≪自動返済≫キャッシングの口座引き落とし機能について

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

「あッ! そう言えば今日は、キャッシングの返済日だった……」

誰もかれもというわけではありませんが、人って不思議なもので——

自分が[お金を貸したこと]はいつまでも忘れないのに
誰かから[お金を借りたこと]はすぐに忘れてしまう

——そんな都合のいい思考傾向の方が多いです。

ともあれ、たとえ「返済日」を忘れていたとしても、気付いた後、ちゃんとお金を返済さえすれば何も問題はありません。

しかしながら、上記のような都合のいい思考の持ち主は、ともすれば——

「まぁ、明日返せばいいや」

——という考えに落ち着く可能性が高く、最悪の場合、そのままズルズルと返済を延ばして、金融事故を発生させてしまう方もなかにはいます。

そもそも、キャッシングで金銭を借りるのはたかたが1〜5万程度、多くて30〜50万程度。

3日返済が遅れてしまったとき〔延滞遅延金〕は前者で16〜82円程度、後者で493〜821円程度であり、たいして高い額ではないことが、返済に対して軽い気持ちになってしまう原因のひとつ。

さらにまた、金融会社から「返済催促」がかかってくる時間帯も、一般的なサラリーマンの就業時間とかぶってしまっているため、働いている方はその電話に応答できない場合がほとんど。

さらに、数日〜数週間程度の返済遅滞は『金融事故』の対象ではないため、いわゆるブラックリストに記載されることも、だいたいの場合においてありえません。

本当に『返済遅滞』を取り締まるのでれば、1日遅れただけでブラックリストに入れたり、厳重な注意をしたりだってできるはず。

それなにもかかわらず、ここまで『返済の遅滞』について配慮されていると、なんだか以下のような疑問が浮かんできませんか。

——金融会社は、顧客(実質的な返済能力のある人)『返済遅滞』をなかば容認しているのではないか?

ようするに、実際的に金融会社からしたら、顧客が『返済遅滞』をしてくれた方が儲かりますし、もし返済がずっと滞っても最終手段としては〔給料の差し押さえ〕ができるわけです。

一方、返済遅滞を繰り返すお客の心理は——

「返済が遅れても困るのは自分ではなく、金融会社の方だろう」

——というような、金融会社に対する無意味な優越感を覚え、“借金の返済”に直接的な責任感を抱いていない方が多数。

このような無責任な傍観者的思考では、相手の思惑通り『金融遅滞』をわざとさせられているとも考えられます。

そしてまた、実は〔少しずつ搾取されていること〕にも気付かず、『返済遅滞』を顧客の特権だと勘違いしている方も少なくないでしょう。

「搾取されてたまるもんか! 絶対に期限にピッタリ返済遅滞してやる」

そのくらいの強い責任感を、[借金]に対して抱くことが、今後『返済遅滞』を起こさないためのポイントです。

そこで、なるべく『返済遅滞』をせずに済むオススメの方法〔口座・自動引き落とし〕についてご解説します。

〔口座・自動引き落とし〕ってなに?≫

所有する銀行口座を、契約しているキャッシング会社に伝えることで、毎月決まった日に借り入れした額が銀行から自動的に引き落とされるシステムです。

借入時
自分 ← 金融会社

返済時
自分 → 銀行 →金融会社

——というような具合に、銀行がキャッシング会社と自分とのあいだを入って、自分の代わりに返済手続きを済ませてくれます。

〔口座・自動引き落とし〕のメリット≫

・なるべく返済遅滞を起こさず済む

——一番のメリットは、やはり『返済遅滞』を起こさずに済むこと。
大部分の方は従来の通り、ATMから借り入れして、ふたたびATMに返済する一般的な方法でキャッシングを利用しています。
返済日にわざわざATMに寄って、[財布からお金を取り出し返済する]行為こそ、返済が面倒だと感じさせる諸悪の根源。
携帯電話や光熱費などと同様、利用した分が銀行から勝手に引き落とされてくれれば、これほど楽なことはありません。
しかしながら、この『自動引き落とし』機能の知名度の低さに比例して、このシステムを利用している人は、未だ少ない傾向にあるのが残念。
手続きもそれほど難しくないですから、キャッシングで『返済遅滞』を起こしてしまいがちな人は、ぜひ利用してみてください。

・自分が忙しい時でも返済手続きをしてくれる

——返済したいけど仕事が抜けられないなど、都合が悪く返済することができないとき、『自動引き落とし』に登録しておけば、返済が遅れてしまうことへの未練や不安などを抱かずに済みます。
これについては実利的ではありませんが、精神的な利益という意味で、あのモヤモヤとした「返済の束縛」から解放されるだけでも、『自動引き落とし』に登録する価値があるのではないでしょうか。

≪まとめ≫

これまで『返済遅滞』でトラブルを起こした何人かの方に「なぜ期日を守って返済しないのか?」と質問したところ、トラブルを起こした方々は口を揃えたように「返済が面倒だった」と答えました。
その次に「では、自動引き落としを利用していないのはなぜか?」と質問したところ、これまた口を揃え「そんなの知らない」と返答。
『自動引き落とし』登録は、利点が多数あれど、実害的な欠点はなに一つありません。
デメリットがないシステムがせっかく設けられているのですから、どうせなら活用してみてはいかがでしょうか。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする