【梅】台湾!フィリピン!エクアドル!最高級バナナを食べつくす!

庶民フルーツの代表「バナナ」、最高級品はどんな味?


スタバのバナナって高いですよねー!


このブログのタイトルは「ちょっと贅沢」。この「ちょっと」というの微妙なところで、いくらキャッシングでお金があるからといって、何十万円も使うことは出来ない。なので、ここでは最高金額を1万円に設定しているのです。それならばキャッシングで借りたお金を使っても大丈夫な範囲なので。

さて、自分はよくスタバに行くのですが、いつも不思議なのは、レジ前に置かれたバナナの存在感
あれ、なんなんでしょうね。なんでバナナが?
そして、高い!いくらするんでしたっけ、バナナ1本でスーパーなら1房買える値段。
にも関わらず、けっこうスタバでバナナ買って食べてる人、いるんですよねー。
なんてお金持ちなんだ・・・
そんな光景を見ていて、ふと思ったのです。
「バナナの最高級品って、いくらなんだろ。」
そして、「最高級バナナって、どんな味なんだろ。」
そう思い立ったら、矢も盾もたまらずスタバを飛び出して、向かった先は銀座。
そう、やっぱり最高級品フルーツといえば銀座千疋屋でしょう。
おっしゃー!!という気迫でたどり着きました。

早速店内に入りました!
さすがの高級フルーツがお出迎えしてくれました。
1個1万円のメロンとか、1個6000円のマンゴーとか、1個2000円の桃とか。
・・・なんですが、バナナは見当たらない。
まあ、お店狭いですしねー。
そっかー、ないかー・・・
ちょっとがっかりして、次に向かった先は銀座三越

三越の中にもきっと高級フルーツの売り場があるんじゃないかと思って。
B2Fの食品売り場に行ったら、なんと千疋屋がインショップでお店出してるじゃないですか。
なーんだ。
しかも、バナナ売ってる!!
嬉しい!!
銀座三越内の千疋屋で売ってたバナナは、台湾産バナナ
値段は、1本税抜250円、税込270円
さすが高い!
ゾクゾクします。こんなの普通買えないですよね。
そこを、ドヤ顔で「バナナを1本所望するよ!」と大見え切って買ってきました。


そして、銀座から丸の内線で新宿三丁目へ。
次に向かったのが新宿伊勢丹(写真なし)。
伊勢丹も高いバナナ売ってるだろうねーと思って。
そうしたらありました。「Dole」の最高級バナナ。その名も「極撰」!
産地はフィリピン。高地栽培の高級品種なのだとか。
お値段は1本税抜180円。税込194円
これもなかなかのお値段です。

最後に向かったのが新宿高野

地下一階のフルーツ売り場を見渡したら、ありましたありました、高級バナナが。
高野のバナナは、エクアドル産でした。
こちらのバナナも、千疋屋に負けない高価格。1本税抜250円、税込270円でした!
ちなみに、三越の千疋屋の店員さんと新宿高野の店員さんに「食べごろはいつですか?」と訊いたところ、1日程度おいたほうが美味しくなるらしい、ということだったので、1日寝かせました。

はてさて、最高級バナナのお味は・・・?


そして今日、食べごろのバナナちゃんが3本揃いましたよ!
どうです、この高級感あふれるビニール袋は!

さっそく袋から出してみます・・・

左が銀座三越の千疋屋、中央が伊勢丹、右が新宿高野のバナナ。
3本とも産地が違うのが面白いですよね!
台湾、フィリピン、エクアドル
はてさて、どれがいちばん美味しいのでしょうか・・
包装をといてみます。

適度にシュガースポットも出て、いい感じじゃないですか?
食べごろといってもいいでしょう。
ナイフでカットしてみました。

断面。

うーん、陶器のようにすべらかなテクスチャーです!
では、いよいよ1本ずつ食べてみますよ!

阿里山台湾バナナ(銀座三越の千疋屋で購入)



この台湾バナナ、味わいは比較的淡白。だけどバナナの香りがすごい。ぶわっとバナナの濃厚な香りが鼻を抜ける。酸味も多少感じられる。甘さは、あとからじんわりと滲み出てくるような感じで、飲み込むのがもったいないような気持ちになります。さすが美味しい!
評価:甘み3酸味3味の濃さ4香り4

Dole極撰バナナ(新宿伊勢丹で購入)



ドールの誇る最高級バナナは、甘みが強め。その代わり香りはやや控えめかな。砂糖に近いあじわいといえるかも。多少苦味というかえぐみも感じられるけど、それもバナナらしい味わいの1つだと思うので不快ではない。「バナナらしさをたっぷり感じさせる味」で美味しいです。
評価:甘み4酸味2味の濃さ5香り2

PEPITA naturalバナナ(新宿高野で購入)



今回購入した中ではいちばん細長いスタイルのエクアドルバナナ、やや酸味を感じさせるフレッシュな味わい。香りもいいですね。甘さはやや控えめ。全体的に気品を感じる。なるほどこれが高級品種なのねーと納得の美味しさ
評価:甘み3酸味3味の濃さ3香り3

最高級バナナを一気に食べて・・・


今回は、3本で734円(税込)という、超高級バナナを3本いただいたのですが、確かに美味しかった。食べごろのやや早めに食べたので、甘さが強烈!ということはなかったのですが、どれも香りの良さやフレッシュさが特徴的でした。
でも、バナナって、どれだけ熟れているかによって全く味が変わるじゃないですか。
なので、この高級バナナも、あと3日後に食べたらまた評価が違ったかもしれません。
そう考えると、バナナって、奥が深いぜ!
どの時点を「食べごろ」と見るのかによって、味の感じ方が全く違うわけですから。
まあ、個人的には熟れすぎて苦くなるよりも、高級品種はある程度早めに食べたほうが身もしっかりしているし、美味しいのではないかと思います。
なので、今回のバナナは自分にとっては「食べごろ」。とても美味しかったです。
たかがバナナ、されどバナナ。
庶民フルーツの代表格バナナ、やっぱり最高級品はひと味違いました!

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。