大手消費者金融や銀行などの知名度で選ぶ

テレビCMでおなじみの大手なら中小の消費者金融にはないメリットがたくさん!
大手消費者金融やテレビでもおなじみのキャッシングローンで選ぶ当サイトおすすめの6社を紹介いたします!

今までにカードローンを利用したことがないという人の場合は、何を基準にして金融機関を選べば良いのか分からないという人も非常に多いです。

そのような場合にオススメな基準の一つに「知名度で選ぶ」というものがあります。

知名度が高いということは、それだけユーザーへのメリットが大きくなっているということに繋がりますので、知名度が高いとされている大手の消費者金融や都市銀行などが提供しているカードローンを選ぶことによって、ローン選びに失敗しないということになります。

厳選した大手消費者金融や銀行が提供しているカードローンの中でも人気の高いキャッシング業者はコチラ!

①:プロミス&プロミスレディース

黄色い看板が目印のプロミスでは、新規利用者を対象に30日間の利息ゼロサービスを提供しています。

プロミスでは電話オペレータがすべて女性という、女性のために作られた女性のためのカードローンがあります。利用中にもし何か相談したいことがあってもすべて女性オペレータと優しく相談可能です。主婦、学生もパート・アルバイトをしていれば申込みOK!

さらに、ポイントサービスを提供しているために、一定の期間ごとに無利息期間を利用することが出来るなど、利用者にメリットがある特典が多いのも特徴です。


プロミスをもっと詳しくみる

利用限度額 1万円~500万円
貸付金利 年4.5%~年17.8%
利用開始までの時間 最短で30分程度
特典 初回利用者は下記の特典が付与される ・ 30日間の無利息期間 ・ 三井住友VISAプリベイドを最大2,000円分
・ 源泉徴収票を提出すると最高10万円分のプレゼントが当たる
・ ポイントサービスで様々なサービスが受けられる
備考 大手の消費者金融の中では、最も利用者への特典が充実していることがポイント。 初回利用者だけではなく、既存の利用者もキャンペーンやサービスで特典を受けることが出来る。

②:バンクイック(三菱UFJ銀行)

バンクイックは銀行系カードローンでありながらも、手続きの方法が充実していて、申し込みをしたその場でローンカードを受け取ることも可能です。

発行されたカードは、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用可能

貸付金利が低金利の年1.8%~年14.6%、利用限度額は最大500万円という銀行のカードローンのメリットを活かしながら利便性にも優れています。


バンクイックをもっと詳しくみる

利用限度額 10万円~500万円
貸付金利 年1.8%~年14.6%
利用開始までの時間 申し込みをした当日に借り入れをすることが可能
特典 ・ 三菱UFJ銀行および提携ATMなら利用手数料無料
備考 利便性や利用限度額、貸付金利に至るまで、全ての面で優れている

③:アコム

消費者金融の中で大手となるアコムでは利用限度額が最大で800万円まで設定されるという安心プランなのに加えて、アコムマスターカードも合わせて契約ができるということが挙げられます。

カードローンとクレジットカードを1枚のカードに収めることが出来るために、カードが邪魔にならない上にお金の管理が楽になります。

アコムをもっと詳しくみる

利用限度額 1万円~800万円
貸付金利 年3.0%~年18.0%
利用開始までの時間 最短で30分程度
特典 ・ 初回利用者は30日間の無利息期間
・ カードローンにクレジットカードの機能を付与できる
備考 カードローンに合わせてクレジットカードの機能を付与することが出来るのが特徴的。 クレジットカードの限度額とカードローンの限度額を連動させることが出来る

④:ダイレクトワン

スルガ銀行が提供するダイレクトワンでは、月々の返済は4,000円からでも大丈夫です。最短即日回答、来店不要申込み可能ですが、来店すると申し込みをした当日に借り入れをすることが可能になります。

1万円からの借り入れ可能でバイト・アルバイトOK!

ダイレクトワンを詳しく見る

利用限度額 1万円~300万円
貸付金利 年4.9%~年20.0%
利用開始までの時間 最短で申し込みをした当日に利用が可能
特典 ・ WEBで手続きを完結できる
備考 カードローン以外にも様々なローンプランが充実している。返済が楽なのが特徴。

⑤:SMBCモビット

WEB完結申込なら勤め先に電話連絡なし!自宅にいながらスマホやパソコンを使って申込が完了することが可能です。

大手都市銀行の三井住友銀行グループなので安心です。融資限度額は最大800万円!自営業の方も申込み可能です。

モビット

SMBCモビットを詳しくみる

利用限度額 1万円~800万円
貸付金利 年3.0%~年18.0%
利用開始までの時間 最短1時間程度で利用可能
特典 ・ 三井住友銀行ATMで利用手数料が無料
・ モビットアプリだけでキャッシングが可能
・ 電話連絡なし、郵送物なしのキャッシングが出来る
備考 勤務先への電話連絡なしのキャッシングプランが用意されているために、会社に電話連絡されるのが嫌だという方にオススメ

⑥:アイフル

最大30日間利息0円での借り入れが可能です。

WEB契約時に「カードレス」「口座振替(自動引落)」を選べば郵送物をゼロにすることが可能です。その場合、スマホのアプリがカード代わりとなり、お近くのセブン銀行ATMから借入・返済などの取引ができるので大変便利です。

アイフルを詳しく見る

利用限度額 1,000円~500万円
貸付金利 年4.5%~年18.0%
利用開始までの時間 最短1時間程度で利用できる
特典 ・ 初回利用時から30日間が無利息
備考 カードローンだけではなく、ビジネスローンやおまとめローン、レディースローンなど、多種多様なローン商品を提供しているということが特徴的。郵送物ゼロ、カードレス化が可能なので家族バレしにくい

大手消費者金融会社・大手企業のキャッシングのカテゴリーで選ぶ

プロミス  バンクイック アコム
三井住友銀行グループ・プロミスのカードローンキャッシング。キャッシングしやすくオススメ!
【お利息(実質年率)】
4.5%~17.8%
【審査時間】
webで3項目入力簡単3秒診断
【利用可能額】
最高500万円
プロミス詳細
三菱UFJ銀行が扱うカードローンです。申し込みをした当日に借り入れをすることが可能!!銀行の安心感と低金利が魅力です。
【お利息(実質年率)】
1.8%~14.6%
【審査時間】
ーーー
【利用可能額】
最高500万円
バンクイック詳細
三菱UFJファイナンシャルグループが扱うカードローンです。3秒診断でお借り入れ可能かすぐにわかります!
【お利息(実質年率)】
3.0%~18.0%
【審査時間】
WEB上で数秒審査
【利用可能額】
1万円~800万円
アコム詳細
 SMBCモビット  ダイレクトワン アイフル
WEB完全申込に対応しており、契約時に店舗に出向く必要がなく自宅で完全OK!
【お利息(実質年率)】
3.0%~18.0%(実質年率)
(*新規契約の方が対象)
【審査時間】
ネット上で確認可能
【限度額】
1万円~800万円
SMBCモビット詳細
超スピード審査で最短即日回答!4.9%~の低金利のカードローン。来店不要で契約できます。返済ラクラク月々4,000円〜
【お利息(実質年率)】
4.9%~20.00%
【審査時間】
最短即日回答
【利用可能額】
1~300万円
ダイレクトワン詳細
早くて便利、しかも簡単、安心がモットーのアイフル!スマホアプリがカードの代わりになるカードレス化が可能。
【お利息(実質年率)】
4.5%~18.0%
【審査時間】
【最短30分】
【利用可能額】
1,000円〜500万円
アイフル詳細

初めてのキャッシングに必要なものを紹介

初めてキャッシングを利用する人の多くは、キャッシングをするということに対して引け目を感じている人が非常に多くなっていることが特徴的です。

特に日本人の場合は「お金を借りる」ということに対して忌避感を抱いている人が多いために、友人や知人、家族に対してもお金に関する問題を相談することが出来ないという悩みを抱えているケースが多くなっています。

お金の悩みは誰もが持っているもの、急遽まとまった現金が必要になる場面は誰しも必ず訪れます。 そのような場合に利用するのが消費者金融や銀行が提供しているカードローンやフリーローンということになっていますが、こちらに関しても映画やマンガの世界にあるような悪徳金融をイメージしている人が多いのか、良くないイメージを持っている人が多いです。

そして、初めての人にとってお金を借りるというのはこわいという意見が多いと思います。 しかし実際は計画的に利用すれば何もこわいことはありません。 そこで今回は、これから初めてキャッシングを利用したいという方に、少しでも不安感を払拭できるようキャッシングについて簡単にお紹介します。

しかし、実際にそれほど良くないイメージの企業ならば、これほど多くの媒体(テレビや雑誌)の広告で宣伝されることがないということになりますので、基本的には一般的な企業と同じだというように考えて下さい。

申込に必ず必要になる書類

初めてキャッシングを利用する方の場合は、何を準備すれば良いのか分からないという方も多いと思われますが、こちらでは初めてキャッシングを利用する方に向けて、多くの消費者金融や銀行のキャッシングに申し込みをする際に用意しておいたほうが良いものについて詳しく紹介していきます。

まずは必ず提出が求められる書類についてですが、こちらは「本人確認書類」が挙げられます。

申し込みをした人が本当に本人なのかどうかということを確かめるための書類となっていて、基本的には顔写真付きの身分証明書を提出することになります。

顔写真付きの身分証明書というと、主に下記の4点が挙げられます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 顔写真付き住基カード
  • マイナンバーカード(顔写真付き)

このようになっていますが、マイナンバーカードに関しては企業側が管理するシステムが整っていないということもあって該当項目に記載されていないケースも多いです。

運転免許証が無難だということになりますが、こちらで紹介した身分証明書以外にも、健康保険証や住民票の写しなどでも本人確認書類として認められるケースがあります。

しかし、金融機関によっては顔写真付きの身分証明書に限定されているケースもありますので、その辺りに関しては利用しようと考えているローンの詳細を確認するようにして下さい。

次に提出が求められやすい書類についてですが、こちらは「所得証明書類」となっています。

所得証明書類の提出に関してはキャッシングローンを提供している企業によって内容が異なっているケースが多くなっていますが、下記の2点のいずれかに該当する場合は必ず提出しなければいけません。

  • 1社で設定される利用限度額が50万円を超える場合
  • 複数社での合計利用限度額が100万円を超える場合

この2点のいずれかに該当する場合は、所得証明書類を提出することになりますので、予め準備するようにして下さい。

 しかし50万円を超えるキャッシングに関しては、法規により収入証明書の提出を求められます。 収入証明書とはあなたの前年度の収入を証明するものです。 公務員や会社員の人であれば源泉徴収がこれにあたり、自営やアルバイトの方は確定申告をした際の控えや役所で発行してもらえる住民税証明がこれにあたります。

そして、所得証明書類として利用されやすい書類の種類についてですが、そちらは下記の4点が挙げられます。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 住民税課税証明書
  • 給与明細書

主にこれらの書類の中からいずれか1点の提出が求められることが多くなっていて、基本的には給与明細書よりも源泉徴収票や確定申告書のように公的証明書のほうが良いとされています。

金融機関によって、給与明細書は所得証明書類として認められないというケースもありますので、その点に関しては十分に注意しなければいけません。

どのような金融機関が提供しているキャッシングを利用する場合でも、本人確認書類と所得証明書類の2点を準備しておけば問題なく手続きをすることが出来るようになっていますので、書類の準備に関しては、この2点の準備を怠らないようにすれば良いでしょう。

キャッシングを利用する上で大切なことを紹介

キャッシングを利用しなければいけない機会というのは、多くの人に訪れることになります。

常日頃から倹約して貯金をキッチリとしている人でも、貯金している以上の金額がトラブルで舞い込んでくればキャッシングをしたり、友人や知人から借金をしたりすることになりますので、キャッシングを利用しなければいけないという状況は、アチラコチラに転がっています

ここで重要なのは、キャッシングをすること事態を嫌がるということではなく、どうすればキャッシングを利用することが出来るのかということを前向きに考えることになっていますので、こちらではキャッシングを利用する上で大切なことについて詳しく紹介していきます。

審査で重要視される項目、してはいけないコト

キャッシングを利用する際に重要なのは「審査に通過することが出来るのか?」という部分があり、初心者の方が一番不安に抱く部分になるかと思います。

では、消費者金融の審査とはどういったものなのでしょうか? まずあなたが消費者金融の窓口で提示を求められるものは身分証(免許証や保険証)氏名・住所・電話番号・年収・職場、そして過去のキャッシングの有無をきかれます。 ここで重要になるのが嘘偽りなくあなたの情報を伝えることです。 審査が通るか不安で虚偽の情報を伝えても、その情報はすぐにバレてしまいます。

審査に通過することが出来るのなら、全ての問題は解決するということになりますが、審査に通過することが出来なかった場合は、申し込み者に何らかの問題があったか、もしくは審査の基準に達していなかったというようなことが考えられます。

特にキャッシングの有無についてですが初めての方はないと答える以上ありませんが、問題はキャッシングの有無だけではありません。 例えば過去に携帯代の支払いを滞っている場合、その情報も消費者金融には筒抜けになっています。

日本には個人信用情報機関というものがあり、こちらにはあなたが過去に契約した携帯やローン、完済はしているか、支払いは滞ってないかなど事細かに記載しています。 過去に未払いなどがあると個人信用に傷がついたという状態になり、キャッシングが難しくなります。 しかし携帯代も毎月しっかりと支払い、未払い金がなければこの個人信用はクリーンな状態であり、キャッシングはさほど難しくありません。

通りやすいキャッシングと通りにくいキャッシングがある

注意しなければならないのが、金融機関が提供しているキャッシングの中には、利用することが出来るようになっただけで社会的ステータスとなるようなプランがあるということです。

このようなプランの場合は高額の利用限度額が設定されていて、貸付金利が低くなっているということが挙げられますので、誰もが利用したいというように考えますが、これらのプランの場合は審査基準が厳しく設定されていますので、利用するのが難しくなっています。

一般的に、審査に通過しやすいとされているのが、消費者金融のカードローンとなっていて、その次が信販会社のカードローン、最後に銀行のカードローンとなっています。

また、審査が行われる前に提出する申し込み書類には、嘘偽りなく全ての情報を記載するということが大切です。

嘘や虚偽の情報を記入してしまうと、それだけで審査に通過することが出来なくなってしまいますので、その点に関しては注意するようにして下さい

まとめ:

近年では、多くの消費者金融が倒産したり名称を変更したりというようなことがありますが、大手の消費者金融や銀行が提供しているキャッシングに関しては問題なく利用することが出来ると考えて問題ないです。

キャッシングは「お金を借りる」という行為となっていますので、複数の金融機関からキャッシングをしているという状況はマズイですが、初回のキャッシングに関してはキチンと仕事をしている20歳以上の人なら基本的に誰でも利用することが出来ます

ただし、利用限度額に関しては年収や返済能力などで判断されることになりますので、希望額に達しない可能性もありますので、その点に関しては注意しなければいけません。

そして、キャッシングできる限度額に関してですが一般的に総量規制により年収の3分の1がキャッシングできる限度額とされています。つまり年収150万円の人であれば50万円が総量規制による限度額(例外もあります) ですので、大抵の方は50万円程度ならキャッシングができます。

しかし借り入れする際はあなたの経済状況や生活状況を踏まえた上で、計画的にご利用ください。 以上、簡単にキャッシングに関してご紹介しましたが、幾分不安は解消されたのではないでしょうか?

それでもやはり不安は残るもの、そんな人はすぐに窓口に行くのではなく、1度消費者金融のホームページから申し込み・審査を行うといいかもしれませんね。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする