プロミスはすぐに5万円借りるのは可能!プロミス5万円の返済額は?

他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはプロミス! ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

給料日前や急な出費などで、少しだけお金が足りないことってありますよね。

家族や友人に頼んで借りると言う方法もありますが、なかなか知り合いからお金を借りるってハードルが高いです。

そんなときに便利なのがカードローンですが、その中でも大手消費者金融のプロミスなら問題ないでしょう。

今回はプロミスで5万円借入する事は可能なのか?

またその時の返済額はいくらになるのか?

そしてプロミスの他にも小額の借入が可能な所はどこなのかを合わせてご紹介しましょう。

5万円を借りたい時に最適な方法はカードローン!

5万円を借りたい人や、小額融資に対応しているカードローンを選びましょう。

フリーローンや多目的ローンと言うのもありますが、5万円以下の小額でも借入できるのはカードローンが良いですね。

5万円を借りられる金融商品を提供しているのは以下のようになります。

資金使途が自由なローン 5万円以下の借入 ターゲット層
カードローン 自由な金額で手軽に借りたい人
フリーローン・多目的ローン × まとまったお金が必要な人

フリーローンや多目的ローンは、まとまったお金が必要な顧客層をターゲットにしているので、5万円以下の少額融資には対応していません。

一方で、カードローンは手軽にキャッシングしたい人向けに展開されている商品で有り、高額融資だけでなく、5万円以下の少額融資にも対応してくれるので、ありがたいですね。

1万円、3万円など自由な金額を借りられる

カードローンは1万円や3万円など、自由な金額でお金を借りられるメリットがあります。

例えばアイフルなどでは、1,000円単位での借入が可能であり、必要額に合わせて借入希望額を細かく設定できますよ。

小額の借り入れに対応しているため、借りすぎないか心配な人や、少しだけ借りたいときにも最適と言えるでしょう。

さらにカードローンは、一度審査に通貨すると何度でも借入可能になります。

フリーローンや多目的ローンのように借入の回数を制限されることもなく、こまめに融資を受けられるのが嬉しいポイントですね。

小額融資を希望する人は審査に通りやすい

カードローンの審査では、5万円程度の少額融資を希望する人が最も優遇されています。

借入金額が少ない人は、返済できなくなる可能性が低いと判断されるからでしょう。

実際に3年以内に貸金業者からお金を借りている人のうち、40%は借入額が10万円未満であるという調査結果が出ています。

借入金額 割合
1~10万円以下 39.4%
11万~30万円以下 22.8%
31万~50万円以下 12.6%
51~100万円以下 15.5%
101万円~200万円以下 7.0%
201万円以上 2.7%

反対に借入金額が200万円を超える人の割合は2.7%となっており、融資を受けるのが難しいと言えます。

つまり、借入金額が少ないほど審査に通貨しやすいということです。

5万円程度の借入なら、収入が少ない人でも審査に通過できる可能性が高くなります。

アルバイトや学生でも融資を受けられる

アルバイトや学生は収入が少なく、多重債務に陥る可能性があることから、高額融資を希望する審査で不利になるケースがあります。

しかし、借りたい金額が5万円程度なら、アルバイトや学生といった収入が少ない人でもカードローンで融資を受けられます。

借入金額が5万円程度であれば、毎月の返済額が数千円でも無理なく完済を目指せると判断されるからです。

カードローンはフリーローンや多目的ローンなどといった他の金融商品よりも貸付の幅が広く、アルバイトの他にもパート主婦や日雇い勤務の人でも貸付対象になります。

ただし、アルバイトがお金を借りる場合、勤務日数が少ないと返済能力が低いと判断される可能性があります。

借入希望額が50万円以下なら年収を細かく確認されない

カードローンで5万円を借りる場合、年収を細かく確認されないのも審査に通過しやすい理由のひとつです。

カードローンでは、借入金額が50万円を超えない限り収入証明書の提出を求められません。

収入証明書が必要になる条件に付いて、日本貸金業協会の公式ホームページに記載されています。

つまり、年収額が少なくても審査で不利にならないということです。

収入証明書を提出すると返済能力に問題があると判断された場合に融資を受けられなくなってしまうため、不安要素がある人は、カードローンで申し込むのが得策と言えます。

では、5万円を借りたい人に最適なカードローンはどれなのか解説していきます。

5万円借りるならどのカードローンを選ぶべき?

カードローンと言っても様々な商品があり、展開している金融機関は300社以上にも登ります。

5万円を借りたいときは、どのカードローンが最適なのか、主要どころの大手11社で実際にかりて調査しました。

カードローンの大手消費者金融を比較した結果は以下の通りです。

カードローン 借入最少額 即日融資 WEB完結
プロミス 1,000円から借入可能 最短20分融資
アコム 1,000円から借入可能
アイフル 1,000円から借入可能
レイク 1,000円から借入可能
三井住友カードローン 10,000円から借入可能
SMBCモビット 1,000円から借入可能
楽天銀行スーパーローン 10,000円から借入可能 ×
ジャパンネット銀行カードローン 10,000円から借入可能 ×
みずほ銀行カードローン 10万円から借入可能 ×
三菱UFJ銀行カードローン 10万円から借入可能 ×

カードローンのなかでも、、消費者金融なら最少1,000円から借入できます。

5万円以下の小額融資に前向きな上に、即日融資にも対応しているのでとても便利に使えますよ。

5万円以下の借入ならオススメはプロミス!

プロミスのカードローン金利は4.5%~17.8%です。

消費者金金融の中では低い金利とされていますが、パッと見、この数字が高いのか低いのかわかりませんよね。

また、カードローンの選び方で「金利を比べるだけでよいのかわからない」と言う方もいるでしょう。

また、金利以外でのプロミスとの他の消費者金融との比較などをご紹介していきますね。

プロミスの金利は他社と比較してどうなの?

カードローンの金利を比較するときは「上限金利」を比べることがポイントです。

上限金利とは例えばプロミスなら「4.5%~17.8%」となっていますが、この中で17.8%の事を言います。

金利の幅の最も高い数字の事ですね。

逆に低い方は「下限金利」と言われます、

消費者金優乃金利は申し込み後の審査内で決まりますが、始めての方はほとんど上限金利が適用されます。

また借入金額にもよりますが、5万円以下なら間違いなく上限金利が適用されると思っておきましょう。

他の消費者金融と比較してプロミスの金利はやや低い

中小消費者金融は上限金利20.0%の会社が多くありますが、大手消費者金融の上限金利は18.0%が大半です。

その中で唯一、プロミスだけが17.8%の上限金利になっていますね。

消費者金融 金利(年率) 借入限度額
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
アコム 3.0%~18.0% 800万円
レイク 4.5%~18.0% 500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 3.0%~18.0% 800万円

金利の違いはローン選びで重視されていますが、実は小額のキャッシングで短期間に完済する場合はそれほど大きな問題では無いとされています。

それでも金利は低い方がいいので、その点でもプロミスはメリットがあると言えるでしょう。

金利で支払う利息が決まる

「いくらの利息を支払う事になるのか」の計算に使われるのが利息です。

同じ借入額と返済額なら、金利が低いほど利息の負担が軽くなります。

「4.5%」の可g年の金利が適用されるには、プロミスからの大きな信頼が必要ですが、実際に下限の金利が適用されたという方は少ないと思いますよ。

500万円借りれば4.5%の金利が適用されると思いますが、そこまで貸してくれるかどうかは疑問ですね。

総量規制の関係で500万円借りる為には年収が1,500万円必要になるので、そんなに稼いでいる人がプロミスで借りるって言うのも中々想像がつきません。

法律で決められている消費者金融の上限金利

消費者金融の金利は銀行カードローンよりも高く設定されていますが、上限がないわけではありません。

利息制限法という法律によって金利の上限が決められています。

元金 上限金利
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%

借入した元金に応じて、上限となる金利が決められています。

中小消費者金融のローンでは上限金利は20%のものも多くありますからね。

利息制限法に当てはめてみると10万円未満の借入に対しては、20%が適用されますが、10万円以上を借りると上限金利が18%になることがわかります。

逆にいえば、10万円以内で借りるなら、20%の金利でも法律上まったく問題がないということです。

ここで、プロミスの金利を見てみると「17.8%」に設定されています。

プロミスなら10万円未満の借入でも上限金利17.8%が金利になるわけなので、利用制限法から考えても良心的な金利と言えるでしょう。

プロミスの金利を活かすなら「借り手すぐ返す」が1番!

銀行カードローンに比べて金利が高い、消費者金融の中では金利が低い、そのプロミスの金利を活かすなら「小額を借りて短期間で返す」が1番です。

例えば給料日まで後数万円あれば・・・急に出張が入って5万円ほど必要になったなど、継続する借入ではなく突発的な借入でなおかつ小額が良いでしょう。

プロミスの金利(利息)はいくら?リアルな金額は?

「金利の利息よりも、知りたいのは具体的な利息なんだけど・・・」と言う方も多いでしょう。

もちろん、金利の水準は利息額に大きく影響しますが、だからといって「金利が高い=支払利息が高い」というわけでもありません。

何故かというと、支払利息には「支払期間」が大きく影響するからです。

場合によっては、低金利なサービスで長期間借入するよりも、高金利な商品で短期返済したほうが結果的に利息が少なくなるケースもありますね。

つまり、金利だけを比較するより完済までの利息額そのものをチェックしたほうが、よりメリットのあるサービスを見分けやすいという事です。

ここではプロミスの返済シミュレーションを一覧にまとめ、支払い利息額を日T目で把握出来るようにしました。

借入残高 毎月の返済額 想定金利 完済までの期間 発生する利息 合計返済額
5万円 2,000円 年17.8% 32ヶ月 12,923円 62,923円
10万円 4,000円 25,864円 125,864円
15万円 6,000円 38,810円 188,810円
20万円 8,000円 51,743円 251,743円
25万円 10,000円 64,688円 314,688円
30万円 11,000円 36ヶ月 87,289円 387,289円
40万円 11,000円 53ヶ月 179,111円 579,111円
50万円 13,000円 58ヶ月 246,160円 746,160円
60万円 16,000円 56ヶ月 282,859円 882,859円
70万円 18,000円 59ヶ月 351,341円 1,051,341円
80万円 21,000円 57ヶ月 387,442円 1,187,442円
90万円 23,000円 59ヶ月 456,640円 1,356,640円

プロミスで5万円を借入したとして、金利は17.8%で計算すると毎月2,000円の支払いで、利息が12,923円になり、合計返済額は62,923円になります。

5万円市価借りてないのに、こんなに払うのは馬鹿らしいって思いますが、お金を借りるってそういうことですからね。

できるだけ損をしたくなければ、早めに返済するという事になるでしょう。

無利息サービスを利用しよう!

プロミスには初回借入日の翌日から30日間の利息が免除される「無利息サービス」という特典が用意されています。

この無利息サービスは以下の条件を満たす必要があります。

  • プロミスを始めて利用する
  • メールアドレスを登録する
  • WEB明細を利用する

始めてお金を借りた日から30日間の利息が無料になります。

もちろん、発生する利息額はたくさん借入すればするほど高額になりますが、たくさん借入したとしても30日間に完済すれば、利息を支払う必要が無くなるという事です。

ちなみに、大手消費者金融の中でも「初回借入日の翌日から」という無利息サービスはプロミスだけ!

他社の場合は「契約日の翌日から」というサービス内容ですね。

この差は大きいので、是非プロミスを利用して欲しいです。

まとめ

プロミスで5万円の借入はできるのか?

そして5万円借入したときの金利などをご紹介しました。

プロミスは大手消費者金融の中で上限金利が17.8%と1番低いですし、30日間の無利息サービスも「初回借入日の翌日から」ということで、オススメです。

是非お金に困った時には利用して欲しいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。