【無職でキャッシング】職業に就いていなくても審査に通る裏ワザ!?

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

此度は、「無職でどうやって返すの?」「無職だから債務整理でもするの?」などと、借りた後のことをまったく考慮せずに、ただただ消費者金融や銀行などから“キャッシング審査に通るための裏技”についてご解説/ご紹介します。

※ 無職でのキャッシング利用を推奨しているわけでは決してありません。

≪キャッシング審査に通る基準≫

裏ワザ紹介の前に、まずは前提となる“キャッシング審査の基準”についてご解説します。

「なんで審査に落ちたのだろう?」
「基準はクリアしているはずなのに落ちた原因は?」

そういった疑問の真相を知るために、一度は下記をご精読お願いします。

[審査の基準]

・収入……基本的に年収38万以上(継続的な仕事での所得)

キャッシング審査でもっとも重要視されるのが、安定した所得(収入-経費=所得)を維持できているか、ということ。
38万以上というのは、税金において家族からの扶養から外れる収入額であり、自立できる最低限の所得とされています。

・仕事……簡単にクビにならない安定した職業

審査で求められる仕事とは、概念的に“長期的に就業できる職業”のことを示しています。
ちまたでは、(収入 > 安定性)と言われていますけれど、実際は(収入 < 安定性)が基準です。
そのため、年収300万の事務職公務員と複数のバイトを掛け持ちして年収500万のフリーターの場合、前者の方が高く評価されます。

・借り入れ情報……借金があるかどうか/正当な理由の借金か

審査の対象者に現在『借金があるかどうか』『正当な理由の借金か』を審査されます。
まず大前提に、“複数の場所から多数の借金をしている方”は、キャッシングの審査に通過することは一部の方を除いてできません。
仮に多額の借金があったとしても、住居ローンや車ローン、奨学金ローンなど、正当性のある理由がある場合は審査に通過できます。

・社会的信用度……社会的信用を欠如していないかどうか

金融事故(借り入れの債務整理や返済の遅延など)を起こし、信用情報機関に名前が記録されてしまった場合、キャッシング審査にて不利になります。
また、暴力団(反社会的勢力)などに参加していたり、犯罪歴があり名前がインターネット上に記載されてしまっていたりなど、社会的信用が欠如している方の場合、キャッシング審査に悪影響を及ぼしますので注意してください。

[その他の原因]

・ウソを記述

キャッシングというサービスは、お金を商品として扱い、それを貸して返してもらう“信用取引(商売)”です。
信用を絶対条件においた取引であるため、虚偽(ウソ)を吐く人は、基本的に取引対象ではありません。
審査の際の記述内容(年収や仕事など)にウソを記述し、そればバレてしまった場合、いくら安定した収入・仕事があっても審査で落とされる可能性があります。

≪無職でキャッシング審査に通る裏ワザ≫

① 個人事業主になる

『個人事業主』というのは、“会社などの法人ではなく、個人で開業している職業”のことを示しています。
例えば、YouTubeを利用してアフィリエイトサービスで稼いだり、自宅をカフェに改築して開店したりなど、個人による事業のこと。
『個人事業主』は稼ぎがなくても開業届(個人事業の開廃業等届出書)ひとつでなることができる上、今後は職業欄に記入することができます。
『個人事業主』をターゲットにした消費者金融も多くあるので、まったく収入がない状態であってもキャッシング審査に通過できる可能性が大幅に上がるわけです。

② 会社を設立する

上記の『個人事業主』よりも面倒な手続きを踏まなければなりませんが、会社を設立すれば、それだけで社会的信用度が大幅に上がります。
会社設立には、自分だけでもなれますし、資本金に関しても1円だけで問題ありません。
『個人事業主』と同じく、会社設立者や法人を対象にした消費者金融を利用できるため、無職でいるよりもキャッシング審査に通りやすくなります。

③ 無名の会社に入社する

あまり知られていませんけれど、履歴書の空白期間をなくすためであったり、見せかけのためだったりなど、給与は払われないけれど『雇われているカタチ』にするグレーゾーンの会社が実在します。
そう言った会社に入社し、会社員という形式を得られれば、無職のまま職業に就いた社会的な信用が手に入るわけです。
消費者金融や銀行などは、審査対象者の体面を審査するわけですから、無名であれ会社に属していれば審査に比較的簡単に通過できます。

④ 頼れる人物にお金を銀行に振り込んで貰う

『お金を受け取る』というのは、基本的にどんな形であれ問題ありません。
頼れる人物に、自分の銀行に定期的にお金を振り込んでもらいましょう。
その振り込んでもらったお金を(給与)ということにし、雑所得として確定申告することで、表面上では定期的な給与を得られたカタチになれるわけです。
定期的な収入を証明できれば、キャッシングの審査に通過できる可能性も十分広がります。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする