『キャッシング』の利用の流れについて――メリット・デメリット

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

「お金を借りたいッ!!」
「お金が必要になった!」

――そんな気持ちにいたるというのは、ほとんどの場合、急を要するとき。

そんな折りに

“思い立ったが吉日”

といさんだところで、どこに行けば良いのか……、どこで申し込めば良いのか……、何をすれば良いのやら……。

それもそのはず、いろいろな疑問や専門言葉が飛び交う未知の世界へ、身ひとつで飛び込もうとしているのだから、分からないのも無理ありません。

分からないモノを分からないままにして、知らんふりをすることもできますけれど、いかんせんお金に関すること・自分のことであるから、無視することもできない。
しかし、一から十まですべてを学習・理解し、「さぁ貸してくれ!」と悠長に言えるような時間もない。

そこで、キャッシング手続きの流れや方法、悩みどころ、疑問点などを数10分で読めるかたちにまとめてみました。
「お金が必要」と思ったとき、まずは以下をお読みになっておけば、あらかた安心してお金を借りることができるはずです――。

お金を借りる「目的」を明確にッ!

まずは何より、“借り入れ”の目的をハッキリさせておきましょう。

借り入れ(借入)――金銭を借りること。

注目すべきは、借りたお金を≪何に利用するのか?≫ということです。

「そんなの、こっちの勝手だろ!!」
そう思うのも、仕方がありません。

しかしながら、目的の明確化されていない相手に、ホイホイとお金を貸してくれる人がいない、ということを覚えておきましょう。

「貸すのが、お前らの“仕事”のくせに……」
こんなふうに、金融業者を相手に苛立ちを隠せない方も多いでしょうけれど、“仕事”だからこそ、信頼のおける相手を正確に見定めなければならないのです。

すなわち、冷静さが欠け、感情的な態度を示す方には、なかなかお金を貸してくれることが少ない。
偽りでも良いので、“冷静沈着・理路整然”な態度でのぞめば、ほとんどの方はアナタに信頼を抱くことでしょう。

理路整然――話のスジミチが通っていること

さて、≪借入の目的≫について、さまざまなパターンがあるでしょうけれど、主に多いのは以下の“5パターン”です。

① 少額のお金が必要

      ――来月にはまとめて返せる。

② 少額のお金が必要

      ――長期にわたって返して行きたい。

③ 多額のお金が必要

      ――資格取得・学費などに利用。

④ 多額のお金が必要

      ――事業資金に利用したい。

⑤ 多額のお金が必要

      ――“借入金の返済”に利用したい。

まずは、自分がどのパターンに当てはまるか、チャックしておきましょう。

借り入れについて調べると、よく出てくる単語がふたつ『キャッシング』『カードローン』があります。
それについて……。

上記の「少額のお金が必要――来月にはまとめて返せる」が、まさに『キャッシング・サービス』です。
もっとも気軽に利用できるサービスでもあります。

『キャッシング』のメリット・デメリット

≪メリット≫

      (1)「金利」が無い/低い

      (2) 「借り入れ・返済」が簡単

      (3) 「審査が速く」即日から利用可能

      (4) 「用途目的」があまり問われない

金利――貸金・預金に対する利子。元金に対する利子の比率。

≪デメリット≫

      (1) 「借りられる期間」が短い

先月分のクレジットカードの利用が大きかったせいで、今月は初っ端から支出が多い、それなのにもかかわらず“給料日”まで、あと数週間……。
そんな状況の折りに限って支出が重なるもので、突然、上司との付き合いで数万円が必要になってしまった……どう考えてもムリだ。

そのようなとき、『キャッシング・サービス』ならば、スピード審査・早ければ即日利用することも可能。
ギリギリ寸前のところで、難を回避することができます。
しかも、「金利」はタダもしくは定額というのも借り入れ側からしたら非常にありがたい。

例に“キャッシング・サービス”業界でも大手に属する【A社】をたとえに挙げてみましょう。

【A社】

    • 金利:4.7%~18.0%/年率

    • 借り入れ限度額:1万~500万円

    • 返済方法:定率リボルビング方式

    • 必要なモノ:本人確認書類

    • 実施サービス:30日間金利が無料(よくあるサービス)

ここで【A社】の魅力は、やはり何といっても“30日間は金利が無料”というところ。
金利が無料ということは、借りた額をそのまま返済すれば良いということだから、イメージとしては「給料の前借り」という具合いです。

上記の――

  • 金利:4.7%~18.0%/年率

――について、「なぜ、ひと月で返済するのに、(年率)なんだ?」と疑問をお持ちの方も少なくないでしょう。

[最高金利]である18.0%を例にとってみましょう。

3万円(借り入れ金)×0.18(金利)÷365日(1年)×30日(ひと月)=443円(利率金)

記載の折りには、まとめて(年率)と記述されておりますけれど、計算は月別ですので、以上のようにして「金利を割り出すこと」が簡単にできます。

しかしながら、【A社】の30日無料サービスでは――

3万円(借り入れ金)×0(金利)=0円(利率金)

――という“明瞭な計算式”になるわけです。

さて、では上記のうち……
② 少額のお金が必要

      ――長期にわたって返して行きたい。

③ 多額のお金が必要

      ――資格取得・学費などに利用。

④ 多額のお金が必要

      ――事業資金に利用したい。

⑤ 多額のお金が必要

      ――“借入金の返済”に利用したい。

①以外の②~⑤までは、『キャッシング』ではなく『カードローン』を示しますので、「カードローン」の項をお読みください。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする