≪違いは何?≫『キャッシング』『クレジットカード』について

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

質問:先日、クレジットカードを作ったんですが、キャッシング枠って何ですか?
キャッシングカードとクレジットカードって一緒なんですか?

キャッシングカードを作ったつもりはないのに、クレジットカードに“キャッシング”機能が備え付けられていたり、またクレジット機能と記載されているのに、概要がキャッシング機能であったり――。

「アレコレと混ぜず、ちゃんと詳細かつ分かりやすくひとつひとつ解説してくれ!」

そう思われたことがある方も少なくないでしょう。

そこで此度は、キャッシングカードとキャッシング機能、それからクレジットカードとクレジット機能について、それぞれ詳しく説明いたします。

“キャッシングとクレジット”の解説

キャッシングとは?

『キャッシング』というのは、ようするに金融/信販/銀行から“「現金紙幣」を借りること”です。

たとえば、早急に3万円が必要になったとき、(キャッシング機能なしの)クレジットカードやショッピングカードからその3万円を「現金紙幣」で取り出すことは決してできませんよね。

しかしそんなとき、もしも『キャッシング・カード』があれば、ATMから直接「現金紙幣」を引き出すことができます。

自分→ATM(キャッシュカード)→(現金紙幣)借り入れ
返済(現金紙幣)→[金融/信販/銀行]

子供の給食費を支払う場合や知人にお金を返すときなど、どうしても「現金紙幣」が必要になったときに役立つ金融システムです。

クレジットとは?

『クレジット・カード』は、高価な買い物または手元に現金がない場合など、自分の代わりに信販会社に“立替払い”してもらうことです。

たとえば、8万円のパソコンを購入するときなど、今すぐ欲しいけれど「手元に現金がない……来月の給料が入れば――」ということがありますよね。

そんなとき、『クレジット・カード』を利用すれば、その場ですぐに現金を支払わずとも、その欲しいモノを購入できます。

クレジットカード支払い(立替払い)→お店
返済→信販会社(クレジット会社)

高価な商品を購入したり、また金銭的に余裕のない場合であったりなど、そういったときに支払いを給料日後にまとめられるシステムです。

キャッシュとクレジットの“主な違い”

「5万円のブランド財布を購入したい」と考えているものの、財布の中身は3万円……しかもその3万円は食費や光熱費などに支払われる予定――。

「それでも今、どうしてもブランド財布がほしい!!」

そんなとき、キャッシュ君(キャッシュカード)とクレジット君(クレジットカード)がそれぞれ「お金を貸してあげる」と助けてくれました――。

お金の貸し方が違う

キャッシュ君は、5万円(現金紙幣)をそのまま差し出して「来月に(現金紙幣)で返してくれればいいから」と。

一方、クレジット君は5万円(現金紙幣)を渡そうとはせず、レジの前まで一緒に来て「あとで返してくれればいいよ。ここは先に払っとくから」と。

『お金の貸し方』において、キャッシュ君は少々ラフに(現金紙幣)で――、クレジット君は少々シビアに商品の代金のみを建て替えで――、商品の購入代金を貸してくれます。

返済が遅れたときの対処が違う

キャッシング君「せっかく信用して貸したのだから、ちゃんと返してくれなきゃ困るよ……」

クレジット君「ちゃんとお金返してよ……返してくれるまで、ボクのお金で買ったそのブランド財布は預からせてもらうよ」

キャッシングカードは(現金紙幣)での借り入れになるため、(現金紙幣)以外での返済はありえません。[無担保型]

一方、クレジットカードは(立替払い)であるため、もしものときは購入されたときの商品が担保になって、それを取り上げられる可能性があります。

[担保型]

クレジット君に支払ってもらったとき、一見、自分が支払っているように見えますが、クレジット君が支払いを済ませてくれているため、商品の『所有権』はクレジット君にあるので、そこを勘違いしないよう気を付けましょう。

審査の方法が違う

キャッシング君は「書類出してね、あと会社が実在するか電話確認……あと勤続年数とかちゃんと書いて……」と、複数の個人情報をまとめたあと、基盤となるリストと照らし合わせて、評価が高ければ「よし、じゃあお金貸してあげるね」

クレジット君は「この書類にちゃんと目を通して、記述してね……うん、ああOKOK、ちゃんと書いてくれればいいよ」と、情報を記述したのち、チェックリストで照合して、一定基準の評価をクリアしていれば「全然OK、今度からボクが立て替えてあげるよ」

『担保があるか、どうか』という点も大きいですが、基本的にキャッシングは“シビアな審査”――、クレジットは“アバウトな審査”――となっています。

まとめ

キャッシング君は、審査こそ厳しいものの、やることさえやっていればあとは“奔放主義”

クレジット君は、審査こそ甘いものの、ルールがあってちょっと厳しい“アメとムチ主義”

――といった具合い。

キャッシング・クレジットカードが一体型になったカードもあり、それさえ持っていれば突然の出費に対し自由に対応可能。

電子マネーが流通する現代だからこそ、用途に合わせてキャッシング・クレジットカードを併せて持っておくことがおすすめです。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする