他社借入残高というのは、何のことを指し示しているのか解説!

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

消費者金融や銀行が提供しているローン商品に申し込みをする際に必ず設けられている項目として、他者借り入れに関する情報を入力する欄があります。

これは主に、他社借入件数と他社借入残高の2点を申告するために設けられている項目となっていますが、他社借入残高というのが、何を示しているのかということについて知らない人も多いです。

また、他社借入残高という項目が何を示しているのかということが分かる人でも、自分が他者から借り入れている残高がいくらになっているのかということを把握していない人も多いので、こちらでは他社借入残高に関する情報について詳しく紹介していきます。

他社借入残高というのは、キチンと理解していないと新規にローンの申し込みをした際にローンの審査に通過することが出来ないケースもありますので、十分に注意するようにして下さい。

他社借入残高というのは、現在の自分の借入状況を示す指標の一つ

他社借入残高というのは、簡単に説明すると文字通り「他社から借り入れをしている金額の残高」ということになります。

例えば、3社からの借り入れをしていたとして、それぞれ40万円、30万円、20万円の合計90万円の借り入れをしていた場合に、3社全てに対して10万円の返済をしたとすると、3社の借入金額は、それぞれ30万円、20万円、10万円の合計60万円となります。

この場合の他社借入残高というのは60万円ということになりますが、ローンというのは基本的に利息というものが発生するために、長期間に渡って利用していると現在の自分の他社借入残高が分からないということがよくあります。

このような状況では、新規にローンの申し込みをする際に正しい他社借入残高を申告することが出来なくなってしまいますので、新規にローンの申し込みをする場合には、自分のローン利用状況というものを調べることから始めなければいけません

そして、自分の他社借入残高を調べる方法というのは、基本的にローンの返済をした際に発行される利用明細書を確認すれば現在の借入残高を確認することが出来ます

この借入残高を現在利用しているローン会社全ての分を合わせた金額というのが他社借入残高ということになりますので、新規にローンの申し込みをする場合には、これらの情報をキチンと確認することが重要です。

特にクレジットカードのリボ払いや、ローンの返済が自動引き落としのみになっている場合は利息の部分が多くなっていて自分が想定している支払った金額よりも大幅に元金の返済率が低くなっているケースが多いです。

よくあるケースとしては、30万円~50万円ぐらいのローンを利用していて、既に10万円以上の返済をしているのにも関わらず、元金が減っていたのは5万円のみだったというような話を目にすることがあります。

クレジットカードの一回払いのように一括で支払うことが出来る返済方式を利用している場合には、利息も少なくなっていますのでキチンと元金を返済しているというケースが多いですが、3年払いや5年払いというような返済方式を利用している場合には、少しずつしか元金が減らないということになりますので、その点に関しては十分に注意しなければいけません。

他社借入残高が多いことによって、新規のローンの審査にどのような影響があるのか?

新規にローンの審査に申し込みをする際に、他社借入残高が多すぎるというのは審査に落とされる要因の一つとなってしまいます。

しかし、厳密に言えば他社借入残高が多すぎることによって審査に落とされてしまうというのではなく、他社借入残高が多いことによって返済能力がないという判断をされてしまうために審査に落とされるということになりますので、他社借入残高が多くても利用することが出来るケースというのは存在しています。

他社借入件数が複数あっても融資可能!返済能力があれば大丈夫!
他社借入利用中でもまずはお試し診断!⇒おすすめランキング一覧はコチラ! 他社借入件数が2、3件?まだまだ大丈夫!アコムならあなたの強い味方...

ここで指標とされるのが「年収の3分の1を超えているのかどうか?」ということになっていて、原則として他社借入残高が年収の3分の1を超えると新規にローンの利用をすることが難しくなります

銀行や信用金庫が提供している個人向けの無担保ローンの場合は、この総量規制の制限を超えても貸し付けをしても良いというようになっていますが、消費者金融の場合は年収の3分の1を超えて貸し付けをすることが出来ないので、現実的な問題としてローンの利用をすることが出来ないということに繋がります。

しかし、最近では消費者金融だけ制限されているというのは不公平ではないかという声が挙がっていますので、近い将来では銀行や信用金庫が提供している無担保ローンに関しても何らかの制限が加えられる可能性が高くなっています。

このように、法律によって制限が加えられているために貸し付けをすることが出来ないという仕組みになっていますので、どのように社会的ステータスを取り繕ったとしても新規に借り入れをすることは出来ないということになります。

このような状況に当てはまるという場合には、新規にフリーローンやカードローンの利用をするという考えを一度捨て去って、現在の他社借入残高を一つにまとめるということを考えたほうが良いでしょう。

他社借入残高が多すぎる場合には、おまとめローンや借り換えローンを利用する

上記でも紹介したように、他社借入残高が多すぎる状況というのは新規にローンの申し込みをする際にマイナスとなってしまう要素が多すぎます。

そして、新規のローンの審査をする際に問題となるのは他社借入残高よりも他社借入件数となっていますが、基本的に他社借入残高が気になるほどに借り入れをしている人の場合は複数のローン会社を利用しているケースが多くなっていますので、そのような場合には借り入れをしているローン会社を1社にまとめるのがオススメです。

このような場合に最適となるローン商品が、おまとめローンや借り換えローンと呼ばれる複数のローン会社から借り入れをしているローンを1社にまとめるというようなローン商品になっていて、おまとめローンや借り換えローンを利用することによって、他社借入残高は変わりませんが、他社借入件数を減らすことが出来ます

この状態で改めて新規のローンに申し込みをすることによって他社借入残高が多い状態でも他社借入件数が少ないというような状況となるために、ローンの審査に関しては有利になるということを知っておいて下さい。

ただし、既に複数のローン会社から借り入れをしていたという記録が残されることになりますので、その点に関しては注意しなければいけません。

一番良いとされる手段については、現在借り入れをしているローン会社の利用残高を完済しておまとめローンや借り換えローンを提供しているローン会社のローンに一本化するということになりますので、既に完済したローンから借り入れをするというような方法です。

他社借入件数が4件以上と多い方も融資可能!
他社借入複数あってもまずは数分でできるお試し審査!⇒おすすめ一覧はコチラ 他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアコム! ⇒...

しかし、この方法を利用すると単純に借入金額の上限となっている金額の2倍まで借り入れをすることが出来ますので、キチンと返済計画を立てないと自己破産へまっしぐらとなってしまうために、十分に注意するようにして下さい。

まとめ:

いかがだったでしょうか?

他社借入残高というのは、新規にローンの利用をする時に大きな影響を与える要素の一つとなっていますが、キチンと理解していればそれほど難しいことでもありません。

最も怖いのは、キチンと理解しないままに新規のローンに申し込みをしてしまうということになっていますので、現在の自分状況をキチンと把握しているのなら、ありのままの情報を申告するだけで問題ないということに繋がります。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする