かつての首都近郊農村である坂戸市はキャッシングが多い

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

坂戸市(さかどし)は埼玉県中部にある都市です。

東京都心からは40km圏内にあり非常に好立地と言うことが出来ます。

1970年からは東京のベッドタウンとして住宅地が多く開発されるようになりました。

今回はかつての首都近郊農村である坂戸市はキャッシングが多いなどの情報を調査していきます。

坂戸市の主要キャッシングの軒数は?

1、プロミスATM自動契約コーナー 三井住友銀行坂戸若葉台自動契約コーナー
407号坂戸自動契約コーナー
三井住友銀行坂戸自動契約コーナー
2、SMBCモビット自動契約コーナー 407号坂戸コーナー
3、アイフル店舗ATM 407号坂戸店
4、アコムATMむじんくんコーナー 407号坂戸むじんくんコーナー
5、新生銀行カードローン レイク自動契約コーナー・レイクATM 407号坂戸自動契約コーナー
6、バンクイックテレビ窓口ATM 坂戸支店
7、武富士無人契約コーナー 坂戸407号無人契約コーナー
坂戸無人契約コーナー

坂戸市のキャッシングは10軒と言う結果となりました。

10軒は比較的多い軒数と言え、坂戸市のキャッシング需要の高さを表しています。

そんな坂戸市ですが隣接自治体は川越市、鶴ヶ島市、東松山市、日高市、比企郡川島町、鳩山町、入間郡毛呂山町などです。

坂戸市の隣接自治体もキャッシングが少ないところばかりですので、キャッシング需要は市内で賄われていると見て良いでしょう。

では、坂戸市の交通の便はどうなっているでしょうか。

坂戸市の鉄道は東武鉄道の東上本線、若葉駅、坂戸駅、北坂戸駅、越生線は、坂戸駅、西大家駅となっています。

同市の路線バスは「川越観光バス」、「東武バスウエスト」、「坂戸市内循環」の3路線です。

坂戸市の交通の便はそれほど悪くなく、利便性はまずまずといったところだと言えます。

このことからも同市のキャッシング需要は市外に流出していないと言えます。

北本市の高等教育機関である大学は「女子栄養大学」、「城西大学」、「明海大学歯学部」、「城西短期大学」の4校になっています。

専修・専門学校は「坂戸鶴ヶ島医師会立看護専門学校」、「坂戸理容美容高等専修学校」の2校になっています。

このことから坂戸市の若年層のキャッシング需要は高いと言えます。

人口から見る坂戸市のキャッシング需要は?

では、坂戸市の人口とキャッシングの関係性をみていくことにします。

坂戸市の面積は41.02㎢、人口は101,531人です。

同市の人口密度は2,475人/㎢とやや高めです。

これは、10万人としにしては面積が狭いことに大きく起因していると言えます。

坂戸市の人口は1975年に倍増その後増加傾向にありましたが、1995年を境にそれ以降は増減を繰り返しています。

同市の昼間人口は通勤者・通学者の流出で夜間人口よりも少なく、この面ではキャッシング需要が市外に流れていると見て良いでしょう。

おまとめローンで審査に落ちる理由は?

消費者金融がポピュラーになった今、「おまとめローン」と言う言葉も珍しくなくなってきました。

ですが、そんなおまとめローンでも審査に落ちてしまうことはあります。

それではどんな場合におまとめローンの審査に落ちるのでしょうか。

1、過去に長期滞納や不払いの経験がある

2、借入件数が5件以上になる

3、借入希望額が他社借入と合わせて年収の1/2を超えている

4、おまとめローンを申し込んだ会社の利用経験がない

個人ローンやクレジットカードなどで事故情報がある場合はほとんど審査に通ることがありません。

また、おまとめローンの場合は、「返すだけのローン」となるので総量規制は関係ないのですが、流石に総額が年収の1/2以上と言うことになると返済も厳しいので審査が通らない消費者金融もあります。

更に、借入件数が5件以上ある場合は総額もそれなりになるので、こちらも審査に通らない場合があります。

坂戸市の観光スポットとキャッシングの関係は?

そんな坂戸市ですが、観光スポットとキャッシングの関係性を見ていきましょう。

坂戸市の観光スポットは「慈眼寺」、「五千頭の龍が昇る聖天宮」、「すみよし河津桜」、「アトリエピントール絵画教室」、「サバイバルゲーム凱」、「坂戸市立歴史民俗資料館」、「坂戸天然温泉 ふるさとの湯」、「雷電塚古墳」、「小島ぶどう園」、「すみよし花しょうぶ」、「万福寺の板石塔婆」、「入西のビャクシン」、「土屋神社神木スギ」、「アートギャラリー月桂樹」、「手作り工芸 椿」などです。

坂戸市の観光スポットは見るべきものが多いのですが、金銭的には負担が少ないのでキャッシング需要に直接関係ないと言えます。

まとめ

今回はかつての首都近郊農村である坂戸市はキャッシングが多いなどの情報を調査しました。

坂戸市(さかどし)は埼玉県中部にある都市です。

東京都心からは40km圏内にあり非常に好立地と言うことが出来ます。

1970年からは東京のベッドタウンとして住宅地が多く開発されるようになりました。

そんな坂戸市のキャッシングは充分な軒数がありましたね。