カーローンを利用する際の、他社借入の情報はどのようになるのか?

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

一般的に自動車を購入する際に、全て現金で支払いをするということは稀だと思われます。

中古車などの場合は現金一括で支払いをするというようなことも珍しくないかもしれませんが、新車の場合は数百万円の買い物となるケースが多いために、現金で支払いをするのではなく、カーローンを利用して支払いをする人が多くなっていることが挙げられます。

カーローンを利用する際には、必ず審査が行われることになりますが、カーローンの審査では一般的に利用することが多いカードローンやフリーローンとは少し異なった審査が行われるケースが多くなっています。

これは、どのような金融機関が提供しているカーローンを利用するのかということによっても大きく異なることになりますが、一般的にカーローンの場合は消費者金融ではなく銀行や信用金庫などの金融機関が提供しているケースが多いです。

こちらでは、カーローンを利用する際に、既に利用している他社借入の情報はどのように扱われることになるのかということについて詳しく紹介していきます。

カーローンの審査で重要だとされている項目について

カーローンの審査を希望する場合に、注意しなければならないポイントとしては、どのような項目の条件を満たしておけば審査に通過することが出来るのかということになります。

審査に通過することが出来るポイントを抑えることによって、少ない労力で審査に通ることが出来ますので、どのような項目がカーローンの審査で重要視されているのかということを知ることは大切です。

それでは、肝心のカーローンの審査で重要されるポイントについてですが、基本的には住宅ローンを利用する際のポイントと変わらないということが挙げられます。

一般的には、年収や勤務先の規模、そして職業や肩書きなどの社会的ステータスを測るための審査となっていて、さらにカーローンを利用する際の希望額と照らし合わせて、問題なく返済をすることが出来ると判断されると審査に通過することが出来る仕組みになっています。

一般的に利用されているカードローンの審査と異なるポイントとしては、勤続年数による要素となっていて、カードローンの場合は勤務しているということが重要視されることに対して、カーローンの場合は勤続年数も重視されるポイントの一つとなっています。

カーローンを利用しようとする人の多くは、これから自動車を購入しようとする人になっていて、新たに自動車を購入する必要がある人というのは、社会人になってから1年目~2年目という若い世代の人が多くなっています。

中には就職が決まってからすぐに通勤用に自動車を購入するという人も多くなっていて、このような人の場合は勤続年数が浅いために、離職率も高くなっていることが挙げられます。

特に近年は早期に退職してしまう人の割合も高くなっていて、現在の職業から離職してしまうと、当然のことながら収入がゼロになるということになりますので、ローンの返済をすることが出来なくなるということに繋がります。

また、女性の場合は寿退社ということも十分に考えられますので、長期の計画でカーローンを利用した場合に審査に通らなくなってしまうことがあるということを知っておいて下さい。

他社借入が多すぎる場合は、希望額から減額される可能性が高い

こちらでは、すでに他社のローンを利用していて、他社借入がある状態の人がカーローンを利用する際の注意点について紹介していきます。

既に他社借入があるということは、返済をしているということになっていて、完済していないということは完済するほどの返済資金に余裕がないということの証明にもなってしまいますので、他社借入をしていない人に比べると審査に通ることは難しくなってしまいます。

しかし、他社借入があるためにカーローンを利用することが出来ないということではありませんので、勘違いしないで下さい。

上記でも紹介したように、カーローンを利用する際に設けられている審査では、申し込み者の返済能力の有無を測るために設けられているということになりますので、他社借入がある状態でも返済能力があるということを証明することが出来れば問題がないということになります。

他社借入件数が複数あっても融資可能!返済能力があれば大丈夫!
他社借入利用中でもまずはお試し診断!⇒おすすめランキング一覧はコチラ! 他社借入件数が2、3件?まだまだ大丈夫!アコムならあなたの強い味方...

そして、この際に重要視される他社借入というのは、カードローンやフリーローンのように「いつでも完済することが出来るタイプのローン商品」となっていて、住宅ローンやリフォームローンのように、長期間で完済をするというようなタイプのローン商品の場合は範囲外となっているケースが多いです。

これは、複数のカードローンやフリーローンを利用しているという方の場合は、1本目のローンの利用限度額が満額になってしまって利用することが出来なくなり、2本目、3本目というようにローンの利用が多くなっている状況だということになります。

このような人の場合は、「現在の収入で完済することが出来ないほどのローンを利用している」というように判断されてしまうために、カーローンの審査に通過することは難しくなってしまいます。

他社借入件数が4件以上と多い方も融資可能!
他社借入複数あってもまずは数分でできるお試し審査!⇒おすすめ一覧はコチラ 他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアコム! ⇒...

そのため、カードローンやフリーローンなどの無担保ローンを利用している人の場合は、一時的にでも良いので、それらの他社借入を完済してからカーローンに申し込みをするようにした方が良いでしょう。

また、他社借入が無いまたは他社借入件数が少ないというような状態でも、返済の遅滞などをしている場合にはカーローンの審査に通過することが出来ない可能性が高くなってしまいますので、その点に関しては注意するようにして下さい。

他社借入の情報で嘘の申告をすると審査に通ることが難しくなる

カーローンを利用する際に、多くの貸金業者から他社借入をしていると審査に通過することが難しくなるということを知ると、他社借入の情報を隠そうとする人が多くなります。

しかし、カーローンもローン商品の一つとなっていますので、当然のことながらカーローンを提供している金融機関は申し込み者の他社借入情報を確認することが出来ます

そして、カーローンの審査では申し込み者の返済能力を判断すると同時に、申し込み者の社会的信用も一緒に確認していますので、他社借入で嘘の申告をした場合は、信用できない人というように判断されてしまうために、審査に通過することが出来なくなります。

本来ならば、他社借入がある状態でも審査に通過することが出来ていたという人の場合でも、審査に通過することが出来なくなってしまいますので、申し込み時に他社借入情報で嘘の申告をするということは、絶対に避けるようにしてください。

まとめ:

いかがだったでしょうか?

カードローンやフリーローンではなく、カーローンの場合は他社借入情報については別の管理になっていると妄想する人も多いかもしれませんが、ローン商品であるということについては変わりがないので、嘘の申告をすると審査に通過することが出来なくなります

また、カーローンの場合は、カードローンやフリーローンに比べると他社借入について厳しく判断される傾向もありますので、カーローンを新規に利用しようと考えている人の場合は十分に注意して利用するようにして下さい。

キチンと仕組みを理解してから申し込みをすることによって、審査の難易度を引き下げることも可能になっています。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする