アローは闇金?審査時間や信頼できる金融会社か調査した結果とは

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

全国には、一部の地域の一部の人達にしか知られていない街金(中・小消費者金融)が数多く存在しており、名の知れた大手消費者金融で借入ができない人達の助け舟となっています。

しかし、その中には申込人の弱みにつけ込んで詐欺を働くヤミ金(悪徳消費者金融)も存在しているのも事実であり、何らかのトラブルに巻き込まれてしまう人も少なくありません。

そのため、中・小消費者金融を利用する場合には、審査の通りやすさだけで選ぶのではなく、業者の評判も参考にする必要があります

名古屋に本社を置く『アロー』は、数ある街金の中でもトップクラスの良い評判を持つ中・小規模の消費者金融であり、闇金ではありません。

そこでこの記事では、小さいながらも融資対応に定評がある『アロー』について、詳しくご紹介していきます。

記事の目次

アローとはどんな消費者金融?

『株式会社 アロー』は、もともと岐阜県にて不動産の売買や賃貸物件の提供・仲介などを行う不動産関連業者として設立されました。それが2000年11月のことで、その当時は「有限会社 アロー」でした。それから約10年後の2010年2月に、社名を今の「株式会社 アロー」へと変更し、本社も岐阜から名古屋市中村区に移転します。更に、同年5月には貸金業者として愛知県知事の認可を受け、消費者金融のアローとなったのです。そして、2016年に名古屋市中川区に本店を移し、現在に至っています。

アローでは、「信頼」・「コンプライアンス」・「責任」という3つの企業理念を掲げてお客様にサービスを提供することで、途中で挫折することなく安定した経営を展開していこうと努力しています。

*信頼:貸金業は、お客様からの信頼が大きなカギであり、信頼が得られない貸金業者にはお客様は訪れてくれません。アローでは、申し込みを頂いた際には、必ず希望時間にお客様へ連絡することを徹底しています。また、新規のお客様などには、様々な不安や心配を取り除くために丁寧かつ分かりやすい説明に努めています。

*コンプライアンス:お客様から安心して利用してもらうためには、コンプライアンス(法令遵守)は必要不可欠であり、健全な貸金業を営むためにも重視すべき点です。アローは、愛知県知事から貸金業登録の認可を受けた正規の貸金業者であり、また法律に則って適正な経営を行う貸金業団体の日本貸金業協会の会員にもなっています。従って、悪質業者が法律外金利での貸し付け、違法は取り立て、紹介屋などの違法行為などは一切行いません。

*責任:個人のお客様には毎日笑顔で生活が送れるよう、法人のお客様には安定した経営が行えるよう、その人それぞれに合った融資を提供していくことが貸金業の責任であるとアローは考えています。そして、それが社会の発展につながると信じて、社会に認められる企業を目指しています。

アローが提供するローン

アローでは、「フリープラン」と「貸金業法に基づく借換ローン」の2種類を提供しています。

フリープラン

フリープランは、使い道が自由なフリーローンのことで、手軽に利用できるところが魅力です。
◎貸付条件

融資金額 200万円まで
利用目的 制限無し
金利 実質年率15.00%~19.94%
遅延損害金 実質年率19.94%
利用対象者 ①~③を満たす方
・①25歳以上65歳以下の方
・②定期的に収入を得ている方
・③健康保険加入者
返済方式 残高スライドリボルビング方式、または元利均等返済方式(より負担が少なく返済できる元利均等返済方式が採用される確率が高いです)
返済年数 相談のうえで決定。下記の2種類の方式。
・残高スライドリボルビング方式は契約日より5年
・元利均等返済方式は最長15年以内(基本的には、契約日より5年または契約日より3年以内)
返済回数 相談のうえで決定。下記の2種類の方式。
・残高スライドリボルビング方式:60回以内
・元利均等返済方式:2回~180回(基本的には、60回以内または36回以内)
担保 原則不要
保証人 原則不要

借換ローン

他の貸金業者から借入がある場合、借換ローンでひとまとめにすることで、返済負担を軽減させることが可能となります。

◎貸付条件

融資金額 200万円まで
利用目的 複数借入の一元化による債務軽減
金利 実質年率15.00%~19.94%
遅延損害金 実質年率19.94%
利用対象者 ①~③を満たす方
・①25歳以上65歳以下の方
・②定期的に収入を得ている方
・③健康保険加入者
返済方式 元利均等返済方式
返済年数(相談のうえで決定) 最長15年以内
返済回数(相談のうえで決定) 2回~180回以内
担保 原則不要
保証人 原則不要

必要書類の提出に関して

アローでは、本人確認書類等の提出の仕方が、窓口と電話・WEB・郵送で異なります。

窓口の場合 原則、原本の提出で本人確認をします。本人確認書類としては、
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・年金手帳
・特別永住者証明書
・印鑑証明書
などが有効です。
電話・WEB・郵送の場合 原本または写しを送付することで、本人確認をします。本人確認書類は窓口の場合と一緒ですが、写しの場合は指定部分をコピーする必要があります。
・運転免許証:表面(住所変更をした場合には裏面も必要)
・健康保険証:申込人の住所・生年月日
・住所が記載されたページ
・パスポート:申込人の顔写真
・住所が記載されたページ
・年金手帳:申込人の氏名
・住所・生年月日が記載されたページ

▼コチラから公式サイトで詳細を確認▼

アローのフリープランの魅力

アローのフリープランには、他社のフリーローンにはない魅力がいくつもあります。

(1)最短45分のスピード審査

アローでは、お客様が必要な時にスピーディな融資が行えるよう、常に即日融資を心掛けています。そのため、審査時間は最短45分で行うことができ、お客様をお待たせしません。
大手消費者金融では、最短30分で審査を行うところも多くありますが、中小規模の消費者金融では審査に数日かかるところがほとんどで、アローのように最短45分というスピードで審査を行うところは少なく、またそのスピードは、中小規模ではトップクラスと言って良いです。

(2)即日融資もOK!

最短45分の審査が可能なアローでは、申し込みはWEBから行うこともでき、またその後の手続きに問題が無ければ、即日融資も可能となっています。そのため、急にまとまったお金が必要となっても、アローならばきっと力になってくれるでしょう。

(3)柔軟な審査基準で対応

大手消費者金融の場合、過去に債務整理の経験がある方や、現在複数借入を行っている方が申込をしても審査で落とされるケースがほとんどです。これは、大手消費者金融を利用する方の多くが初めて利用する方や、借入経験者でもきちんと完済して複数借入がない方が多いからです。そのため、過去に債務経験があったり複数社から借入中の方は、審査が厳しくなりがちなのです。

しかし、アローでは本当にお金が必要という方に対し、必要な金額をできるだけ融資することに力を入れているため、審査では独自基準を採用し柔軟に対応しているのです。
従って、審査に不安がある方でも、アローなら通過できる可能性があります。

(4)返済方式を選択できる

アローでは、返済方式を「残高スライドリボルビング方式」もしくは、「元利均等返済方式」から選択することができます。
残高スライドリボルビング方式とは、借入残高の金額に応じて月々の返済額が決定する返済方式をいいます。そのため、借入額が少ない場合には月々の返済額も少ないので、返済負担が少なくて済むというメリットがあります。しかし、借入額が多いと月の返済額も多くなるので負担がかかってしまいます。

元利均等返済方式とは、月々の返済額が初めから終了まで一定額に設定される返済方式をいいます。毎月同じ金額を支払うため、返済スケジュールを立てやすいというメリットがあります。ただし、返済額の内訳は、初めは元金よりも利息のほうが多いため元金の減りが遅く、返済総期間が長くなりがちです。

2つの返済方式にはこのような違いがあり、アローでは小口借入にも大口借入にも対応できるようになっています。この2つの返済方式のうち、お客様は自分に最も適した返済方法を提案してくれるので、負担を軽減しながら返済していくことができるのです。

(5)来店不要で借入できる

アローでは、WEB・FAX・郵送で申し込みが行うことができます。更に、審査で必要となる書類においても、アップロードして公式サイトから送信することができるので店舗に行く必要がありません。

特に、必要書類の送付に関しては、アローと同じ中小規模の業者では来店不要であっても後日郵送しなければならなかったり、一度来店しなくては契約できないところもあり、融資までに数日を要してしまいます。

その点、アローでは公式サイトに「書類提出専用フォーム」があり、そこから必要書類を送信することができるため、来店せずともスピーディな契約が可能となっています。お客様の中には、昼間は忙しくて郵送する暇がない方や、平日は仕事があって営業時間(平日9:30~18:00、土日祝は休業)中に来店できないという方も多いです。また、インターネットが普及した今では、全国のお客様から融資の申し込みが来ます。アローは、こうしたお客様に対してもお待たせしないファイナンスサービスを提供しているのです。

(6)パート・アルバイトでも借入可能

アローのローンが利用できない人は、年齢が23歳以下または66歳以上の方、他社借入額が年収の3分の1を超えている方、健康保険未加入の方、現在他社借入金の返済を延滞中の方、自営業者で年収証明が不可能な方となっています。つまり、これらの条件に該当せず安定した収入を得ている方であれば、パートやアルバイトの方でも利用することが可能です。

フリープランの返済シミュレーション

では、アローのフリープランで借入をした場合の返済スケジュールについて、実際にシミュレーションしてみましょう。
ここでは、10万円~99万円の範囲で、10万円ごとの返済回数や返済総額などをご紹介します。

※利息制限法では、10万円~99万円までの貸付金にかかる利息上限は18.0%としています。そのため、ここでは「金利を18.0%」とし、返済方式については、多くの消費者金融で採用されている「元利均等返済方式」を採用します。実際にアローで借入を行った場合、10万円~99万円までは金利18%で元利均等返済方式となる確率が高いです。(公式サイトの返済シミュレーターが、上記の設定になっているため)
~金利18.0%・元利均等返済方式 フリープランのシミュレーション~

借入金10万円:月の返済額は4,000円または3,000円

*毎月4,000円返済の場合

返済回数 32回
返済総額 126,365円(利息分26,365円)

*毎月3,000円返済の場合

返済回数 47回
返済総額 139,779円(利息分39,779円)

借入金20万円:月の返済額は8,000円または6,000円

*毎月8,000円返済の場合

返済回数 32回
返済総額 252,755円(利息分52,755円)

*毎月6,000円返済の場合

返済回数 47回
返済総額 279,595円(利息分79,595円)

借入金30万円:月の返済額は11,000円または8,000円

*毎月11,000円返済の場合

返済回数 36回
返済総額 389,023円(利息分89,023円)

*毎月8,000円返済の場合

返済回数 56回
返済総額 444,648円(利息分144,648円)

借入金40万円:月の返済額は15,000円または11,000円

*毎月15,000円返済の場合

返済回数 35回
返済総額 515,099円(利息分115,099円)

*毎月11,000円返済の場合

返済回数 54回
返済総額 583,125円(利息分183,125円)

借入金50万円:月の返済額は19,000円または13,000円

*毎月19,000円返済の場合

返済回数 34回
返済総額 641,296円(利息分141,296円)

*毎月13,000円返済の場合

返済回数 58回
返済総額 751,882円(利息分251,882円)

借入金60万円:月の返済額は22,000円または16,000円

*毎月22,000円返済の場合

返済回数 36回
返済総額 778,070円(利息分178,070円)

*毎月16,000円返済の場合

返済回数 56回
返済総額 889,350円(利息分289,350円)

借入金70万円:月の返済額は26,000円または18,000円

*毎月26,000円返済の場合

返済回数 35回
返済総額 904,088円(利息分204,088円)

*毎月18,000円返済の場合

返済回数 59回
返済総額 1,059,568円(利息分359,568円)

借入金80万円:月の返済額は29,000円または21,000円

*毎月29,000円返済の場合

返済回数 36回
返済総額 1,041,196円(利息分241,196円)

*毎月21,000円返済の場合

返済回数 57回
返済総額 1,196,361円(利息分396,361円)

借入金90万円:月の返済額は33,000円または23,000円

*毎月33,000円返済の場合

返済回数 36回
返済総額 1,167,120円(利息分267,120円)

*毎月23,000円返済の場合

返済回数 60回
返済総額 1,367,443円(利息分467,443円)

借入金99万円:月の返済額は36,000円または26,000円

*毎月36,000円返済の場合

返済回数 36回
返済総額 1,287,211円(利息分297,211円)

*毎月26,000円返済の場合

返済回数 57回
返済総額 1,480,108円(利息分490,108円)

※月の返済額が少なければ生活への影響も軽減でき、負担なく返済していくことができますが、その反面、返済回数が多くなるのでその分の利息が加算され返済総額が多くなっていきます。従って、生活への負担も考慮しながら、なるべく早く完済することが望ましいです。
尚、これはあくまでシミュレーションであり、利用者によっては返済期間や回数などが変わる場合もあります。そのため、返済スケジュールを立てる際の参考にすると良いでしょう。

アローの借換えローンの魅力

アローでは、他の貸金業者から借入をしている方向けに、「貸金業法に基づく借換ローン」を提供しています。この借換えローンには、多くのメリットがあります。

(1)無駄な返済金が減らせる

複数借入をひとまとめにすることで、それぞれの借入金にかかっていた利息が1つになります。それによって、無駄な利息を省くことができ返済負担が軽減されます。特に、高金利で借入をしている方の場合は、アローの借換えローンに変えることで、大幅な負担軽減が見込めます

※他社からの借入契約時期が、貸金業法完全施行前(2010年6月17日以前)である場合、グレーゾーン金利での貸付となっている可能性があります。この場合、利息の過払い金が発生している可能性があり、過払い金請求をすることで元金に充当される、または返還される可能性があります。そのため、契約時期がグレーゾーン金利適用時である場合には、借換ローンを申し込む前に弁護士か司法書士に相談することをおすすめします。(ただし、みなし弁済が適用されている場合には、過払い金返還請求はできません)

*グレーゾーン金利:利息制限法の上限金利(15.0%~20.0%)と、出資法の上限金利(29.2%)の間にあたる金利幅をいいます。以前は、利息制限法の上限金利を超えても出資法の上限金利を超えなければ処罰されることはなかったため、多くの消費者金融がグレーゾーン金利を採用していました。

*みなし弁済:一定の条件を満たす場合、たとえ利息制限法の条件金利を超えていても利息の返済が有効とみなされる制度です。このみなし弁済が有効と判断される場合には、過払い金が発生していても返還請求はできません。

一定の条件とは、
①貸金業者との金銭消費貸借契約に基づいて、債務者が任意で利息を支払った場合
②貸付時・返済時に、その都度貸金業者から法律に則った契約書・領収書を受け取っていた場合
この2つの条件を満たす場合にはみなし弁済が有効と判断されます。(2006年12月の貸金業法改正で廃止となっており、現在はありません)

(2)返済総額が減少する

借入が複数あると、それぞれの借入金に利息がかかることになります。例えば、複数社から50万円・30万円・20万円を借り入れ、返済総額が100万円であったとします。この場合、50万円・30万円・20万円それぞれに利息がかかることになるため、無駄なお金を支払うことになります。しかし、借入をアロー1社にまとめることによって、100万円に対して利息かかるのみとなり、余計な利息を支払わなくて済むようになるので返済負担が軽減されます。

(3)返済日の把握が容易になる

複数の業者から借入を行うと、返済日がそれぞれの業者で異なることもよくあり、返済日が1か月に2回も3回も訪れることがあります。これでは、毎月の返済日スケジュールが把握しきれなくなる可能性があります。

返済日を1日でも過ぎてしまうと延滞金が発生するほか、利用者の信用情報にも傷が付くことになります。アローの借換ローンを利用することによって返済日が1か月1回のみとなるため、計画的な返済が可能となります。

(4)低金利・長期返済が可能

金利は、借入金額が少ないほど高くなり、借入金が多いほど低くなるしくみとなっています。複数社から小口借入を行うと、借入金それぞれに利息がかかるほか、当然金利も高くなります。これが返済総額を増やしてしまう原因です。

アローの借換ローンを利用することで、複数社からの借入総額と同額を借り入れても、それにかかる金利は以前よりも低くなります。例えば、アローから100万円を借り入れた場合、金利は実質年率15.0%となります。(利息制限法では、10万円以上99万円以下は年18.0%であり、小口借入では借入金それぞれに上限18.0%の金利がかかります。)

借換えローンでは、負担を軽減しながら確実に完済することが重要なため、返済期間も長めの最長15年(返済回数180回)までに設定されています。

(5)段階的に借入残高を減らすことができる

毎月の返済金には、利息の他に元金も含まれています。これによって、借入残高を段階的に減らすことができます。

仮に、月の返済金のほとんどが利息だった場合、毎月一定額をきちんと支払ってしたとしても、その内訳はほとんどが利息であり元金ではないためいつまで経っても完済できません。
アローでは繰り上げ返済(一部または全部)も可能となっているほか、繰り上げ返済分は元金に充てられるようになっています。そのため、返済に余裕があるときに繰り上げ返済を行っていくことで、元金を減らすことが可能となり早く完済することができます。

(6)借入額が年収の3分の1を超えていても利用可能

アローなどの消費者金融は、貸金業法に基づいて営業を行っていますが、この貸金業法には「総量規制」と呼ばれる制度があります。総量規制とは、「個人の借入総額が、年収の3分の1を上回ってはいけない」という法律で、貸金業者は原則、総量規制の範囲内で貸付を行います。

ただし、総量規制にはいくつかの例外があります。その1つに「顧客に対して一方的に有利となる借換えであること」という項目があり、借換ローンはこれに該当します。そのため、借入額が年収の3分の1を上回っても借入れが可能となるわけです。

借換えローンのシミュレーション

ここで、アローの借換ローンを利用した場合と利用いない場合の、月の返済額を比較してみましょう。
例として、現在3社から総額100万円を借り入れていることとし、その内訳は以下の通りとします。
*A社:50万円

金利 実質年率18.0%
月の返済額 12,696円
返済総額 761,760円
利息総額 261,760円

*B社:30万円

金利 実質年率18.0%
月の返済額 7,618円
返済総額 457,080円
利息総額 157,080円

*C社:20万円

金利 実質年率18.0%
月の返済額 5,874円
返済総額 281,952円
利息総額 81,952円

アローの借換えローンを利用しない場合

月の返済額 26,188円(A社+B社+C社)
返済総額 1,500,792円
利息総額 500,792円

※借換えローンを利用しないと、100万円の借入総額に対し、利息だけで50万円以上も支払い続けることになります。さらに、返済日がバラバラになる可能性があるため、計画的返済が大変難しいです。

アローの借り換えローンを利用した場合

アローで100万円を借り入れ、金利は実質年率15.0%、返済回数60回(5年)とします。

月の返済額 23,789円
返済総額 1,427,340円
利息総額 427,340円

※アローの借換ローンを利用した場合、月の返済額はそれほど差がありませんが、返済総額・利息総額で大きな差が生まれてきます。ここでは2010年6月18日以降の金利でシミュレーションをしましたが、グレーゾーン金利時代に契約した方では、更に大きな差が出ると考えられます。

※ボーナス返済を加えることで、更に利息総額を減らすことができ負担が軽減されます。アローでは繰り上げ返済も可能となっているので、ある程度まとまったお金ができたときには、繰り上げ返済をすることをおすすめします。

まとめ

アローは、中小規模の消費者金融ながら、大手消費者金融並みの審査スピードで対応しており、即日融資も可能です。また、過去に債務経験がある方や、現在複数借入中の方でも延滞がなければ柔軟に対応してくれ、審審査通過も高く評判も上々の消費者金融です。

本社は名古屋ですが、WEB申し込み・振込融資OKで来店不要でも契約できるため、遠方の方も利用することができます。
大手消費者金融で審査を通過できなかった方は、一度アローに相談してみてはいかがでしょうか。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする