まとまった資金が必要なら土地を担保にするのがオススメ!

他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアイフル! ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

最も低金利でまとまった資金を借りるために、「土地を担保にお金を借りる」という方法があることをご存じでしょうか?

様々なメリットはあるものの、この方法で借入をするのであれば、注意しなければいけないことがいくつかあります。

生活費が不足してしまった時や、交通事故などのトラブルに遭ってしまった時など、実際にまとまったお金が必要になった際の借入方法や、メリット・デメリットについてご紹介します。

急を要するという方は、ぜひ参考にしてみてください。

担保ってどんな仕組み?

担保 仕組み 借入

金銭の返済ができなくなってしまった場合に、代わりに渡すもののことです。

お金の貸し借りをする際はトラブルが発生しやすいため、そのような事態をあらかじめ防ぐために、身代わりとして担保を相手に預けます。

担保という言葉を辞書で調べると、「債務不履行の際に債務の弁済を確保する手段として、あらかじめ債権者に提供しておくもの」と記載があるのをご存じですか?

債務 履行 債務不履行

返済する義務「債務」と、約束を果たす「履行」という言葉が使われており、「債務不履行」というのは、返済の約束を破ることを意味します。

また、「弁済」とはお金を貸した「債権者」が預かっている金品を返却することです。

これらを踏まえて、担保とは返済の約束を破った際に、お金を借りている人に金銭的に価値がある代わりのものを、あらかじめ渡しておくものとなります。

担保には人的・物的の2種類があり、今回ご紹介するのは後者です。

3つのローンについて

ローン 3つ 種類

金銭的に余裕がなく、お金での返済ができない場合、土地を担保にして借金ができます。

以下では、大きく分けて3つあるローンの種類について解説していきます。

住宅ローン

住宅ローン

ローン契約を結ぶ前に金融機関が審査を行い、現時点での収入状況などを見て、返済する能力があるかをチェックします。

この審査に通過し、条件を満たしていたとしても、万が一のリスクに備え、担保をかけなければいけません。

住宅ローンは長期的に返済をするため、現在働いている会社からの給与額が少なくなったり、転職しなければいけない事態になったり、予想できないことがこの先待ち受けている可能性があります。

このように、将来的に何が起こるか分からないため、利用者は担保を提供しなければいけません。

しかし、必ずしも必要なわけではなく、設定している限度額や、返済する期間が短期だった場合、例外にあたります。

住宅は一括で購入できる金額ではないため、一般的には、建物自体の購入費用の一部を、住宅ローンで借り入れています。

不動産担保ローン

不動産担保ローン

土地やマンションなどの不動産を担保としてお金を借りられるローンです。

長期での返済、低金利、まとまった金額が借りられる、というメリットがある一方で、返済が滞ってしまうと不動産が売却されてしまうことがあります。

このように場合によってはリスクが伴うこともありますが、正しい仕組みを理解しておくことで、大切な不動産を手放すことなく返済できます。

借りたお金の使用用途は自由度が高く、教育費や介護費など、不動産の購入以外にも利用できますが、これにより、使用用途が限られている住宅ローンよりも金利は高くなってしまいます。

そのため、計画的に利用することが非常に重要です。

法人融資

法人融資 ビジネスローン

ビジネスローンと呼ばれることもあり、資金として融資を受けられる対象となるのは法人や個人事業主となります。

事業を展開していくのであれば、ある程度まとまった資金が必要になります。

銀行や金融機関を利用して融資を受けるためには、行っている事業の内容や、将来的な事業計画、返済方法などを正確に示す書類を作成しなければいけません。

法人融資は、個人に向けたものではないため、何千万円、数億円など、高額融資を希望する方に対応しています。

申請するにはどうしたら良いのか?

申請方法 担保 ローン

土地を担保にしてお金を借りる場合、最も利用者数が多いのが不動産担保ローンです。

融資を受けるには、金融機関に申請をしなければいけません。

以下では、この種類のローンを申請が可能なノンバンク系、銀行、消費者金融の3つをご紹介します。

ノンバンク系

ノンバンク 融資

預金機能がなく、融資機能だけに特化しているのが特徴的なノンバンク系の不動産担保ローンは、大手消費者金融と比較すると金利が低い傾向にあります。

また、申請を行う本人以外の第三者も取り扱いができるため、土地所有者の条件を満たしていれば借入可能です。

基本的にノンバンク系は、大手消費者金融よりも審査を通過しやすくなっています。

しかし、実際に融資を開始した際や、解約の際に手数料が発生することがあるので注意しましょう。

銀行

銀行 貸付

アコムやプロミス、アイフルなどの最高金利相場が17~18%なのに対して、銀行は金利3~10%程度で借入を行えます。

低金利という点については非常に魅力的ですが、取り扱いは首都圏に限定され、既に抵当権が設定されている先順位のある不動産だった場合は利用できません。

大手消費者金融

消費者金融

銀行とは違い、先順位があった場合でも取り扱いが可能です。

しかし、金利の相場が17~18%になっているので、他と比較すると利息が多めに発生してしまう可能性があります。

融資を受けられる限度額の設定が低いと言うことも、デメリットの一つとして挙げられます。

様々な形態のローンがある

ローン形態

ローンの形態には様々なものがありますが、それぞれのローン形態についてご紹介していきます。

リバースモーゲージ

リバースモーゲージ 高齢者

高齢者を対象に、住まいとなっている住宅やその土地などの不動産を担保とし、一括または年金で定期的に融資を受けられます。

年々高齢化が進んでいる日本では、リバースモーゲージが多くの高齢者から注目されています。

一般的なローンとは違い、年金のように定期的に、または一括で融資を受け取り、本人の死亡後や契約終了後に、担保にしていた不動産を売却して一括で返済するという仕組みです。

月々の負担が少なく、比較的に利用しやすいため、最近では、リバースモーゲージを採用する金融機関や銀行が増えています。

老後生活 安定

老後の生活は現役時代に比べると、大幅に収入が減ってしまうため、安心して老後生活を送るためのリバースモーゲージが高い支持を得ているのでしょう。

しかし、推定相続人の同意が必要なこと、使用用途が限られる可能性があること、マンションが対象外になりやすいことなど、いくつかデメリットもあります。

リバースモーゲージを利用して融資を受けるのであれば、家族と相談しながら慎重に検討してください。

リースバック

リースバック 住宅売却 賃貸契約

収入の減少などによって、住宅購入で破産する方が増加傾向にあり、そのような場合にオススメなのがリースバックです。

リースバックとは、住んでいた自宅を売却した後、新たに賃貸として契約し、その後も住み続けるという方法です。

以前と同じ住宅に住むため、周囲に売却したことがバレる恐れもありませんし、引っ越しをする必要もありません。

また、短期間でまとまった資金を入手できることもリースバックの魅力です。

しかし、賃貸になったことで継続的に家賃を払わなければいけなくなるので、リースバックを利用する際は注意してください。

ここまで、土地を担保にしてお金を借りる方法について詳しく解説してきました。

非常に有利な条件で借入を行えますが、もしも返済ができなくなってしまった場合、手元にあった不動産や土地を失ってしまうかもしれません。

まとまった資金が必要な方は、ご紹介したメリット・デメリットを加味した上で、慎重に検討してください。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする