東金市は人口減少によりキャッシング利用率が低い

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

東金市(とうがねし)は千葉県中東部、九十九里平野の中央に位置し、農業、商業の歴史が長く発展してきた街です。

また、首都圏の5~60km圏内にあり、都市雇用圏の一部となっています。

東京までは京葉道路や湾岸道路を使えば約1時間程度で行ける距離になっています。

今回は東金市は人口減少によりキャッシング利用率が低いなどの情報を調査していきます。

東金市の主要キャッシングの軒数は?

業 者 名 場 所
1、プロミスATM自動契約コーナー 東金バイパス自動契約コーナー
2、SMBCモビット自動契約コーナー *********
3、アイフル店舗ATM 東金店自動契約コーナー
4、アコムATMむじんくんコーナー 東金むじんくんコーナー
5、レイクATM自動契約コーナー 東金バイパス自動契約コーナー
6、バンクイックテレビ窓口ATM *********
7、武富士無人契約コーナー 東金バイパス無人契約コーナー

東金市のキャッシングは5軒とかなり不足気味の軒数でした。

こうした感じの場合、利用はあまりし易いとは言えません。

東金市の隣接自治体は千葉市、山武市、八街市、大網白里市、山武郡:九十九里町などです。

交通の便はJR東日本の東金線、福俵駅、東金駅、求名駅です。

路線バスは九十九里鉄道バスと東金市内循環バスと2社と言う結果で、利便性は決して良くないと言えます。

地元では、自家用車がないと生活はかなり不便だと言う声がほとんどのようですね。

高等教育機関である大学や専門学校は、城西国際大学、千葉県立東金高等技術専門校、千葉県農業大学、千葉県警察学校などがあり、キャッシングの需要は高いはずですが現在のところは完全に不足と言う状態です。

人口から見る東金市のキャッシング事情は?

では、東金市の人口とキャッシングの関係性を見ていきましょう。

東金市の面積は89.12㎢、人口は59,348人です。

人口密度は667人/㎢と低い数値です。

国勢調査では前回調査からの人口増減を見ると1.78%減の59,348人で年々減少傾向にあります。

15歳以下の人口率が14.00%、65歳以上の人口率は17.77%とほぼ同じ率でバランス自体は悪くありませんが、それでも消滅可能都市に指名されていると言った状態です。

また、昼間人口は夜間人口より少なく、市外へ出る通勤者や通学者が多いと言えます。

こうしたことから見るとキャッシング需要が低く、軒数が少ないことも頷けます。

バンクイックがおススメの理由は?

現在は消費者金融も軒並み銀行傘下に入っていますが、銀行自体が運営する消費者金融はバンクイックしかありません。

バンクイックは三菱UFJ銀行のカードローンなのです。

借入をする際、有利に安心して借りたいのは誰でも同じです。

誰もが消費者金融やいわゆる街金などでお金を借りるよりも、銀行で借りたいと言う思いが強いことでしょう。

銀行にはブランド力もある上、経営基盤がしっかりしているので安心感を抱けます。

更に何と言っても金利が安い、これに尽きると言っても過言ではないかも知れません。

利用額 金利
500万円 年4.6%
400万円~500万円未満 年5.6%
300万円~400万円未満 年6.1%
250万円~300万円未満 年7.1%
200万円~250万円未満 年8.1%
150万円~200万円未満 年9.6%
100万円~150万円未満 年11.6%
50万円~100万円未満 年12.6%
10万円~50万円未満 年14.6%

このように最高値の金利も14.6%となっており、18.0%が最高値の他の消費者金融とはかなり差があると言えます。

一番多い層であろう10万円~50万円未満枠が他社とは違うと言うのは大きなメリットです。

また、バンクイックは銀行と言ってもテレビ窓口と言うものが用意してあり、誰とも会わずに申し込みが出来ます。

ネットで申し込みをしてテレビ窓口に行くと最もスピーディーで約1時間でカード発行も可能です。

また、テレビ窓口も銀行に設置されている場合が多く、プロミスやアコムなどに負けない軒数が整備されています。

大手5社消費者金融(アコム、プロミス、アイフル、モビット、レイク)でも不足気味の無人機が多くある為、非常に利用し易くなっています。

東金市の観光スポットとキャッシングの関係は?

そんな東金市ですが、観光スポットとキャッシングの関係を見ていきましょう。

東金市の観光スポットは「雄蛇ヶ池」、「民芸みはし」、「八鶴湖」、「山王台公園」、「市東農園いちごの直売」、「房総炭工房たけさと」、「東金ぶどう郷」などです。

ローカルなイメージですが見るべきところ、回っておくべきところはかなりあります。

但し、基本的にお金が掛からない観光スポットばかりですのでキャッシング需要には結び付いていません。

まとめ

今回は東金市は人口減少によりキャッシング利用率が低いなどの情報を調査しました。

東金市(とうがねし)は千葉県中東部、九十九里平野の中央に位置し、農業、商業の歴史が長く発展してきた街です。

また、首都圏の5~60km圏内にあり、都市雇用圏の一部となっています。

現在は人口の減少にあり、キャッシングの需要が少ない分、軒数も少なくなっています。