北海道銀行「住宅ローン」申込、金利、収入合算について詳細

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

北海道銀行「住宅ローン」お申し込み詳細

 詳細はこちらから

■ どのような方にも提供できる住宅ローン
■ 上手く活用すれば、貸付金利が年1.0%以下になる
■ 休日でも、ゆっくりと住宅ローンの相談をすることが出来る

北海道銀行が提供している「住宅ローン」というのは、どのような方にもオススメすることが出来るローン商品となっています。

一般的に住宅ローンというのは新規に住宅を購入する際に利用するローン商品となっていますが、北海道銀行の「住宅ローン」の場合は、新規に利用する方だけではなく、他社の住宅ローンを利用している方や、既に北海道銀行の「住宅ローン」を利用している方にもメリットがあるローン商品となっていることが特徴的です。

新規に住宅ローンを利用しようとしている方の場合、銀行が営業している時間帯に来店することが出来ないために、相談することが出来ないという方も多いです。

しかし、北海道銀行では土日祝日といった休日でもゆっくりと相談をすることが出来るために、住宅のエキスパートにアドバイスを貰うことが出来ます

返済シュミレーション あり
お試し審査 なし
知名度 ★★★★★
パート・アルバイト 不可
即日融資 最短1週間~2週間で融資が実行される
土日祝日の融資 可能

【北海道銀行 住宅ローン 詳細データ】

融資限度額 200万円~1億円
お利息 0.7%~基準金利-1.5%(実質年率)
返済方式 毎月元利均等分割返済方式
返済方法 口座振替返済
申し込み資格
  • 申し込み時の年齢が満20歳~満71歳未満の方
  • 完済時の年齢が満82歳未満の方
  • 団体信用生命保険に加入できる方
  • 個人事業主または、会社役員の場合は、事業の営業年数が3年以上の方
  • 安定して継続した収入がある方
  • 道銀カード株式会社の保証を受けることが出来る方
担保・保証人 原則として不要 ただし、下記の場合は連帯保証人が必要

  • 担保物件の借り主以外の所有者、および共同の場合の全ての共同所有者
  • 収入合算者
遅延利率 18.0%(実質年率)
入会金・年会費 なし
必要書類 不明

北海道銀行の「住宅ローン」の特徴について

北海道銀行が提供している「住宅ローン」というのは、どのような方でも利用することが出来るローン商品だということについては、冒頭でも紹介しましたが、こちらでは実際に北海道銀行の「住宅ローン」を利用する方に向けて気になる情報について紹介していきます。

北海道銀行の「住宅ローン」は、ローン商品の一種となっていますので、利用をする際には当然のことながら審査が実施されることになり、審査に通過することが出来ないと利用することが出来ない仕組みになっています。

そして、どのようなローン商品を利用する際にも重要視されるのが申し込み者の年収となっていますが、北海道銀行の「住宅ローン」では他のローン商品と同じように年収が高ければ高いほど、借りられる利用限度額が高くなるという仕組みです。

そこで、北海道銀行の「住宅ローン」を利用する際の年収の計算方法についてですが、申し込み者だけではなく、合算者の年収を加えて計算することが可能になっていることが特徴的です。

例えば、良くあるケースとしては、住宅ローンに申し込みをするのは本人だけど、頭金や諸費用を出してくれるのが申し込み者の親もしくは配偶者の親というような場合です。

このような場合には、申し込み者本人の年収を上限として2人分の年収を合算して審査をすることが可能になっていますので、申し込み者だけが審査を受けるよりも高額の利用限度額が設定されることになります。

注意点としては、この合算者というシステムを利用する際には、いくつかの条件が設けられていますので、その点に関しては注意しなければいけません。

まずは収入合算を利用する際に設けられている条件についてですが、こちらは申し込み者の年収が250万円以上で、合算後の年収が400万円以上となることが挙げられます。

さらに、肝心の合算者の年収の計算方法についてですが、こちらは同居する配偶者の年収を合算する場合には、年収の100%とし、同居する親(配偶者の親)などの場合は年収の50%を合算することが出来ます。

具体的な計算としては、申し込みをする本人の年収が300万円、そして配偶者の年収が200万円だった場合の合算年収は500万円ということになりますが、配偶者の年収ではなく親の年収を合算する場合に親の年収が700万円だった場合は、50%を合算することになるために350万円だと思われがちですが、上限が本人の年収の100%までとされるために、親の年収を合算することが出来るのは300万円までとなります。

そのため、親を合算者に選択した場合には600万円の年収ということになりますので、この場合は親と配偶者のどちらを合算者に指名しても最低条件をクリアすることは可能ですが、親を合算者に選択したほうが良い条件で北海道銀行の「住宅ローン」を利用することが出来るということです。

ちなみに、合算者として選択することが出来るのは1名に限られていますので、複数の対象者が居る場合でも、1名を選んで合算者に指名するようにして下さい。

北海道銀行の「住宅ローン」の借り入れ方法や返済方法について

こちらでは、北海道銀行の「住宅ローン」を利用することが出来るようになった後の、借り入れ方法や返済方法について詳しく紹介していきます。

まずは借り入れ方法から紹介していきますが、北海道銀行の「住宅ローン」は基本的に証書貸付タイプのローン商品となっています。

さらに、住宅の購入やリフォーム、借り換えプランを利用するために利用することが出来るローン商品ということになるために、資金使途が限定されているということも特徴的です。

そのため、借り入れた現金に関してはそのまま施工会社や業者に振込をするということになりますので、手元に現金が残らないということを知っておいて下さい。

一般的な金融機関が提供しているカードローンやフリーローンの場合は、資金使途が自由となっているために、手元に現金を残すことが出来ますが、北海道銀行の「住宅ローン」では目的以外のために借り入れた現金を利用することが出来ませんので、その点に関しては注意が必要です。

ちなみに、具体的な借り入れ方法に関しては、利用を開始するまでの手続きの中で契約を締結した段階で契約に基づいた金額が申し込み者の指定する金融機関の口座に振り込まれることによって借り入れの手続きが完了することになります。

次に返済方法についてですが、こちらは従来の住宅ローンと同じように、申し込み者の指定する金融機関の口座から自動引き落としによって毎月の返済が実行されます。

基本的に返済額が変動するということはありませんが、北海道銀行の「住宅ローン」では一部繰り上げ返済手数料が無料となっていますので、早期に完済して出来る限り利息を少なくしたいという方には、返済資金に余裕があるのならドンドン繰り上げ返済を利用するようにして下さい。

もう1つの返済方法として、ボーナス併用返済を利用することが出来ますので、ボーナス月は多めに返済をするということも可能です。

繰り上げ返済とボーナス併用返済を上手く活用することによって、人生設計を立てながら住宅ローンの返済をすることが出来るようになります。

具体的には、子どもが生まれたり子どもが進学したりといったお金が掛かる時期は返済額を少なくして、子どもが独立した後は返済額を多くすることによって老後の生活を設計するということが出来ますので、自分のライフスタイルに合わせて返済額を変動することが出来るということです。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする