アイフルは書類で在籍確認できるってホント?電話確認なしの方法を徹底解説!

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

アイフルで借入れしたいけれど、「在籍確認で職場にバレると困る!」と、申し込みを迷っている方も多いのではないでしょうか?

消費者金融の中には、職場への在籍確認が必須というところもありますが、アイフルでは他の方法で在籍確認が行える可能性があります。

つまり、職場への電話確認なしにできる可能性があるということです。

そこで今回は、どのような場合に電話確認なしにできるのかをご説明するとともに、電話以外の在籍確認の方法などについても詳しく解説していきたいと思います。

◆アイフルでは本当に電話確認なしでもOK

アイフルでは、申し込み時の在籍確認は必須となっています。在籍確認というと職場への電話確認がほとんどで、アイフル以外の大手消費者金融でもこの方法が取られています。

しかし、アイフルの場合、職場への電話確認がメインではありますが、状況に応じて「書類での在籍確認も可能」となっています。

実際、アイフルのオペレーターに書類による在籍確認希望の相談をすると、「申請者の混雑状況などにもよるが、書類による在籍確認も受け付けられる」という旨の説明をしてくれます。

アイフル以外の大手消費者金融では、書類による在籍確認の相談をしてもなかなかOKしてもらえないのが現状です。
ところが、アイフルでは、オペレーターから書類による在籍確認の案内をしてくれることもあり、在籍確認がネックで申し込みを迷っている方も前向きになれる、力強い存在であると言えます。

そもそも、なぜ電話で在籍確認するのかというと、申請者が本当に申告した勤務先で働いていれば、数分で完了するからです。

電話による在籍確認は、アイフル担当者が申請者の職場に電話をかけ、本人が出た時点で確認終了となります。毎日多くの申し込みがあるため、スムーズな審査を行うためにも電話での在籍確認が行われているのです。

「電話確認だと、会社にバレてしまう」と思っている方も多いですが、アイフルでは社名を名乗ることはなく、相手には担当者名のみを伝えるの同僚にバレる心配もありません。

なので、もし書類による在籍確認が出来なくても、それほど深く考えなくても大丈夫ですよ。

◆どのような場合に電話確認なしになるの?

在籍確認は、「申告した勤務先に本当に努めているか」を確認するために行うものであり、絶対に電話でしなくてはいけないというわけではありません。

先ほどもご説明しましたが、電話が一番手っ取り早く在籍確認ができるため、おもにこの方法はとられています。

アイフルでは、書類による在籍確認も受け付けられることが分かりましたが、では、いったいどのような場合に、書類での在籍確認がOKとなるのでしょうか?

書類による在籍確認を希望する場合、アイフルが指定する必要書類を準備して提出する必要があります。つまり、この指定書類を提出できないと、電話での在籍確認になってしまいます。

アイフルの書類による在籍確認には、以下の書類が必要です。

★健康保険証(社会保険/共済保険)※社名に記載されていること
★給与明細書(直近2か月分)
☆社員証(IDカードのようなプラスチック製)※紙は不可
☆雇用契約書
☆源泉徴収票

いずれも、勤務先が発行するものであることが大切です。

とくに、上位2つのいずれかが用意できると、スムーズに進みやすくなりますよ。

もちろん、その他の書類でもOKですので、上位の書類が用意できなくても安心してくださいね。

◆書類による在籍確認の仕方

書類による在籍確認で必要な会社発行書類を準備したら、次の手順に従って手続きを進めていきましょう。

①アイフル公式サイトから申し込みをする

アイフルの申し込み方法は、公式サイト・電話・店頭窓口・自動契約機などがありますが、書類での在籍確認をスムーズに行うためには、24時間受付の公式サイトから申し込みましょう。

ここで、アイフル申し込み時に入力する必要事項を、簡単にご説明しますね。

【申込金額】

*希望限度額:1~800万円のなかで設定←書類による在籍確認の確率を上げるためにも、借入額は必要最低限にとどめておく!
*利用目的:生活費/レジャー/冠婚葬祭/物品購入/旅行費用/引越費用/教育資金/事業資金/医療費用/車両費用/から選択※複数選択可

【お客様情報】

*氏名(漢字・カナ)
*生年月日
*性別/結婚の有無
*国籍
*扶養家族:全体人数/子供の人数
*メールアドレス
*運転免許証の有無/運転免許番号12ケタ

【住まい情報】

*住所
*携帯電話番号/固定電話番号
*住居/名義人:賃貸マンション・アパート/借家/社宅/持家一戸建て(名義→本人/共有/その他)/持家マンション(名義→本人/共有/その他)/公営賃貸/公団賃貸/寮・住込・間借・下宿/から選択」
*家賃負担額:千円単位で入力
*入居年月
*同居内容:家族と同居/家族と別居/から選択

【勤務先情報】

*勤務先名
*勤務先電話番号
*雇用形態/保険証種別
・雇用形態:正社員/派遣社員/出向社員/契約社員/パート/アルバイト/社長・代表者/委託社員/期間契約・臨時社員/から選択
・保険証種別:社会保険・共済保険・組合保険/国民健康保険/家族扶養の保険(家族名義の保険証)/その他保険/未加入/から選択
*業種/職種
・業種:卸売・小売・流通業/建設業/製造業/運輸・物流業/病院・医療・福祉機関/官公庁・協会・団体・電力・ガス/通信事業/学校・教育機関/保険業/不動産業/広告・デザイン業/農林・水産・鉱業/印刷業/金融業/出版業/証券業/放送業/その他/から選択
・職種:作業員・警備関連/店員・接客/事務スタッフ・経営者・コンサル業/工員・職人/営業(固定/歩合)/運転手・乗務員/医療関係/IT関連スタッフ/国家資格者(弁護士/調理師等)/国家公務員・地方公務員・議員/水商売関連/サービス関連/芸術・デザイン関連/編集者・記者・芸能関連/から選択
*会社規模:公務員/上場・準上場/社員500人以上/社員100人以上/社員50人以上/社員20人以上/社員5人以上/社員5人未満/単独/から選択
*給料日
*入社年月
*年収:税込金額を入力
*その他雇用形態:アルバイトや学生などはこの欄に入力

【他社借入状況】

*利用件数/借入残高

【アイフルからの審査連絡手段】

*希望連絡先:携帯/自宅/勤務先/から選択←これは審査結果の連絡で在籍確認ではないので注意!

【パスワード登録】

*数字4桁のパスワードを設定

※これらの必要事項を嘘偽りなく入力し、最後に内容を確認して送信すれば、インターネット申し込みは完了です。

②電話でオペレーターに在籍確認の相談をする

インターネット申し込みを行ったら、電話でオペレーターに在籍確認の相談をします。

その際には、「書類による在籍確認を希望する」旨をきちんと伝えましょう。

ここで注意すべきことは、電話は24時間ではないということです。

電話の営業時間は「平日9:00~21:00」であり、それ以降は利用できません。

また、混雑時期(大型連休や夏休みがある5月や8月)や混雑時間(夕方5時以降)は避けると、書類確認の確率が上がります。

スムーズな電話相談をするためにも、時間に余裕を持って申し込みを行いましょう。

③申し込みに必要な書類を準備する

申し込みに必要な書類は以下の通りです。

1.本人確認書類:運転免許証
※持っていない場合→パスポート・住民基本台帳カード・個人番号カード(表面のみ)・公的証明書(住所・氏名・生年月日が記載されているもの)・特別永住者証明書・在留カードなど、顔つきの本人証明書
※本人確認書類と現住所が違う場合→現住所が記載された書類(健康保険証・パスポート・年金手帳・母子健康手帳など)/公共料金の領収書(電気・ガス・水道・固定電話・NHKなど)/官公庁発行書類(発行日より6か月以内で、住所・氏名・生年月日記載のもの)のいずれか1点が必要
2.収入証明書※利用限度額が50万円超または、アイフルと他社借入総額が100万円超の場合に必要
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・給与明細書(直近2か月分)※賞与支給がある場合は、くわえて以年以内の賞与明細書(夏・冬・各々)も用意
・確定申告書
・所得証明書

これらのうち、いずれか1点を提出します。

④在籍確認に必要な書類を準備する

書類による在籍確認では、健康保険証(社会保険/共済保険)・給与明細書(直近2か月分)・社員証・雇用契約書・源泉徴収票のうち、いずれか1点が必要です。

収入証明書が不要な場合には、新たに上記の書類を準備しなければなりませんが、収入証明書が必要な場合には、書類確認と共通の書類(給与明細書や源泉徴収票)を準備しておくと楽ですよ。

⑤すべての書類を提出する

公式サイトの「書類提出サービス(https://aiful-doc.jp/aidoc/dmanagwServlet)」に書類をアップロードし、必要事項を入力して送信すれば、書類が提出できます。

その際、本人確認書類の文字がハッキリしているか、書類確認(収入証明書)書類の名前・発行者名・金額・直近の支給年月がきちんと写っているかを確認してから提出しましょう。

これで、アイフルの電話なしでの在籍確認が可能となります。

ただし、書類を提出したからといって必ず審査を通過できるというわけではないので、注意してくださいね。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする