銀行系の低金利ローンならおまとめにも最適!即日融資だって可能です!

銀行系や信販系の低金利フリーローンで、他社借り入れをおまとめしましょう!

低金利が自慢のキャッシング人気ランキングトップ3!

1位:バンクイック
信頼の三菱東京UFJ銀行グループ!最短で即日融資が可能!限度額は最大500万円!お試し審査もあり!
金利:4.6%~14.6%
2位:みずほ銀行
総量規制も気にしないでOK!借入限度額が最大で1,000万円!!
2つの金利プランが人気です!
金利:4.0%~14.0%
3位:じぶん銀行
AU限定、審査もスピーディーに対応!
借り換えならさらにお得!金利:2.4%〜17.5%

1分以内の審査のキャッシングのカテゴリーで選ぶ

バンクイック  みずほ銀行カードローン じぶん銀行カードローン
三菱東京UFJ銀行が扱うカードローンです。最短で即日利用が可能です!!【お利息(実質年率)】
4.6%~14.6%
【審査時間】
最短で即日
【利用可能額】
最高500万円
バンクイック詳細
みずほ銀行が運営するカードローンキャッシング。総量規制も気にしない!
【お利息(実質年率)】
4.0%~14.0%
【審査時間】
最短で即日
【利用可能額】
最高1,000万円
みずほ銀行カードローン詳細
auユーザー限定!だから金利もお得!!
【お利息(実質年率)】
2.4%〜17.5%
【審査時間】
最短で即日
【利用可能額】
10~800万円
じぶん銀行カードローン詳細

レイク  モビット  スルガ銀行
新生銀行が扱うカードローンです。選べる4つの申し込み!!
【お利息(実質年率)】
4.5%~18.0%
【審査時間】
WEB上で数秒審査
【利用可能額】
~500万円
レイク詳細
お申し込み後、審査結果をネット上で確認が可能なので大変便利です!
【お利息(実質年率)】
3.0%~18.0%(実質年率)
(*新規契約の方が対象)
【審査時間】
ネット上で確認可能
【限度額】
1万円~800万円
モビット詳細
超スピード審査で最短翌日から利用可能な低金利のカードローン。口座開設不要で利用できます。
【お利息(実質年率)】
9.00%~18.00%
【審査時間】
最短翌日利用可能
【利用可能額】
1~300万円
スルガ銀行詳細

ノンバンク系のおすすめ大口ローン!

アコム アイフル プロミス
三菱UFJフィナンシャル・グループが展開している消費者金融系のカードローンだから安心
【お利息(実質年率)】
4.7%~18.0%
【審査時間】
最短で即日
【利用可能額】
1~500万円
アコム詳細
早くて便利、しかも簡単、安心がモットーのアイフル!

【お利息(実質年率)】
4.5%~18.0%
【審査時間】
【最短30分】
【利用可能額】
~500万円
アイフル詳細

黄色い看板でおなじみのプロミスのフリーキャッシング!スピーディーな審査が自慢です。
【お利息(実質年率)】
4.5%~17.8%(実質年率)
(*新規契約の方が対象)

【審査時間】
スピーディーに回答
【限度額】
1~500万円
プロミス詳細

■ 銀行系の低金利ローンなら、総量規制を気にせずにおまとめが出来る

初めてカードローンを利用する人の多くは、消費者金融系やキャッシング会社のカードローンを利用する人が多いですが、2社目、3社目と複数のキャッシング会社のカードローンを利用していると、月々の返済額が大変な事になってしまうことが多いです。

このような状況で救いになるとされているのが、銀行系のキャッシング会社が提供している低金利のローンとなっていて、このローンの特徴としては、以下の2点が挙げられます。

・ 消費者金融系のカードローンと比べて遙かに低金利で借り入れをすることが出来る
・ 総量規制の対象外となっているために、年収の3分の1を超えても借り入れができる

この2点です。

2010年以降、多くの人が苦しめられている理由の一つに総量規制が挙げられます。

総量規制が始まった当初は、今まで借り入れをすることが出来ていた状況でも、問答無用でストップさせられてしまったために、生活が出来なくなってしまったという人も多くなっていて、また、数多くの消費者金融が倒産してしまったということも記憶に新しいでしょう。

しかし、2016年現在では、総量規制があるということを前提として借り入れをしている人が多くなっていますので、それほど大きな問題になっていないケースが多いですが、総量規制に引っ掛かってしまうために、新たな借り入れをすることが出来ないという人も多くなっています。

そこで今回紹介するのは、総量規制に引っ掛かること無く、消費者金融系よりも遙かに金利が低くなっている銀行系の低金利ローンを利用するためにはどうすれば良いのかということについてと、銀行系の低金利ローンを利用することによってどのようなメリットがあるのかということについて詳しく紹介していきます。

■ 銀行系の低金利ローンは、どれくらい低くなっているのか?

2016年現在、大手の銀行ではほとんど全てで低金利のカードローンが提供されています。

低金利と言っても、どれくらい金利が低くなっているのか分からないという人も多いかもしれませんが、一般的に消費者金融系のカードローンを利用した場合は、貸付金利が年利17.5%~18.0%となっている人が多いです。

消費者金融の公式サイトなどを見てみると、下限金利が3%台になっていることも珍しくありませんが、基本的に広告やCMで記載されている下限金利が適用されるということはありません。

もしかすると、利用限度額の上限になると下限金利が適用されるのかもしれませんが、消費者金融系のカードローンで利用限度額の上限に至るためには、年収が1,000万円を超えていなければならないということになりますので、それだけで日本の労働人口の上位4%に属するということです。

そのため、多くの人は利用限度額の上限に至ることがありませんので、下限金利が適用されることもなく、ほとんどのケースで上限金利が適用されているということを知っておいて下さい。

カードローンを利用する場合に、貸付金利を比較する場合は、下限金利ではなく、上限金利で判断することになります。

そして、銀行系の低金利ローンでは、上限金利が14%~15%程度になっていることが多く、消費者金融と比べても3%以上も低くなっていることが挙げられます。

年利で3%と聞いてもそれほど大きな数字に感じないかもしれませんが、カードローンの貸付金利の計算というのは複利で計算される仕組みになっているために、3%も低下すると年間で10%近くの返済額が異なるということになります。

このようなことから、銀行系の低金利ローンを利用したほうが完済するまでの時間が短縮されて、総返済額も減少するということになりますので、消費者金融系のカードローンを利用している人は、銀行系のカードローンに借り換えたほうが良いということになります。

■ 銀行系の低金利ローンを利用するためにはどうすれば良いのか?

銀行系のカードローンというのは、消費者金融系と比べると、審査が難しくなっていたり、借りるために行っておかなければならない条件があったりと、色々と面倒なのが特徴的です。

と言っても、これらの条件をクリアする方法としては、「安定した収入を得ている」ということと、「その銀行の口座を持っている」ことの2点のみとなっていることが多いために、それほど難しい条件でもありません。

三菱東京UFJ銀行が展開しているバンクイックのように、条件さえ揃っていれば即日で利用することが可能な低金利ローンも展開されていますので、気になるという方は、現在利用している銀行が展開している低金利ローンを調べてみると良いでしょう。

一般的に大手の銀行と呼ばれるような銀行の場合は、必ず何かしらの低金利ローンを提供しています。

しかし、提供しているカードローンによって、利用するための条件が異なりますので、その辺りもキチンと調べてから申し込みをするようにして下さい。

申し込み条件を満たしていないのに申し込みを繰り返してしまうと、申し込みブラックになってしまう恐れもありますので、その点に関しては注意しなければいけません。