自分で“キャッシング審査”を採点!?―お試し審査チェック!

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

『お試し審査』では「ご融資可能と思われます」と出て期待していたのに、実際の審査をうけたら「今回はご希望にそえません」……。
本審査で“融資の可/否”が変わるんなら、『お試し審査』なんて必要ないじゃないか。

――こんな不満を抱いたことはありませんか?

実は、こういった案件は多々あって、中には直接“消費者金融”の支部に足を運んだり、電話で「お試し審査では通ったのにッ!!」と苦情をおっしゃたりなどなさる方も……後を絶たないようです。

意見としては――

お客側  :

      『お試し審査』では通過したぞッ!

金融企業側:

    あくまで“お試し”なので……。

――といった具合い。

どちらも“間違ったこと”を言っているわけではなく、もっともな意見なので、双方のどちらかの意見だけを尊重して、解決することはおそらくできないでしょう。

ただお客側のみをヒイキして言うならば――

「無駄な期待をさせるなッ!!」

――ということを、声を大にして言いたい。

“3秒で審査可能”“簡単審査”などと強調している『キャッシング企業・公式サイト』は多くありますけれど、「間違った期待」を与えられるだけなら、かえって時間の無駄です。

金融会社:『お試し審査』というのは、あくまで“お試し”の簡単審査です。お客様の情報と照らし合わせ、ご融資可能かどうかを判断する本審査とは違いまして、審査の最低基準にて“審査を通る可能性”をお客様自身がみずから判断するものであって……

――このような屁理屈は、もうウンザリ……ですよね。

そこで、これまでキャッシング審査を受けた方たちの多数の意見と情報をもとに、精確性の高いオリジナルの≪キャッシング審査・判断表≫を制作してみました。

“キャッシング審査”を受ける前には、ぜひ一度、『審査の可/否』をチェックすることに利用してみてください。

≪キャッシング審査・判断表≫

〔個人〕――当人のみの基準

      ①年齢(20~40代ならば1点/60代以上は-1点)

      ②性別(男性ならば1点)

      ③婚姻の有無(男性未婚ならば1点/女性婚姻ならば1点)

      ④障害の有無(障害の重さにより変動)

      ⑤金融事故の有無(あれば-2点)

〔財産〕――当人の所有物における基準

      ①不動産(価値のある住居もしくは土地があれば1点)

      ②車(価値のある車両があれば1点)

      ③貯蓄(数十万以上あれば1点)

      ④借金(借り入れしていなければ1点/数万円以上借り入れしていれば-1点)

〔職業・仕事〕

      ①収入(年収300万以上であれば1点/年収5万以下であれば-1点)

      ②勤務先(大手企業または公務員であれば1点)

      ③雇用形式(正社員であれば1点/自営業であれば-1点)

      ④勤続年数(3~5年以上であれば1点)

上記の審査判断では“合計○点以上”なら審査に通過ということではありませんので、ご安心ください。

まずは、〔個人〕〔財産〕〔職業・仕事〕の枠組みごとの“審査基準”の点数を出してみて、それを紙にメモしておきましょう。

――いかがでしたでしょうか?

〔個人〕〔財産〕〔職業・仕事〕の枠組みごとにそれぞれ『2点以上』であれば大方の消費者金融ならびに銀行などで、≪キャッシング≫審査に通過することは、ほぼ間違いありません。

では、以上にて述べた“審査基準”について、ひとつひとつご解説します。

≪キャッシング審査・判断表≫【解説】

〔個人〕――当人のみの基準

①年齢(20~40代ならば1点/60代以上は-1点)
20~40代は、いわば“働き盛り”
「仕事がない」と言われている現代でも、20~40代は就こうと思えば“アルバイト”での雇用があるので、審査ではもっとも高評価。
しかし60代以上ともなると、手に職がついていれば問題ありませんが、ほとんどの方は若い折りからの会社勤めが基本ですから再就職が難しいため、審査での基準は低くなります。

②性別(男性ならば1点)
「女性だから……」ということはありません。
ただ「男性ならば」という意味で、審査通過基準では男性の評価が高いです。

③婚姻の有無(男性未婚ならば1点/女性婚姻ならば1点)
男性が未婚であれば収入をそのまま利用できるので高評価。
そしてまた婚姻した女性は、一般的に“家計を握る”ことができるので高評価。
ようするに、金銭を自由に使える立場にあるかどうかが問われます。

④障害の有無(障害の重さにより変動)
『お金』を理解できなければ借り入れは不可能です。

⑤金融事故の有無(あれば-2点)
過去に金融事故を起こしていれば、借り入れは非常に難しくなります。

〔財産〕――当人の所有物における基準

①不動産(価値のある住居もしくは土地があれば1点)
『売れないような住居や土地』では“1点”得られませんので注意。

②車両(価値のある車両があれば1点)
動かなくなったスクーターなどは点数に加えられません。

③貯蓄(数十万以上あれば1点)
貯蓄があっても、理由あって≪キャッシング≫を利用する方は多くいます。
貯蓄が多ければ、それだけ信用も高いことは言うまでもありません。

④借金(借り入れしていなければ1点/借り入れしていれば-1点)
借りている額よりも「すでに借りているかどうか」がポイントになります。

〔職業・仕事〕

①収入(年収150万以上であれば1点/年収5万以下であれば-1点)
年収の3分の1以上は借り入れできない「総量規制」により、だいたい年収の3分の1が『50万』以上であれば評価が高いです。

②勤務先(大手企業または公務員であれば1点)
“安定しているかどうか”がポイント。

③雇用形式(正社員であれば1点/自営業であれば-1点)
こちらも“安定しているかどうか”がポイントとなっています。

④勤続年数(3~5年以上であれば1点)
目安としては3~5年以上勤続していれば、社会的信用が高くなります。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする