行田市は古墳の町!キャッシング需要は低め

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

行田市は埼玉県北部にある旧・武蔵国埼玉郡です。

「和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち行田」が日本遺産に認定されています。

映画「のぼうの城」や小説・ドラマ「陸王」の舞台になり有名になりました。

今回は行田市は古墳の町!キャッシング需要は低めなどの情報を調査していきます。

行田市の主要キャッシングの軒数は?

業 者 名 場 所
1、プロミスATM自動契約コーナー ***********
2、SMBCモビット自動契約コーナー ***********
3、アイフル店舗ATM ***********
4、アコムATMむじんくんコーナー 125号行田持田むじんくんコーナー
5、新生銀行カードローン レイク自動契約コーナー・レイクATM ***********
6、バンクイックテレビ窓口ATM ***********
7、武富士無人契約コーナー 行田125号無人契約コーナー

埼玉県行田市にはキャッシングが2軒のみでした。

2軒はかなり少ないと言え、行田市のキャッシング需要はかなり低めです。

そんな行田市の隣接自治体は加須市、熊谷市、鴻巣市、羽生市、群馬県は邑楽郡千代田町、邑楽郡明和町などです。

行田市の隣接自治体もキャッシングが少ないので総体的にキャッシング需要が少な目です。

では、行田市の交通の便はどうなっているでしょうか。

行田市の鉄道はJR東日本の高崎線、行田駅、秩父鉄道秩父本線の武州荒木駅、東行田駅、行田市駅、持田駅、ソシオ流通センター駅などです。

路線バスは「朝日自動車」、「国際十王交通」、「行田市内循環バス」の3路線です。

行田市の利便性はあまり良くないようです。

当地域では自家用車がないとかなり不便な生活が強いられるようです。

行田市の高等教育機関である大学は「ものつくり大学」1校です。

専修・専門学校は「テクノ・ホルティ園芸専門学校」1校があります。

大学も専修・専門学校も少なく、若年層のキャッシング需要も少ないと言えます。

人口から見る行田市のキャッシング事情は?

では、行田市の人口とキャッシングの関係性を見ていくことにしましょう。

行田市の面積は67.49㎢、人口は79,562人です。

行田市の人口密度は1,179人/㎢と高く、その理由は面積の狭さに起因していると言えます。

行田市の人口は2000年を境に減少傾向にあります。

行田市の昼間人口は通勤者・通学者の流出で夜間人口より少なくなっています。

それゆえ、キャッシング需要も市外に流れていると言えます。

プロミスは借りやすい?

消費者金融では既に有名なプロミスですが、本当に借りやすいのでしょうか。

プロミスの申込はインターネットでも窓口でも電話でも可能です。

50万円以下の場合、収入証明書類は原則不要です。

更に初めての方は初回借入に限り、利息0です。

利息は利用した日数分だけです。

インターネットで申込の場合、即日融資も可能です。

最も早く借入をしたい場合は、インターネットで必要事項を先に送り、その後無人契約機に行き、本人確認書類などを提出すればその場でカードを受け取り、ATMで借入が出来ます。

その間、約60分ですので、かなりスピーディーと言えます。

また、カードレスでも24時間振込可能ですぐに融資が受けられます。

審査回答は最短30分です。

借入限度額は1万円~500万円、申込資格は20歳~69歳で安定した収入がある人です。

50万円を超える借入額もしくは他社での借入額合計が100万円を超える場合は、源泉徴収票、確定申告書、給与明細書のどれかを提出する必要があります。

借入後は、アプリなどで色々と管理出来るようになっていますので非常に便利です。

この様に、プロミスでの借入は非常に判り易く簡単です。

行田市の観光スポットとキャッシングの関係は?

そんな行田市ですが、観光スポットとキャッシングの関係性を見ていきましょう。

行田市の観光スポットは「忍城址」、「さきたま古墳公園」、「県立さきたま史跡の博物館」、「古代蓮の里」、「水城公園」、「稲荷山古墳」、「見沼元圦公園」、「行田市郷土博物館」、「埼玉古墳群・さきたま風土記の丘」、「忍城御三階櫓」、「埼玉県名発祥の碑」、「忍城の鐘」、「はにわの館」、「行田市埋蔵文化財センター」、「成就院三重塔」などです。

行田市の観光スポットは古墳などの出土物を中心として見るべきものが非常に多いのですが、金銭的負担は少ないところばかりですので、キャッシング需要に大きく影響しません。

まとめ

今回は行田市は古墳の町!キャッシング需要は低めなどの情報を調査しました。

行田市は埼玉県北部にある旧・武蔵国埼玉郡です。

「和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち行田」が日本遺産に認定されています。

映画「のぼうの城」や小説・ドラマ「陸王」の舞台になり有名になりました。

行田市はこの様に古くから栄えていた町ですが、現在は衰退状態にあり、キャッシング需要もかなり低めでした。