アイフルと統合!シティズビジネスローンの審査、口コミ、申し込み詳細

シティズのビジネスローン(信用融資)お申し込み詳細(消費者金融会社)

※アイフルと統合いたしました。

   ※アイフルはこちら ■ 必要書類が少ないいビジネスローン!
■ 最高融資額1,500万円!
■利用限度額は1~500万円

アイフルグループのシティズが提供するビジネスローン!

最高融資額1,500万円まで可能。

さらに最長返済回数は16年200回払いなので、長期的に計画を立てて申し込むことも可能です。

手形、担保、印鑑証明は一切不要です。

お申し込みの前にお試し診断もあるので便利です。

他社利用 可能
返済シュミレーション あり
お試し審査 なし
知名度 ★★★★☆
パート・アルバイト —–
即日融資 —–
土日祝日の融資 —–

【シティズのビジネスローン(信用融資)詳細データ】

融資限度額 50万円~1,500万円まで(要審査)
お利息 15.0%~29.2%(実質年率)
審査・融資時間 申し込み後、審査結果、必要書類等について担当者より連絡。その後、契約となる。
入会金・年会費 なし
返済方式 ・元金自由返済 最長3年(36回以内)
・元金均等返済 最長16年8ヶ月(200回以内)
※中途完済、約定前完済も可能です。違約金・手数料不要。
返済方法 店頭窓口または銀行振り込み
申し込み資格 1. 事業を経営している本人であること
2. 資産、借入、従業員数、売上、項目から収支バランスが適当と思われる状態であること
担保・保証人 原則必要
※審査内容により保証人不要の場合もあり、根保証ではありません。
※法人の場合は、代表者の個人保証が必要です。
遅延利率 実質年率 29.20%以下
必要書類 お申し込み時
決算書・確定申告書等、ご本人様を確認できる書類(運転免許証、パスポート等)ご契約時
印鑑証明、会社謄本、ご本人様を確認できる書類(運転免許証、パスポート等)

『アイフルに吸収合併されたシティズという商工ローン』

2015年現在では、既に存在していませんが、かつて「シティズ」という商工ローンが存在していました。

シティズは商工ローンとなっているために、消費者金融のように一般のサラリーマンや主婦を対象としていたのではなく、経営者や個人事業主をターゲットに展開していたキャッシング会社となっています。

貸付限度額は1,500万円となっていて、原則として保証人や担保は不要となっていましたが、実際には保証人を用意して担保を設定して借り入れをするというケースが多かったようです。

申込みや審査の方法についても、一般の消費者金融とは異なっていたとされていますが、今回は、それらの仕組みについて紹介していきます。

また、既に存在しない商工ローンとなっていますので、その辺りの経歴も含めて紹介していきます。

『シティズという商工ローンは、どんなキャッシング会社なのか?』

シティズという商工ローンでは、申し込みをする際の基準として、「設立および開業から1年以上が経過している方」という制限がありました。

また、申込時に経営者の場合は代表者の個人保証も必要となっていたために、「会社が融資を受ける」という方法ではなく、「会社が借りるが代表者が借入金に対して保証する」というシステムが採用されていました。

貸付金利については、8.0%~18.0%となっていて、当時の商工ローンの中では良心的な金利となっていましたが、借入の際に担保が必要なケースが多かったとされていますので、金利分は担保で埋め合わせをするという仕組みだったようです。

担保として用いられていたのは、不動産や小切手の他に、有価証券や商業手形、ゴルフの会員権などあらゆるものが担保として用いられていました。

もちろん、担保なので借入金が返済できなければ担保が取られるということになります。

良心的な金利に見えて、融資金額が大きくなるために、100万円を超えると利息だけで大金となることも少なくありませんでした。

『シティズでは2つの返済方式が採用されていた』

2015年現在、消費者金融やキャッシング会社で借入をした際には、元金均等返済で自由返済が認められているものが多くなっています。

これは、どういうことかというと、一定金額以上の支払いをするのなら、いくら返済しても構わないということになります。

つまり、借入をしてから出来る限り早く完済すれば、その分だけ利息が少なくて済むという方式になっています。

しかし、当時のシティズで採用されていた返済方式は現在の返済方式と少し異なっていました。

それは「元金均等返済」と「元金自由返済」の2つになっています。

元金均等返済というのは、分かりやすく言えば「クレジットカードのリボルビング払い」とおなじになります。

毎月一定の金額を払い続けて、定められた回数の返済が完了すると完済になるということです。

最初から返済に至るまでの回数が設定されているので、定められた金額以上の返済を受け付けてもらえないことが特徴的です。

そして、元金自由返済というのは、利息以上の返済をしなければならないということについては変わりませんが、元金の返済については利用者に一任されるということになります。

ただし、完済までの最長期間が設定されているので、それまでに完済しなければならないということになります。

近年の消費者金融では、自動更新というように、期限が過ぎても自動的に更新される仕組みを採用しているキャッシング会社も多くなっていますが、シティズでは基本的に担保が必要なキャッシングプランとなっていたために、期限が過ぎた場合は担保で払うということが多かったようです。

シティズでは、返済方式によって期限が異なっていて、元金自由返済では最長3年(36回以内)とされていて、元金均等返済では最長16年8ヶ月(200回以内)とされていました。

元金均等返済のほうが期限も長いためにメリットが大きいように感じるかもしれませんが、期限が長いということは、それだけ支払う利息が多いということにも繋がります。

例えば、500万円の借り入れをして、元金均等返済で金利が18%の際に、200回払いを選択したとすると、総額で返済する金額は1,253万7,500円となり、元金の2.5倍程度の金額を返済しなければならないということになります。

これが、経営者にとって商工ローンが恐れられていた理由とされていますが、商工ローンは銀行よりも審査が緩く、銀行と同じように多額の融資をしてくれるキャッシング会社となっていますが、銀行よりも遥かに高金利となっているために、すぐに完済することができるのなら問題ないかも知れませんが、すぐに完済できなかった場合は借入金額の2倍以上の返済をしなければならないという危険性もあります。

そのため、現在では少し趣きが異なりますが、当時の商工ローンは、経営者にとって「最後の砦」となっているケースが多く、背水の陣となっていたことが挙げられます。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする