ショッピングの他社借入残高も借入件数に入る?どこまで申告すればいい?

ショッピングの他社借入残高も借入件数にはいるのか?
他社借り入れ件数はどこまで申告すればいいのか?
疑問に思ったことありませんか?
そんな疑問にお答えします!

新規のキャッシング会社や銀行などのカードローンを利用する際には、必ず「他社の借入件数」と「借入金額の合計額」を聞かれることになります。

これは、申込用紙にも記入欄が設置されているために、必ず記入しなければならない項目となっていますが、どこまでの借り入れがカードローンを利用した際の借入件数に含まれるのかということについては知らない人も非常に多いです。

始めに言っておきますが、借入件数や借入金額について、故意に過小な記入をしてしまった場合は、その時点で審査に通過することが出来なくなってしまいますので、注意して下さい。

今回は他社の借入件数を報告する際に、どこまで報告すれば良いのかということについて詳しく紹介していきます。

『クレジットカードのショッピング枠の借入残高は借入件数に含まれるのか?』

カードローンの申し込みをする際の、他社借入件数として頭に思い浮かびやすいのは、他社のキャッシング会社を利用している件数となるでしょう。

しかし、「お金を借りる」という行為については、キャッシング会社だけではなく、クレジットカードを持っている人の場合は、クレジットカードのショッピング枠が他社借入件数に含まれるのかどうか気になる人も多いです。

結論から言っておくと、クレジットカードのショッピング枠を消費してしまっている場合でも、カードローンの審査時に必要な他社借入件数には含まれません。

ただし、クレジットカードの支払いを滞納してしまっている場合は、滞納したという情報が信用情報機関に記録されることになりますので、審査の面では不利になることが挙げられます。

カードローンの申し込み時に記入する「他社借入件数」と「他社借入金額」というのは、申し込み者の正直度を図るための目安となっていて、名前や住所などの情報があれば金融機関は申し込み者が、どのようなカードローンを利用しているのかということをすべて調べることが出来ます。

しかし、予め正直度を図る審査を設置しておくことによって、申し込み者が本当に借りたお金を返済することが出来るのかという能力を図っているということになります。

『クレジットカードのキャッシング枠は借入件数に含まれるために要注意』

上記でも紹介したように、クレジットカードのショッピング枠をいくら消費しても他社借入件数には含まれない仕組みになっています。

しかし、クレジットカードに付帯しているキャッシング枠については他社借入件数に含まれることになりますので、当然のことながら他社借入金額にも記入しなければならないということになります。

この情報は上記でも紹介したように、キャッシング会社が行う信用情報機関への照会によって明らかになる情報となっていますので、大切なのは「申し込み時に嘘をつかない」ということです。

ただし、嘘をついてしまった場合でも許容範囲として見逃されるケースもあります。

例えば、5社から220万円を借りている状態で、申し込み時に他社借入件数を5件、他社借入金額を200万円とした場合は、誤差の範囲内ということで見逃されるケースもあります。

厳密に言えば、20万円の差が出ているために、見逃されないケースもありますが、借りている金額の10%程度なら見逃される可能性もあるということです。

しかし、「他社借入件数」については1件でも誤差があると見逃されません。

これは、「自分が返さなければならないキャッシング会社の把握も出来ていない」とみなされるために、キャッシング会社から見ても信用することが出来ない人だというように判断されてしまいます。

大事なのは出来る限り誤差を出さないということですが、ある程度の範囲までは見逃されるということも多いので、それほどキッチリと考えなくても良いかもしれません。

『借入件数が多くなると、キャッシング会社では新規の貸し付けを断られる』

一般的に大手のカードローン会社を利用することが出来るのは、他社の借入件数が3件までだとされています。

中には5社を超えても新規の貸し付けをしているキャッシング会社も存在していますが、一般的には3社までとなっています。

そうなると3社を超えた場合に、新規に借り入れをすることが出来ないのかということになりますが、その場合には主に銀行が提供している「おまとめローン」や「借り換えローン」などを利用して、複数社に跨って存在している借金を1社にまとめるという方法がオススメです。

新たにキャッシング会社から借り入れをしようと考えている時にネックとなってしまうのが、他社借入件数なので、他社借入件数を減らすことによって新規に借り入れをする難易度を下げることが可能です。

これらのことから、借入件数が少ない場合にはキャッシング会社を利用し、借入件数が多くなった場合は銀行のカードローンを利用するのが最適だということになります。

大切なのは「正直である」ということと「誠実である」ということになっていますので、この2つが守られている状態なら何らかの道は残されています。

そのため、絶対に諦めないで下さい。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 土日祝日も!どうしても今すぐ借りたい!
  詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする