大口の個人向けプランのNISグループのスマートトラストの申し込み詳細

NISグループのスマートトラストのお申し込み詳細(消費者金融会社)

   ※終了しました。 ■ 利用限度額最大1000万円!
■ 担保・保証人不要
■ スマートトラスト以外にも多彩なサービスが充実!

NISグループのスマートトラストなら、担保・保証人なしで最大1,000万円まで融資可能です!

審査には数日かかりますが、実質年率15.0%以下なので、数件の借り入れをおまとめすることも容易です。
もちろんその分月々の利息や支払いは軽減されますので、ぜひこの機会にお申し込みを!

その他、NISグループは他にも多彩なサービスが充実しています。

お急ぎの方は、即日融資可能なファーストプランもあります。

【関連商品】
ファーストプラン

他社利用 可能
返済シュミレーション なし
お試し審査 なし
知名度 ★★★★☆
パート・アルバイト 要相談
即日融資 不可
土日祝日の融資 不可

【NISグループ スマートトラスト詳細データ】

融資限度額 51~1,000万円(慎重な審査が必要)
お利息 年率8.00%~15.00%(実質年率15.00%以下)
審査・融資時間 慎重な審査が必要
入会金・年会費 なし
返済方式 元利均等返済・元金自由返済・一括返済
返済方法 自動引き落とし、銀行振り込み、店頭返済
申し込み資格 給与所得者、満25歳以上で安定した収入のある方
担保・保証人 原則として不要
遅延利率 年率21.90%以下
必要書類 1. 運転免許証・健康保険証等、本人を確認できるもの
2. 源泉徴収票・所得証明書等、収入を確認できるもの
契約時、印鑑証明書・実印

『NISグループが倒産する以前に提供していたスマートトラストというプランについて』

NISグループというのは、東証一部にも上場していた大規模なキャッシング会社となっていますが、既に倒産して存在しないキャッシング会社となっています。

そんなNISグループが運営していたキャッシングプランの中にスマートトラストというキャッシングプランがあり、このキャッシングプランの特徴としては、最大1,000万円のキャッシングが可能だったプランということもありますが、何よりも、1,000万円もの融資をしてくれるのにもかかわらず、担保や保証人が一切不要だったということも特徴の一つになっています。

今回は、NISグループが提供していたスマートトラストというキャッシングプランについて詳しく紹介していきます。

『NISグループのスマートトラストは、どのようなキャッシングプランだったのか?』

NISグループのスマートトラストというキャッシングプランは、大口の個人向けキャッシングプランとなっていて、利用限度額の下限は51万円となっていますが、上限が1,000万円というキャッシングプランとなっています。

貸付金利についても、8.0%~15.0%となっていて、グレーゾーン金利が全盛だった当時から考えると、かなりの低金利だということがよく分かります。

残念ながら、現在では1,000万円の利用限度額があると、5%を切っている金利が一般的なので、それほど珍しいものではありませんが、当時ではかなり利用者に優遇しているキャッシングプランとして有名でした。

申込方法についてはインターネットからNISグループの公式サイトにアクセスをして、スマートトラストの申し込みフォームから申し込みをするということになっていましたが、冒頭でも紹介したように、保証人や担保は一切不要となっていて、必要な書類としては運転免許証や健康保険証などの本人確認書類と、源泉徴収票や所得証明書などの収入証明書類のみとなっていました。

残念ながら、給与明細書などの収入証明書類については取り扱ってもらえなかったということになりますので、公的な収入証明書類が必要だったとされています。

申込みの条件としては、25歳以上で安定した収入がある方となっていますが、注意点が1点だけありました。
それは、事務手数料として、貸付金額の3%を支払わなければならないというものでした。

これは、金額にかかわらず3%となっていたために、1,000万円の利用をするのなら30万円の事務手数料が発生したということになりますので、金額によってはかなり大きな費用になるということになります。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする