キャッシング申込み時に必要なもの

キャッシング初めての方トップ

 借金について           消費者金融って怖くない?

 申し込み時に必要なもの      審査について

 返済方法は?           返済日に間に合わない!?

 利息は高い?           ネットで申し込むって大丈夫?

申し込み時に必要なもの

さて、申し込み時に必要なものは、何でしょうか?

相手も商売です。

どこの誰だかもわからない人にお金を貸してくれることはないです。

だから、まずあなたが誰であるかを証明する書類が必要になります。

要するに免許証や保険証など、身分証明となるものが必要となります。

他には印鑑があれば、とりあえず、大丈夫です。
※ただし、目的ローンや教育ローン、自動車ローンなどの場合は、それに関する資料が必ず必要となりますので、ご注意下さい。

当サイトで掲載しておりますところはほとんどがインターネットからのお申し込みを受け付けているところばかりです。

その場合、つまりインターネット経由で申し込む場合は、たいていは審査後にすぐにお振込み、その後ご自宅等に契約書を郵送と言う形をとっているところが多いです。

その時に上記のコピーを郵送すると言うカタチになります。

申し込むローンの種類にもよりますが、通常の消費者金融の場合は、これで十分です。

ただし、件数が多い場合や複数のローンを一本化する場合は、別途収入証明となるもの(給与明細や源泉徴収)なども必要になってくる場合もあります。

これらについて詳しく解説していきたいと思います。

【どのようなキャッシングを利用するのかで申し込み時に必要なものは異なる】

友人や親から借金をするという場合には、何も必要になることがないケースも多いですが、銀行や消費者金融を利用してお金を借りる場合には、必ず提出しなければならないものがあります。

まずは本人確認書類の提出が求められることになりますが、その他にも自分の収入を証明するための所得証明書類や、特定の目的のために借り入れをする場合は見積もり書や請求書、契約書類の提出などが求められることもあります。

これらの提出しなければならない書類というのは、どのようなキャッシングを利用するのかということによって異なるのがポイントとなっていて、例えば、一般的に利用者数の多いとされている消費者金融系のカードローンを利用する場合だと、本人確認書類のみで利用することが可能なケースも多いです。

しかし、事業のための借り入れとしてビジネスローンを利用する場合には、事業計画書が必要になり、設備購入費として借り入れをする場合は、購入する機材の見積もり書や請求書の提出も求められることになります。

このように、どのようなキャッシングを利用するのか、また何のためにキャッシングを利用するのかによって、提出が求められるものが大きく異なることになりますので、まずは自分の申し込みをするローン商品の規約を確認して、自分に合っているのかということを確認することが大切です。

提出が求められる書類の中には、すぐに用意することが出来ないようなものがあるケースもありますので、そのような場合には利用開始までに時間が掛かってしまうことも考えられます。

そのため、申し込みをする前に、手続きをする上で提出が求められる書類については予め用意をするようにしたほうが良いでしょう。

【提出が求められる本人確認書類や所得証明書類も、提出する書類によって評価が変わる】

一般的なカードローンを利用する場合に提出が求められる可能性が高いのが本人確認書類と所得証明書類の2点となっていて、資金使途が自由になっているフリーローンでは、ほとんどがこの2点の書類を用意しておけば、他に提出が求められることもありません。

しかし、この2点の書類には様々な種類があり、提出書類として認められるものについては、各カードローンによって異なりますが、提出する書類によって評価が変動するということについては、あまり知られていません。

そしてこちらでは、一般的なカードローンを利用する際に提出が求められる可能性の高い2つの書類と、どの書類を提出することが高い評価に繋がるのかということについて紹介していきます。

まずは本人確認書類についてですが、本人確認書類として認められる書類については下記のものが挙げられます。

  • 運転免許証や運転経歴証明書
  • 各種健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

これらの書類のうち、いくつかの書類が本人確認書類として認められることになりますが、運転免許証やパスポート、特別永住者証明書については、どのキャッシング会社を利用した場合でも本人確認書類として認められるケースが多いです。

しかし、この中でも評価が高いとされている書類に関しては、運転免許証および運転経歴証明書と、特別永住者証明書の2点となっていますので、その他の書類については本人確認書類としての評価が1枚劣るということを知っておいて下さい。

次に所得証明書類についてですが、所得証明書類として認められる書類については下記のものが挙げられます。

  • 源泉徴収票の写し
  • 税額通知書の写し
  • 所得証明書の写し
  • 確定申告書の写し
  • 給与明細書の写し

これらの書類が所得証明書類として認められることになります。

この中でも評価が高いとされている書類については、源泉徴収票の写しとなっていて、その他の書類に関しても高い評価を受けることが可能になっていますが、注意点としては、給与明細書の写しに関しては評価が低くなってしまいますので気を付けて下さい。

特に近年では副業をしている方も多くなっていますので、給与明細書では、その人の年収を詳しく知ることが出来ないために、少し評価が低いということになります。

書類の提出に関しては手続きをする上で大切なことになりますが、特定の書類を提出することによって評価を上げることが出来て、審査に通過する可能性をアップさせることが出来ますので、少しの手間を掛けることでより良い評価に繋がるのなら手間を惜しまないようにして下さい。

消費者金融系のカードローンの場合は、所得証明書類の提出が求められないこともあり、提出しなくても審査に通過することが出来ることも多いですが、所得証明書類を提出することによって審査に通りやすくなるだけではなく、利用限度額の増額にも関係することがありますので、提出しないよりも提出したほうが優遇される可能性が高いということに繋がります。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 土日祝日も!どうしても今すぐ借りたい!
  詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする