福島銀行教育カードローン「学問の助」申し込み、金利、審査詳細

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

福島銀行 教育カードローン「学問の助」お申し込み詳細

■ 就学者のためのカードローン
■ 貸付金利は固定の年4.5%!
■ 幼稚園から大学院まで継続して利用できる

福島銀行のカードローン学問の助は就学者のためのカードローンとなっていて、資金使途が限定されていますが、低金利で借り入れることが可能です。
在学中でも元金の返済をしなければいけませんので、その点に関しては注意しなければいけません。
兄弟で継続して借り入れをすることも可能なので、長期的に借り入れをしたいという方にもオススメです。

返済シュミレーション あり
お試し審査 なし
知名度 ★★★★★
パート・アルバイト 不可
即日融資 最短1週間ほどで融資が実行される
土日祝日の融資

【福島銀行カードローン 学問の助 詳細データ】

融資限度額 10~500万円
お利息 4.5%(実質年率)
返済方式 借入残高スライドリボルビング方式
返済方法 口座振替返済、またはATM返済
申し込み資格
  • 満20歳以上~60歳以下の方
  • 安定した収入がある方
  • 株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けることが出来る方
  • 幼稚園~大学、その他予備校・専門学校等各種学校に入学または在学する学生の保護者の方
担保・保証人 原則として不要
遅延利率 14.6%(実質年率)
入会金・年会費 なし
必要書類
  • 本人確認資料(以下の(1)~(3)のいずれか1点)
    (1)運転免許証のコピー
    (2)健康保険証のコピー
    (3)パスポートのコピー
  • 申し込み金額が110万円を超える場合は所得証明書類(以下の(1)~(4)のいずれか1点)
    (1)給与明細書
    (2)源泉徴収票
    (3)所得証明書
    (4)確定申告書
  • 就学者が学生であることを証明する書類(以下の(1)~(3)のいずれか1点)
    (1)合格通知書
    (2)在学証明書
    (3)入学証明書

福島銀行の学問の助を利用する際の、全体の流れについて

福島銀行の教育カードローン「学問の助」は、幼稚園から大学院まで継続して利用することが出来て、兄弟で継続して借り入れをすることも出来るために、教育カードローンの中では、かなり優れているタイプのカードローンだということになります。

こちらでは、福島銀行の学問の助を利用する際の、全体の流れについて詳しく紹介していきます。

福島銀行の学問の助では、下記の4つのステップによって構成されています。

  1. インターネットもしくは電話、郵送、FAXなどから申し込みをする
  2. 申し込み内容に基づいて審査が開始される
  3. 審査結果が通知される
  4. 来店して契約を締結し、ローンカードが発行される

このような流れになっていて、ローンカードを受け取り次第、利用を開始することが出来ます。

学問の助は、教育カードローンとなっていますので、利用条件や用意しなければならない必要書類については一般的なカードローンと大きく異なるということになりますが、申し込みから利用開始に至るまでの流れについては、他のカードローンと大差ないということを知っておいて下さい。

しかし、他のカードローンを利用する際の流れについて知らないという方も多いと思われますので、下記では福島銀行の学問の助を利用する際にポイントとなる特徴について紹介していきます。

まずは申し込み方法についてですが、福島銀行の学問の助を利用する際の申し込み方法については、インターネット、電話、FAX、郵送の4つの申し込み方法が用意されています。

どの方法を選択しても申し込みをすることは可能になっていますが、インターネットからの申し込みが手軽に申し込みをすることが出来るのでオススメです。

インターネットから申し込みをする際の手順については、パソコンやスマートフォンを使って福島銀行の公式サイトにアクセスをして、学問の助のページに設置されている申し込みフォームに必要事項を記入することによって申し込みが完了します。

申し込みが完了すると審査が開始されることになりますが、その際には申し込み内容の確認と、勤務先への在籍確認が行われることになります。

この際の確認には30分~1時間程度の時間が掛かってしまうことになりますので、時間に余裕がある時に電話を受けるようにして下さい。

審査が完了すると、審査結果が通知されることになりますが、この際に通知方法については電話もしくはメールで通知されることになります。

申し込み方法でインターネット以外の申し込みを選んだ場合は自動的に電話で通知されることになりますので、注意して下さい。

審査に通過することが出来ていると、次は契約締結の手続きをすることになりますが、福島銀行の学問の助を利用する際の契約締結の手続きでは、必要書類を持って来店する必要がありますので、その点に関しても注意が必要です。

契約の締結が完了すると、ローンカードが発行されることになり、自宅に郵送されますので、そのローンカードを受け取ることによって、利用を開始することが出来ます。

福島銀行の学問の助を利用する際の、借り入れ方法や返済方法について

こちらでは、福島銀行の学問の助を利用する際の、借り入れ方法や返済方法について詳しく紹介していきます。

まずは借り入れ方法についてですが、福島銀行の学問の助も一般的なカードローンと同じように専用のローンカードが発行されるタイプのカードローンとなっていますので、借り入れ方法については、他のカードローンと変わりません。

福島銀行が提携している金融機関のATMからローンカードを使って借り入れをすることが出来ます。

福島銀行の学問の助で借り入れをする際の注意点としては、利用するATMによって利用することが可能な時間帯や利用に掛かる手数料が異なるということです。

下手な使い方をしてしまうと、手数料の金額だけで月に数千円ほどの出費があるということも考えられますので、学問の助を上手く活用するためには、ATMの使用回数を減らすか、手数料の発生しないATMから借り入れをすることが大切です。

次に返済方法についてですが、福島銀行の学問の助は、教育カードローンとなっていますが、在学中も元金の返済が求められるタイプのカードローンなので、通常のカードローンと同じような仕組みで返済をすることになります。

そして肝心の返済方法については、契約を締結した際に登録した返済用の口座から自動引き落としによって返済されることになります。

返済日は毎月の5となっていて、5日が福島銀行の休業日の場合は、翌営業日に引き落とされます。

そして、返済金額は前月末日の時点での借入残高によって変動する仕組みになっていて、下記の表のように6段階で分けられています。

前月末日の利用残高 約定返済額
50万円以下 10,000円
50万円~100万円 20,000円
100万円~200万円 30,000円
200万円~300万円 40,000円
300万円~400万円 50,000円
400万円~500万円 60,000円

このようになっていて、一般的なカードローンに比べると、月々の返済が大きいかもしれませんが、利息に関しては低くなっているために、全体的な返済額に関しては少なくなっていることが特徴的です。

また、毎月の自動引き落としとは別の返済方法も用意されていて、こちらは随時返済ということになりますが、随時返済をしても自動引き落としによる返済が実行されないということではありませんので注意して下さい。

随時返済をする方法については、借り入れ時と同じようにローンカードを使って入金することによって返済をすることが出来ます。

学問の助を利用する際の、注意点について

福島銀行の学問の助は教育カードローンとなっていますので、原則として利用することが出来るのは子弟等が教育機関に通っている間となっています。

そして、卒業後は新規の借り入れをすることが出来なくなってしまいますので、後は返済のみの利用ということになります。

このあたりに関しては、通常の教育カードローンと同じような仕組みになっていますが、在学中も返済が求められることになりますので、その点に関しては注意しなければいけません。

また、契約を締結する際に提出しなければならない必要書類についても、少し特殊な書類の提出が求められることになりますので、その点に関しても注意が必要です。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする