【竹】銀座の高級あんみつを食べ比べてみる!1位は銀座鹿乃子?

銀座の甘味といえばあんみつでしょう!


消費者金融からキャッシングでお金を借りてちょっと贅沢してみたい!
贅沢というと、やっぱり銀座なんじゃないかな?
銀座、いろんな贅沢ができますが、殆どの場合「ちょっと贅沢」じゃなくて、「かなり贅沢になってしまうのが困りもの。
でも!そんな銀座でも「ちょっとした贅沢」が出来るスポットがあったのです!

それは、「甘味屋さんで一息つく」というもの。

銀座はなんでも物価が高いので、甘味屋さんも値段高いです。
でも、甘味屋さんで甘いもの食べるぐらいだったら「ちょっとした贅沢」の範疇に入るのではないかと。

銀座で甘味、いいですね!
やっぱりそうなると、「あんみつ」ですよね。
銀座で初夏の陽気の中、あんみつを食べて涼むなんて、最高じゃないですか!

そんなわけで銀座の甘味屋さんであんみつ、一番高い店はどこかなーと調べてみました。
多分「とらや」だよなー・・と思っていたのですが、それよりも高い店発見!

それは「銀座鹿乃子」のあんみつ。

ならば、銀座のとらや鹿乃子を中心に、あんみつを食べ歩いてみようかと。

ということで、銀座あんみつツアー、出発です!


まずは老舗「おかめ」から


今回まわろうとしている甘味屋さんの中でも一番オープン時間が早いのが、イトシアの中に入っている「おかめ」さん。
まずはここから回ってみたいと思います。

開店時間11時になると同時にお店の中へ。


当然最初のお客さん。
メニューを見てみます。


うーむ、あんみつだけでもいろんな種類がある。
これは悩みますなー。
でも、初志貫徹、普通のあんみつにしてみます。

あんみつは基本的に材料を盛るだけ。
だからすぐ出てきました。
これが「おかめ」さんのあんみつです!


動画でぐぐっと寄って中をご紹介。



美味しそうです!
このあんみつは、フルーツがメロン他たっぷりなのが特徴的。
では、食べてみます。

餡は、とろっとしたなめらかなこし餡。
甘さはけっこう強めです。
黒蜜はたっぷりとした量で、こちらも甘さは強め。
なので、昔ながらの素朴な味わいのあんみつになっています。
それをフルーツのさっぱりとしたみずみずしさが中和してくれる。
美味しいです。
いんげん豆はやや少なめかな。
いいですね、こういう素朴なの。
美味しいです。


元祖あんみつ「若松」はさすがの美味しさ!


次に向かったのは銀座コアビル。
その1階に入っている甘味屋さん「若松」へ。


若松のあんみつ、大好きなのです。美味しいですよね。
ちなみに若松のあんみつメニューはこちら。


こちらもいろんなあんみつがあって迷いますが、通常のあんみつをオーダー。
ここも、あんみつはすぐ出てきました。


若松さんのあんみつは、器が可愛い!


若松のあんみつも、フルーツがいろいろ載ってますね。
そして、トレードマークの、松の形の羊羹!これが元祖あんみつ若松の象徴。
動画で若松のあんみつを接写!



食べてみます。
餡は、固めのこし餡。甘さはかなり控えめです。
黒蜜も、甘さはやや控えめ。量は普通ぐらいです。
一緒に食べると、甘さはかなり抑えられていて甘いのが苦手な人でも美味しく食べられると思うけど、餡のこってり感はじゅうぶんに感じられる。
やっぱり美味しいですねー。
さすが元祖。


高級和菓子といえば!のとらやで高級あんみつを


次に向かったのは「とらや」さん。


とらやと言えば、言わずと知れた高級和菓子屋さん。
そこのあんみつなら、かなり高級なんでしょうなー。
とらやの甘味喫茶は、休日の午後ともなるとおばさま方で大混雑。
だけど、自分が行ったのは開店直後ということで、まだまだ席に余裕がありました。
こちらがとらやのあんみつメニュー。


とらやのあんみつは、通常のあんみつと、特製あんみつの2種類があって、特製の方は「花豆・白玉・あんず・青梅」がトッピングされているのだとか。
じゃあせっかくだから、特製の方を食べてみますかね。

しばらくして、特製あんみつが出てきました。


ガラスの器に入っていて、涼しげです!
動画で見ると、こんな感じ。



食べてみました。
!これは!
おいっしいー!
なにもかもが美味しい!
餡は水分がほとんどない固めの食感なのですが、小豆の美味しさが凝縮されていて、めちゃめちゃ美味しい!
黒蜜も、甘さだけでなく黒砂糖独特の渋みまで感じられる、濃厚な美味しさ。
そして特製限定のトッピングが、どれも素晴らしく美味しい!
花豆の甘いほっくり感、白玉の強い弾力、半生あんずの甘酸っぱさ・・・
これは最高ですな!
寒天・いんげん豆も、地味だけどすごく美味しい。
これは、高いのも納得の美味しさでした。
さすがさすが。


銀座最高級価格のあんみつはこちら


今回のあんみつツアー、最後に向かったのが、事前の調査では銀座最高値と思われる「銀座鹿乃子」のあんみつ。
鹿乃子はこんな感じの渋い店構えでした。


2階の甘味喫茶に上がります。
あんみつのメニューはこちら。


おお!
噂に違わぬ高さ!
あんみつは2種類あって、1つはフルーツなどがいっぱい載ったあんみつ、もう1つが豆類がいっぱい載った「鹿乃子あんみつ」
では、今回は鹿乃子あんみつを。

しばらくして、出てきました。
これが銀座最高級あんみつです!


動画でもご紹介。



食べてみました。
このあんみつは、こし餡じゃなくてつぶ餡なんですね。素朴な甘さで美味しい。
黒蜜はたっぷりの量。甘さはそこそこ。
でも、それ以上に、豆が豆が。ものすごいことに。
この豆は甘く煮てあって、まるで甘納豆のような甘さ
それが口いっぱいに広がる。
これは豆好き、甘納豆好きにとっては天国のような美味しさですね!
そして、上に載っている栗の甘露煮、これがまたほくほくで美味しい!
フルーツの類は載っていないので、甘さの逃げ場がないので、甘いのが苦手な人はキツイかも。
でも、値段相応の美味しさはありました。美味しかったです。


4種類のあんみつを食べ比べてみて


そんなわけで、銀座で高級あんみつを食べまくってきました。
どれも美味しかった!
純粋にあんみつとして一番美味しいと思ったのはとらやさん。
コストパフォーマンスが一番いいと感じたのはおかめさん。
甘いのが好きな人に断然おすすめなのは鹿乃子さん。
甘いのがちょっと苦手な人にもおすすめできるのが若松さん。
それぞれ特徴があって、さすが長年銀座の一等地にお店を出しているだけのことはある。
どれも美味しかった!
でも、この4店で約5000円
贅沢といえば贅沢ですね。
この贅沢、やっぱりキャッシングでゲットしたお金があればこそ。
こんなちょっとした贅沢、もしよければ試してみませんか?

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。