キャッシングでちょっと贅沢・松竹梅

キャッシングならこんな贅沢もできちゃう!


お金を借りることへの罪悪感からの脱却


自分はこれまであまり「お金を借りる」ということに縁がありませんでした。
やっぱりどうしてもお金を借りるというのは「借金を作る」というイメージがあって、なかなか一歩を踏み出せなかったのです。

でも、いろいろ調べてみると、お金を借りることは決して悪いことばかりではないのかなーと思い直すようになりました。
というのも、現在では多くの金融機関が比較的低い金利でお金の貸出を行なっているし、条件によっては金利0!というところもいくつもあることがわかって。

要は、長々と返済を行わないと、金利が高くなってしまうのであって、必要な時に借りて、すぐ返せば、金利の金額はほとんど数百円、数千円とかそのレベルで済むのです。
だったら、お金を賢く借りることで、普段だったら出来ないような事もできるようになるんじゃないか?そう思うようになりました。

そう、昔と今とでは、「お金を借りる」ということの定義が変わってきているのです。

昔は「お金を借りる=借金を作る=生活に困窮する」というのが一般的な流れだったのですが、今は「お金を借りる=自由にお金を使う=生活の質が上がる」というのが普通になってきているのです。
なあんだ、そうなのか。
お金を借りることは、決して罪悪ではないんですね、今は。

お金を借りて、ちょっと贅沢をしてみたい!


そこで、このサイトでは、普段だったらちょっと躊躇してしまうような「ほんの少しの贅沢」を、お金を借りた勢いで実際に体験してみよう!という試みを記事にしています。

贅沢は、ほんのちょっとでいいんです。あまり何十万もするようなことにお金を使うと、借りたお金を返すのも大変になってしまいますが、1万円程度だったら、お金がある時に返せば、金利もほとんどつきません。安心して「ちょっとした贅沢」ができるのです。

こうした試みをする時に、キャッシングというのは本当に便利になっています。
借りたい時に借りて、返せる時に返す。それが簡単にできるのですから。

こちらのサイトでは、「ちょっとした贅沢」をお金の金額別に3つに分けました。


まず【梅】。これは1000円前後の、ほんのささいな贅沢をしてみます。頭を使えば、1000円だって面白いことはたくさんできるものです。

そして【竹】。これは5000円前後の、ちょっとした贅沢をしてみます。5000円って、飲み会に使えばあっという間ですが、ランチで5000円使えば相当な贅沢ができます。要は使い分けなのですね。そこで、このカテゴリーでは、普段だったら5000円は使わないよなーというものに贅沢にも5000円を投資してみます。

最期に、【松】。これは約1万円前後の、かなりの贅沢をしてみるというカテゴリーです。
1万円といえば、けっこうな大金。おいそれと使えないですよね。でも、ここではそのお金を使ってこんなすごいこともできるんだよ!ということを実験していきたいと思います。
1万円なんて普段お財布に入ってない時も多いのですが、そんな時にキャッシングで1万円を引き出して、それを使う。これはかなりすごいことが出来るんじゃないかな?

このように、このサイトでは3段階の贅沢をしていって、どんな面白い化学反応が出るか試してみたいと思います。
うまく「贅沢」が出来る時もあれば、ちょっとイマイチな時もあるかもしれません。
ぜひ「こんなことしてバカだな~」ぐらいに思って記事を呼んでいただければと思います。
よろしくお願いいたします!!