐ〔先に手を打つべきポイント〕についてご解説します。

≪電子(WEB)明細サービスってなに?≫

〔電子(WEB)明細サービス〕というのは、『公式WEBサイトから明細書を確認できる』サービスです。

「そんな面倒なことしてくれるの?」

そう思われる方も多いですが、今やインターネットが主流の時代、手紙で送る場合には印刷代や郵送代などが掛かりますが、電子(WEB)明細サービスの場合には、それらもろもろの費用が削減できます。

そういった事情もあって、サラリーマン金融や銀行などが率先して行なっており、昨今では、ほとんどの企業が設けているサービスのひとつです。

≪どうやって利用できるの?≫

電子(WEB)明細サービスを利用できるかチェック

利用しているキャッシングの公式WEBサイトにアクセスして、マイページから明細書の設定などにアクセスすることで、電子(WEB)明細サービスを利用できるか判断できます。

よく分からないという方は、[利用しているキャッシング会社または銀行名 + 電子(WEB)明細サービス]でインターネット検索してみてください。

検索でヒットすれば → 電子(WEB)明細サービスを利用できる
検索でヒットしなければ → 電子(WEB)明細サービスは利用できない

≪先に手を打つべきポイント≫

『明細書』を隠蔽できたからと言って、気を抜いてはいけません。

キャッシングを利用し借金がある状態というのは、言ってしまえば、ほころびがある状態です。

それがいつどこでほどけて『キャッシングの利用』がバレてしまうか、それは誰にも分かりません。

家族で大喧嘩にならないためにも、先に〔手を打つべきポイント〕についてまとめました。

・借金を溜め込まないこと

——借金が残っていると、どうしてもバレる確率が高くなります。

借りた分は、その月または次の月に全額返済するよう意識しておきましょう。

・キャッシングの使い道ノートを作成しておく

——キャッシングの件で怒る方は、一般的に借金の額よりも『無断で借金をし、それを隠していたこと』に対して怒りますから、ちゃんと全額返済していても油断は禁物。

相手がカンカンに怒っているときでも許してもらえる秘訣は、「反省していること」「相手のためを想う理由があったこと」このふたつが揃った場合です。
まず態度では反省しているようすを作り、あらかじめ作成しておいた[キャッシングの使い道ノート]を見せます。

そして「家計上どうしてもキャッシングが必要で、あなた(相手)に家計における心配を掛けたくなかった」と言いましょう。
一般的な常識ある相手であれば、それで納得してくれるはず。

ただし、[キャッシングの使い道ノート]に書かれている内容が正当性がある場合のみ有効です。
[キャッシングの使い道ノート]『パチンコ』と書かれていては、火に油を注ぐ結果になるので気をつけてください。

・関連した手紙を拒否しておく

——サラリーマン金融などを一度でも利用すると、キャッシング・カードローン関連の手紙が稀に届くことがあります。

鈍い相手であれば問題ありませんけれども、勘の鋭い相手の場合「何で一度も利用したことがないのに、こんな手紙が届くのだろう?」と疑問を抱き、「もしや……」と疑われることがなきにしもあらず。
実際、こういったところから配偶者にバレてしまうケースも少なくありません。

サラリーマン金融などを利用した場合には、あらかじめ貸付会社に「新規サービスの連絡や金利の変動など、もろもろの手紙は受け取りません」と伝えておきましょう。
ひとこと言っておくだけで、バレる可能性が大幅に下がりますから、ぜひ実践してみてください。