『キャッシング審査』の手順と審査通過への手引き!一発審査クリア!

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

Q:何度「申請」しても“キャッシング”の審査が通りません……いったい、何が原因なんでしょうか?

たびたび、以上のような質問をうかがう機会があります。

<審査通過>

<審査落ち>

……このふたつのあいだにはどのような壁が設けられているのか、ご存知でしょうか。

上記のご質問くださった方たちに“私なりのアドバイス”をお伝えしたところ――ほとんどの方々から

「審査が通った!」

と吉報のご返信を頂きました。

そして、その中の複数人の方たちから

「どうせなら、審査手引きアドバイスとしてまとめてくれ!」

とご要望を受けましたので、此度は“審査の手引きガイド”としてまとめてみました。

これから『キャッシング審査』を受けようとする方は、ぜひ参考のために、一読してみてください。

キャッシング審査について

『敵を知り己を知れば百戦殆からず』

――古来、中国の孫子の歴史書に記されている有名なことわざです。敵のことをよく知れば、それだけこちらの“勝利”に繋がるという意味。

「審査」を通りたければ、まずは“相手(キャッシングサービスを提供している企業)およびキャッシング・サービス”をよく知り、よく理解することが肝要です。

そこで、キャッシングを利用するためには絶対に乗り越えなければならない“キャッシングの審査”について、ご解説します。

≪キャッシング審査の流れ≫

以下の“審査基準”に関しては、実際に某金融業にて審査を務めている方からの情報をもとにしております。

個人情報審査

まず、“信頼度の審査”と呼ばれる個人情報審査では主に、審査対象(あなた)の――

      年齢

      性別

      職業

      連絡先

      結婚の有無

      借入金の利用方法

      他者のお借入れ状況

――などについて問われます。

年齢:
「年齢」にてチェックされるのは、これから借入したとして、返金までの期待値がどれだけ高いか、ということが審査されます。
比較的に働き盛りの“30~40代”の年齢層がもっとも借り入れ審査が通りやすいですけれど、“30~40代”であっても言葉がハキハキしてなく、また定職にも就いていなければ、かえって評価を下げられてしまいますから注意しましょう。

性別:
上記の「年齢」と併せてチェックされるのが、「性別」についてです。
男性の場合の年齢については山なり、中間層がもっとも高評価を得られますけれど、女性の場合は右肩下がりで、年齢を重ねるほどに評価が下がります。

結婚の有無:
「結婚の有無」については、主に“女性にとって有利になる評価を得られる項目”です。
結婚されている場合は、評価が高く信頼度が上がり、独身高齢の場合は評価が低く信頼度が下がります。
男性の場合は、ほとんど既婚でも未婚でも同じ程度の評価ですけれど、どちらかと言えばお金に自由の利く独身の方が評価が高い模様。

他社のお借入れ状況:
“第一審査”の評価を分けるほとんどの要素は、「他社のお借入れ状況」にて審査されます。
「他社のお借入れ状況」では、審査対象者(あなた)の信頼度・信用度のチェックが主です。
どのようにチェックされるかと言えば、返済への信頼/借入への信頼/他社の信頼などで判断されます。

例:
件数 1件
借入金 50万円

この場合、最大金額である“50万円”まで借り入れしている点から察するに、他社の金融企業に“大きく信頼”されていることが分かります。
よく誤解されがちですけれど、「すでに多額の借り入れしている」という理由で審査落ちされることはありません。
多額の借入れをしていることは、他社にて“信頼されている証拠”となるわけですから、まずは審査を受けてみましょう。

さらに――

例:
件数 3件
借入金 23万円

上記の例の場合のように、「多くの企業から借り入れしている」という理由で審査落ち判断されることもありません。
この場合では、複数の会社から少額しか借り入れできていないようすにも見えますが、借入した期間からちゃんと返済していることを察してもらえ

“優良顧客”

と判断されます。

しかし――

件数も借入金もともに多く、まだ“ほとんどが返済できていない状況”の場合は、低い評価にて判断されます。

そしてまた、「件数も借り入れ金もデタラメ」の場合には、ほとんど信用・信頼が得られなくなりますので注意しましょう。

のちのち、申請の折りに記入された内容は、“消費者情報機関”と言われる団体を通じて「不一致」がないかを診断されるシステムになっています。
マイナンバー制度も実地されましたので、いつわり(ウソ)を述べたところで絶対に通用しません。
まして、審査途中で虚言(ウソ)を述べることは、“第二の審査”にて問われる「信用・信頼」という項目にヒビを入れることになりますから絶対に避けましょう。

ただし、虚言(ウソ)ではなく、虚栄(実際より大きく見せること・見栄を張ること)ならば「審査を有利に運ばせる」ことができますし、大いに推奨しています。

審査を有利に運ぶ手引き

たとえば――

質問「あなたは信用にたる人物ですか?」

この質問に対して、真面目に

「自分を信用してはいけません。ウソを吐くことがあります!!」

などと正直に答えても、かえって相手(審査員)に不信感を抱かせるだけです。

こういった場合には、仮にホンネではなくとも

「私は信用にたる人物です。人の信頼・信用を裏切る行為をもっとも恥ずべきものと存じております」

などと答えれば、言葉のうえだけでも、質問者は審査対象(あなた)に対して好感を抱くということは言うまでもありません。

そして、審査を良く運ぶためにもっとも利用できる項目――それは“借入金の利用方法”です。
この項目のみが、言ってしまえば“照らし合わせること”ができず、審査対象者(あなた)が自由に書き込める項目でもあります。

職業欄に「無職」と記述しなければならない方が、ここで正直に「生活費」と記述すれば、その「生活費」が無くなったら……という先行きが見えませんから審査落ちすることは、火を見るよりも明らか。
しかし、この項目欄に「就職活動費」などと記入すれば、これから就職し、返済までの見通しがありますから“審査に通る可能性が格段に高くなる”というわけです。

また、筆記による郵送「申し込み」の折りには、“字の綺麗さ(真摯さを判断)”などもチェックされることがありますから注意してください。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする