オリックス銀行カードローン申し込み詳細!審査の評判口コミも上々!

オリックス銀行カードローンのお申し込み詳細

   詳細はこちらから ■ 頼られる人のオリックス銀行カードローン
■ 月々7000円からの返済も可能!
※オリックスVIPカードローンとは異なる商品です。

CM公開中で話題のオリックス銀行カードローン。
ただいま、金利引下げ中!
NEW金利、年1.7%~!!

借入残高30万円以下であれば月々の返済も7000円から可能!

返済シュミレーション あり
お試し審査 なし
知名度 ★★★★★
パート・アルバイト 可能
即日融資 最短で可能
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
土日祝日の融資 可能

【オリックス銀行カードローン詳細データ】

融資限度額 1~800万円
(50万円超は源泉徴収票等収入を証明するものが必要・慎重審査)
お利息 1.7%~17.8%(実質年率)
返済方式 残高スライドリボルビング方式
返済方法 日本全国のお近くの提携ATM
申し込み資格 20歳以上、69歳以下
担保・保証人 なし
遅延利率 借入利率+2.1%
総量規制 対象外
職場連絡 あり
来店の必要 なし
必要書類 本人確認書類、ご利用限度額が50万円超の場合に、所得証明書類
※審査結果により、ご利用限度額が50万円以下の場合でも所得証明書類が必要な場合もあり。

『オリックス銀行カードローンを利用するための条件とは』

オリックス銀行カードローンは、オリックスグループの傘下にあるオリックス銀行が展開しているカードローンとなっています。

銀行系カードローンの中でも、低金利で高い限度額を利用することが出来るカードローンとして人気のカードローンとなっていることが特徴的です。

利用者にとってのメリットが多いということと、大手銀行が展開しているカードローンとして、持っているだけでステータスとなるようなカードローンとなっているために、審査や利用開始までに少し時間が掛かるのがデメリットになっています。

申込みから審査までは最短即日となっていますが、利用開始までには早くても2~3営業日掛かることが多くなっているために、急ぎで現金が必要な場合には不向きなカードローンとなっています。

それでは、オリックス銀行カードローンを利用するための流れについて詳しく紹介していきます。

『オリックス銀行カードローンを利用する際の手続きの流れについて』

オリックス銀行カードローンを利用する際の手続きの流れとしては下記の通りになります。

1. インターネットから申し込みフォームに記入事項を入力
2. 受付メールの返信および審査の開始
3. 本人確認および勤務先への在籍確認の電話
4. ローンカードの発行
5. 必要書類の提出
6. カードローンの利用開始

上記の流れになります。

特に時間が必要なのが「4.ローンカードの発行」となっていて、郵送で自宅まで送付されることになりますので、ローンカードが届くまでカードローンの利用を開始することが出来ません。
そのため、即日での利用ができないということになります。

それ以外の手続きに関しては即日で対応することも可能になっていて、ローンカードが届き次第、利用を開始することができるので、オリックス銀行カードローンを利用するのは早くても2~3営業日の時間が必要ということになります。

『オリックス銀行カードローンの審査時に必要な書類について』

オリックス銀行カードローンでは、オリックス銀行が展開しているカードローンということもあり、審査の際に必要な書類の種類が多くなっています。

こちらでは、オリックス銀行カードローンの審査の際に必要な書類について詳しく紹介していきます。

オリックス銀行カードローンの審査時に必要な書類は下記の2点となっています。

・ 本人確認書類
・ 収入証明書類

以上の2点となっていて、本人確認書類として提出することが出来るのは、下記の4点のいずれかとなっています。

・ 運転免許証または運転経歴証明書
・ 各種健康保険証
・ 日本政府発行のパスポート
・ 在留カードまたは特別永住者証明書

そして、収入証明書類として提出が可能なのは下記の4点となります。

原則、ご利用限度額が50万円超の場合に、所得証明書類のご提出が必要となります。
但し、審査の結果、ご利用限度額が50万円以下の場合でも所得証明書類のご提出をお願いする場合がありますますので、出来る限り早く了解したい場合は、予め審査時に提出をしておく方がオススメです。

・ 直近の源泉徴収票
・ 住民税決定通知書または課税証明書
・ 納税証明書
・ 確定申告書

そして、オリックス銀行カードローンでは個人事業主や会社経営者の方でも利用をすることが出来るために、個人事業主や会社経営者の場合は下記の書類が収入証明書類となります。

・ 住民税決定通知書または課税証明書
・ 納税証明書
・ 確定申告書

個人・経営者を問わずに、確定申告書に関しては、税務署の受領印があるものとなっているので注意して下さい。

書類の数は大手消費者金融と同じとなっていますが、消費者金融系のカードローンのように、給与明細書が収入証明書類として認められないので気をつけて下さい。

また、オリックス銀行カードローンでは、オリックス銀行に口座を開設していなくても利用することが可能になっているので、口座開設に余計な時間が割かれるということもありません。

『オリックス銀行カードローンを利用する際の注意』

オリックス銀行カードローンでは、ローンカードが発行されることになりますが、ローンカードを利用して借り入れをするということがありません。

借入に関しては全てパソコンや携帯電話からインターネットに接続をして操作をするか、電話で直接指定の口座に送金をするという形式になっているために、便利な部分もありますが、デメリットも存在します。

指定口座への振込に関して、オリックス銀行カードローンと提携しているジャパンネット銀行が指定口座の場合は、24時間365日リアルタイムで対応していますが、それ以外の金融機関の場合は、状況によって送金できるタイミングが異なります。

平日の8時40分~15時までに送金の手続きをした場合は即日に入金が可能になっていますが、14時~15時ぐらいに送金した場合は入金された金融機関の口座に反映されないこともありますので注意が必要です。

そして、15時~23時50分までに送金した場合は翌営業日の9時~10時に送金されることになり、0時10分~8時40分の間に入金された場合は即日の9時~10時に送金されることになります。

このように、リアルタイムで利用するためには、ジャパンネット銀行に口座を開設しておくと色々と便利なので、オリックス銀行カードローンを利用する際にはジャパンネット銀行に口座を持っておくと良いでしょう。

オリックス銀行カードローンでは、返済に関しても、返済用の口座として銀行口座を登録しておくと、自動で引き落としをしてくれるサービスもありますので、返済期日になって焦って返済しなければならないという状況を回避することが出来ます。

⇒オリックス銀行カードローンの詳細はこちらから!