【竹】サイゼリヤで思う存分豪遊して分かった事

サイゼリヤでデートはアリかナシか?


サイゼリヤデートの記事、話題になりましたよねー


少し前のことですが、「デートでサイゼリヤを使うための最強メニューチョイス」の記事が話題になりましたよね。
その記事、いかにもサイゼリヤを使い倒してきた人の、含蓄のあるメニューチョイスで、「これならデートもいけるんじゃ!?」という意見や、「いやいや、これでも無理でしょう!」という意見が喧しく取り沙汰されていました。
中には、その記事のメニューを実際に全部頼んでみて感想をアップしているブログなんかもありました。

その記事を読んで思ったのです。
「サイゼリヤで、思いっきり豪遊したらどのぐらいのお金がかかるんだろうか?」
サイゼリヤのメニューを徹底的に食べ尽くしてみれば、そこから「デートに使えるか否か」もわかってくるのではないかと思い、意気込んでいちばん近場のサイゼリヤに開店と同時に乗り込んでみました。
もちろん、手にはキャッシングでゲットしたお金1万円を握りしめていましたよ!


まずは軽く前菜とワインから


まず最初は、ワインからですね。
実はサイゼリヤには、通常のメニューに書かれているワインの他に、裏ワインメニューがあって、いちばん高いワインはボトル7500円・・・という話を聞いたことがあるのですが、いくら豪遊と言っても、そこまで高いワインはねー・・・ということで、表メニューの中からいちばん高いやつをセレクト。


どうやら「レアレ」という赤ワインがいちばん高いみたい。ボトル2480円
今ではちょっとしたビストロなら2000円台前半で美味しいワイン出すところもあるし、これはファミレス値段としてはかなり高いんじゃないかな。ましてやサイゼリヤでしょ?どんなすごいワインが出てくるのかなー・・・
期待して待っていると、来ました来ました。ワインの到着です!


あれれ?
見ての通り、グラスがキンッキンに冷えてるのね。
そして、ワインの方も


いましがた冷蔵庫から出したばっかりというのがわかるこの水滴。
あーあ、やっぱりサイゼはサイゼだったか。
ワインクーラーなど望むべくもないんですね。
これは7500円のワイン頼んでたらどんなに悲惨なことになっていたか。

ちょっと落胆したところで、まずは前菜からですね。
前菜、いろいろあって迷いますが、まずはこれ、グリーンサラダと、カプレーゼ風のサラダと。




すごく美味しそうに見えたムール貝、いってみましょうか。


注文をして、5分程度でサラダが2品やってきました。


こちらのグリーンサラダは、ルッコラの苦味があってなかなか美味しい。


トマトとモッツァレラのサラダは、正直普通でした。確かにモッツァレラのキシキシした食感はありましたが、もうちょっと風味がほしいところ。


そしてムール貝!


日本で食べられるムール貝は、ほとんどが身がびっくりするほど小さいのが普通なのですが、サイゼリヤのムール貝はとにかく身がデカイ!


味わいもしっかり。正直に言って、今回サイゼリヤで食べた全メニューの中でこのムール貝がいちばん美味しかった。これは盲点ですわ。

プリモピアットはこの品々


ムール貝が美味しくてワインがすすむすすむ。
さて、次は前菜に続いて第1の皿ですね。
やっぱりサイゼリヤに来たら食べておきたいのが生ハム
でも、生ハムだけだとちょっとさびしい。
なので、これにしました。


はい、生ハム載せのピザです!
贅沢にもドドーンと生ハムが載っています。
さてさて、このお味は・・・・
・・・・うーむ。
これ、あんまり美味しくない。
美味しくないよこれ!
いや、生ハムの部分は美味しいのです。さすがに。
だけど、ピザの部分がどうにもこうにも美味しくない。
ピザ生地、ドウの部分が、絶望的に美味しくない。
これはちょっとなー。
失敗失敗。

ピザがイマイチだったので、ここで追加発注。
コスパ最強!との噂の青豆の温サラダと、


ソーセージを発注しました。
まず先に来たのが青豆。


この青豆、安くてすごく美味しい!とのことだったのですが、
うーん、自分には冷凍グリーンピースとの区別がつかん。
自分の舌が安っぽくできているからかなー??
あるいは、推奨されていたペコリーノチーズを追加するのを怠ったせいか。
続いてソーセージ登場。


このソーセージは、たしかに美味しい。
肉肉しくて、なかなか。
でも、ちょっと塩っぱいかなー。塩気がきつい。
なので、ワインがさらにすすむ。これ、お酒のおつまみにはピッタリだけど、塩分とりすぎ?には注意ですな。
そして、プリモピアット最後は、こちらにしてみました。


じゃがいもとインゲンのトロフィエ。期間限定。

トロフィエって、なに?

なんでも、イタリアではメジャーなショートパスタらしい
サイゼリヤのスパゲッティはあんまり美味しくないんだけど、これはどうかなー?と思って。
来ました。


おそるおそる食べてみましたが・・・
なかなか美味しいじゃないですか!これは気に入りました!
食感はたしかにちょっとモチっとしていて、日本人好みのやわらかさ。
そして、ジェノベーゼのソースが、意外にいける。
ジェノベーゼソースって、けっこうイタリアンでは鬼門で、死ぬほどまずい店が少なくないんだけど、サイゼリヤのジェノベーゼは、とてもまとまりがあって美味しい。バジルの香りもすごくいい。
サイゼリヤ、あんまり美味しくないペンネアラビアータをやめてこっちをレギュラーにすればいいのに。


セコンドピアットはこちらにしました


さて、第2の皿に行きましょうかね。
ワインも残り少なくなってきたことだし。
でも、サイゼリヤでセコンドピアット=メインディッシュにするメニューがないんですよね。
ハンバーグか、グリルチキンか、ステーキしかない。


ハンバーグは正直すっごくマズイので、今回はステーキ行きましたよ。
イタリアでもセコンドにステーキはよくあるし。
ステーキ、来ました。


このステーキは、かなり肉厚で、ボリュームたっぷり
でも、食べごたえはあるけれど固いということもなく、とても美味しい
サイゼの全メニューの中で最も高い999円だけのことはある。
このステーキはコスパはそれほど良くないかもしれないけど、へんなハンバーグよりは本格派のこっちを強くおすすめ。


ドルチェは別腹!


さて、メインディッシュも食べたし、ワインも飲み終えたし、あとはデザートですね。
デザート、メニューを見ると・・・


季節限定のデザートがあった。今の時期は栗なのだそう。
じゃあ、その栗のデザートと、定番の「プリン+ティラミス」の両方を。


栗添えアイス、確かに栗いっぱいあるけど、ソースが普通。


やっぱりここは、イタリア栗のマロンペーストを絞って欲しかったところ。
プリンティラミスは安定の美味しさ。


デザートも食べたし、ここでフィニッシュ。
お会計お願いしますー!!


思いっきり飲んで食べて、豪遊して6780円
これを安いと見るか、けっこう取られるのね~と見るかは人それぞれ。


で、結局デートとして使えるの?


で、結論から言うと、
サイゼリヤはデートとしてはちょっと厳しい。
です。
まず、第一に客層が悪すぎる!
サイゼリヤの特徴は美味しくて、しかも安い。
なので、近隣のお母さんたちがこぞって赤ちゃん連れでやってくるんですよね。
こんな感じ。


おかげであっちでもこっちでも赤子による阿鼻叫喚の地獄絵図が。
まあこれは、地域特性あるかもしれないけど、でも、多くのサイゼリヤでも、この地獄は展開されているのではないかと!

そして、次に、食器類。特にお皿が、絶望的にダサすぎる!
これは、これまで出てきたお皿を見れば分かるのですが、
おそらく南欧風のほんわかしたテイストをイメージしているんだろうけども、
どうにもこうにも100均臭がしてきて、どうにもならん。
これ、全部白磁のお皿に変えるだけで、ずいぶん雰囲気出ると思うんだけどなー。」

さらに、最初にも書いたようにお酒!
1杯100円のグラスワインならともかく、2000円オーバーのボトルワインはキンキンに冷やしちゃダメ!
せっかく美味しいワインだったとしても、これで台無しですよ。

あとは、コスパがいいメニューと、値段相応に美味しくないメニューが混在しているのは、選ぶ方にとってはリスクが高すぎる。
一人でご飯食べるなら外れてもまあいいや、となるけど、デートでは失敗は許されないわけで、そうなるとちょっと厳しいかな、と。

そんなわけで、サイゼリヤで豪遊した結論としては、

「もうちょっとコスパの良いトラットリア選んだほうが満足できるんじゃない?」
と思いました。
所詮サイゼはサイゼであったと、再認識しました。
でも、キャッシングのおかげでサイゼリヤ豪遊できたのはよかったです。

コメント

1■(;´・ω・)

ファミレスにきてたかだか2000円のワインたのんで冷やしすぎだの子供連れのお母さんたちがいるからデートにむかないとかなら高い店にいってそれなりの対応してくれるところに行けばいいんじゃないですかね??安い店にいって皿があーだこーだ、お客様は決して神様じゃありません。

2■いいな~

サイゼで豪遊とか羨ましすぎる

3■ははは

ナイストライです。笑いました。

4■サイゼリヤは

パスタとサラダが好きです☆パエリアもわりと美味しいかもです☆確かに10代とかならまだいいけど、二十歳以上のデートでサイゼリヤに連れていかれたら正直冷めますね

5■あ

記事の内容は興味深いのだけども、集中線が邪魔で写真が入ってこないです

6■間違い多いのです

サイゼにはワインを本格的に出しているお店もあります。
もちろんワインセラーもあります。
ちなみに頼む人は少ないですが
常温のワインもありますし
高いものは水滴がついたまま出しません。
ついでにリブステーキは
サイゼのメニューの中で一番利益率が低い、
つまりコスパが高いです。
また客層も時間帯、曜日により全く違います。
(金曜夜、土曜夜はファミリーが多い)など

7■集中線に笑う

気がそがれる方が多いと思うので控えたほうがいいかと思います

8■クソザコナメクジ

クッソつまんない内容
恥ずかしくないの?

9■9

ソーセージはうまい
ステーキうまいのかあ今度トライしてみます。
ほかはまずい

10■あのさー

勘違いしてるようだけど
あのワインは冷やして飲むのを推奨してるワインなんですわ
知ったかすんなよまじで

11■うざ

写真に挿入されてる集中線がウザすぎる。
おまけに内容もグダグダ批判ばかり。ファミレスになにを求めてるんです?

12■意味わかんない

ファミレスにファミリー層は当たり前にいるよ。泣き声とかうるさいやら料理が不味い、ワインがどうとか・・・クレーマーかよ!w どこ行っても不満しかないならファミレス行くな。高級レストランに行けば?

13■くそ

ぐちぐち書きすぎだろ
お前は人として最悪だよ
文句言うなら他の高級店にでも行っとけ

14■羨ましす

サイゼリヤは、友人との待ち合わせや、映画を観た帰りに飲み食いしながら
感想を言い合う場に利用してます。駅の傍にあるから、便利なんですよね。

15、6年も利用していると、あれだけ好きだったハウスワインの白もさすがに
物足りなく感じてきて、最近ではもっぱらベルデッキオを飲んでいます。
些細なことですが、私の場合、ボトルワインを飲む時はグラスと一緒に
空のデカンタを持ってきてもらって、そこにワインを注いで飲んでます。

ベルデッキオは、フルーティーで、嫌な部分もなく、飲みやすい白ですから
「そんなのをデカンタに注いで意味あんの?」
と言われそうですが・・・
個人的には、ボトルワインをデカンタに注ぐ方法は有効だと考えています。
特に赤ワイン。
たとえばキャンティルフィナなんかには効果的ではないかと、ハイ。
だって、スーパーで3千円くらいする常温のキャンティクラシコでも、
味が開くのに15分くらいかかりますから。
試してみてくだちい。

15■あのね

ファミレスに何求めてんの?
何でもかんでも自分の意見が正しいと思ってるんか知らんが
勘違いも大概にしてくれよ

16■ゴミ記事

お前ただ批判したいだけだろ?

17■

記者本人は「敢えてやってる芸なんだよ、分かってもらえなかったみたいだけど」とか思ってそうだけど、敢えてやってるとこを差し引いた上でガチクソ記事ですよねこれ…

18■.

文章は特に面白くはないものの
最後まで読んではしまう内容だったけど
写真の集中線がうるさすぎる

19■ネタのつもりなんだろうけど

面白くない。写真の集中線も痛々しい。
食通を気取りたいのか気取りたくないのかよくわからん。
サイゼリア行く機会ほとんど無いけど、デートで連れていかれても別に文句言わない。よっぽどハイソなのか、嫌な女しか相手したこと無いか、どーてーのいずれか。

20■ナンダコレ

批判するのは楽かつ簡単ですよね。

21■ようするに

著者の性格悪いことだけがわかる記事だった…。

22■普通におもしろいでしょ

普通に面白く読んだ。
集中線のダサさも、趣があっていいと思う。
いいねいいねばかりでなく、批判もしなくちゃ、読んでるこっちは判断できない。宣伝じゃないんだしね。
ステーキは今まで食べたことないんだけど、今度トライしてみようと思う。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。